ワイヤレスリモコン撮影の実践-メスアカミドリシジミ編

a0071470_15184379.jpg

2013/06/23, 15:05:44
24.0 mm(48.0 mm相当)
F5 1/100 ISO 200

シーズン入り直前「ミラーレス機でのワイヤレスリモコン撮影」と題して予告していたシステムの実践編。
昨年コンデジによるインターバル撮影でそれなりの結果が出たが、より高画質でむだの無い撮影をしたくて導入した。

家の周囲でこの時期良い感じでメスアカミドリシジミがテリ張りをしてくれる。
しかもちょうどお昼休みの時間帯だ。
ただあまりにも好天の場合開翅はせず、かなりカメラに敏感になってしまって不可。
やや薄日が差す程度がベストのようだ。

OLYMPUSのEPL-5 は実際に使ってみると頭上3㍍の高さでも、逆光でなければピント枠がはっきりと視認できる。
AFもかなり早く、データを確認するとかなりスローでも手ぶれ防止効果があることがわかった。
条件さえ整えばかなり使えるシステムな気がする。

とにかくインターバルに比べるとレスポンスが早く、圧倒的に歩留まりがいいので随分撮影が楽になった。
あとは更に軽いポールにすれば地上高5㍍くらいまでは実用可能だろう。

とりあえず23日午後に撮影したメスアカミドリシジミのテリ張り。4-5頭はいたようで、夕方近くまで位置を変えながら卍飛翔、テリ張りと楽しませてくれた。ほとんどがノートリミング。
カメラはすべてOLYMPUSのEPL-5
レンズもすべてOLYMPUS M.14-42mm F3.5-5.6 II Rに純正のマクロアタッチメント装着

a0071470_15213295.jpg

2013/06/23, 12:39:08
14.0 mm (28.0 mm相当)
F5.0 1/125 ISO 200

a0071470_15281755.jpg

2013/06/23, 12:39:50
42.0 mm (84.0 mm相当)
F6.3 1/125 ISO 200
マクロはやはりコンデジと違って被写界深度があさく難しい。ただフォーサーズならではのボケがでるので当たれば「良い写真」が撮影できた。
a0071470_15294456.jpg

2013/06/23, 12:40:29
42.0 mm (84.0 mm相当)
F6.3 1/125 ISO 200

a0071470_15322225.jpg

2013/06/23, 13:38:56
14.0 mm (28.0 mm相当)
F5.6 1/80 ISO 200

a0071470_15341348.jpg

2013/06/23, 13:39:06
14.0 mm (28.0 mm相当)
F5.6 1/80 ISO 200
a0071470_15361813.jpg

2013/06/23, 14:16:12
14.0 mm (28.0 mm相当)
F6.3 1/200 ISO 200
こんな感じでまともに日光が当たると、羽を閉じて動かない。
なぜかカメラにはかえって敏感になってしまうのが不思議だね。

a0071470_15373894.jpg

2013/06/23, 14:18:15
14.0 mm (28.0 mm相当)
F5.6 1/200 ISO 200

a0071470_15384596.jpg

2013/06/23, 14:19:13
14.0 mm (28.0 mm相当)
F5.6 1/160 ISO 200

a0071470_15393761.jpg

2013/06/23, 14:20:34
14.0 mm (28.0 mm相当)
F5.6 1/200 ISO 200

a0071470_15405032.jpg

2013/06/23, 14:20:34
14.0 mm (28.0 mm相当)
F5.6 1/200 ISO 200

a0071470_15414572.jpg

2013/06/23, 15:04:56
14.0 mm (28.0 mm相当)
F5 1/100 ISO 200

コンデジと違ってさすがにピントが合いにくいがぴったり来ると本当に迫力がある絵になる。
やはり叩きだしの寝ぼけ眼とはちがうかな・・・・・

それにしても、さすがに羽化2日目の個体はほとんど傷がないね。
さて次はジョウザンミドリかな、オオミドリカナ・・・・・
うーん悩むねぇ・・・・・
by kmkurobe | 2013-06-25 15:45 | PCとカメラ | Comments(22)
Commented by fumie at 2013-06-25 18:08 x
メスアカの翅が美しいこと。
広角もマクロも素晴らしい!!!!!のひと言に尽きます。
あぁ~、そして羨ましぃです(^^*)
Commented by fanseab at 2013-06-25 22:47
これだけのレベルの画像を拝見すると、小生も真剣に導入を検討せねば・・・。何よりも脚立によじ登った際の転倒リスクがないことと、蝶に優しい撮影方法が優れていると思います。
Commented by 蝶山人 at 2013-06-26 09:10 x
非常に高画質で驚きました
露出の難しい蝶なので
これまでは殆ど修正してます
ファインダーこだわると
こういった新しい表現は出来ないですね
恐れ入りました
Commented by kmkurobe at 2013-06-26 14:41
fumie さんあの日は発生か1-2日しか経っていませんでした。
最高の状況で撮影することができました。
こうなるともう擦れた個体は撮影する気が贅沢にも無くなってしまいますね。
こんどはあのゼフ達とくにアイノミドリをゲットしたいですね。
Commented by kmkurobe at 2013-06-26 14:42
fanseab さんさすがに多人数の場所では無理ですかね。
でもこれからはきっと増えてくると思います。
叩きだしとちがって自然の生態を撮影できるのですから。
いやいや機械の進歩はすごいものですね。
Commented by kmkurobe at 2013-06-26 14:45
蝶山人さんやはり前上方から撮影できれば良い色でますね。
フォーサーズははじめて使いましたが、AFの早さそして手ぶれ防止といい、なにより軽くて小さいこと。オリンパスはデジカメでは初めて使いましたがその技術力の凄さには驚きました。
今年は夕方あそこでカシワ系のテリを撮影したいと思っています。
Commented by 虫林 at 2013-06-27 07:06 x
ねらいどおりの撮影ができて良かったですね。
これなら色々なシーンで活躍しそうです。
おめでとうございます。
Commented by H.A. at 2013-06-27 11:54 x
これはすばらしいですね。
メスアカの輝きもしっかりとらえられますね。
虫林さんのブログで、どんな感じで撮られているのかよくわかりましたが、ますますゼフ撮影の機材が増えそうですね。
増えても、このような成果なら最高ですね。
Commented by hemlenk at 2013-06-27 12:46
クリソの色合いが素晴らしいですが!
これはいいなぁー(=^・^=)
こんな絵が撮りたいです!うえからのリモコンショット!流石ですねー。
いつも、微妙な高さにとまる彼等、この技にあったらタジタジですね(=^・^=)
Commented by さっちゃん♪ at 2013-06-27 21:09 x
こんばんは
翅の輝きが金緑色・・・鮮やかですね^^♪
うっとりします☆
見てみたいな〜
Commented by ikedanochohcho at 2013-06-28 06:12 x
おはようございます、素晴らしい写真何度も見入っています、
翅全体が光ってる写真はなかなか撮れなく悩みのひとつですが、これだとカメラの位置も逃げられずに変えられそう
ゼフの撮影には欠かせない機材になってしまいますね、
Commented by ダンダラ at 2013-06-28 15:11 x
新システムの威力はばっちりですね。
皆さんおっしゃっていますが、これだけシャープに樹上のゼフが写ればすごいです。
創意と工夫のなせる技ですね。
Commented by 22wn3288 at 2013-06-29 08:44 x
グリーンの輝きが綺麗ですね。
このように撮れれば新システムの威力は素晴らしいですね。
Commented by clossiana at 2013-06-29 14:04 x
テリ張り中のゼフの写真としては、これ以上は望めないほどの出来栄えで凄いの一言です。今まではこういう場面を撮るためには、被写体を比較的近い場所に見下ろせる場所を見つけるのが大変でしたが、やはり創意と工夫が大切なんですね。
Commented by kmkurobe at 2013-07-01 20:01
虫林さんありがとうございます。この撮影方法はまだまだ展開の余地がありますね。パイオニアに評価いただいて大変喜ばしく思っています。
Commented by kmkurobe at 2013-07-01 20:03
H.Aさんこの撮影方法では本当にたくさん道具が増えてしまいました。
あとあまりにはっきり写るので、ちいさんな傷も目立ってしまい。被写体を選ぶのが大変です。
Commented by kmkurobe at 2013-07-01 20:04
hemlenk さんメスアカはちょうどお昼休みがテリハリ時間帯なので、こまめに通うことができてよかったです。
ただわかったことは、休止中の方がカメラに反応してしまうのがわかりました。
Commented by kmkurobe at 2013-07-01 20:06
さっちゃんさんどうもです。メスアカの明るい金緑色は本当にきれいですね。それでも後ろから撮影すると青くなってしまうので、ポジションを取るのが第一の気がしまする
Commented by kmkurobe at 2013-07-01 20:07
ikedanochohchoさんこの撮影方法は風景を撮影するときにも有効です。桜やこぶしの花の中からカメラを出して撮影してみたら、本当におもしろい絵ができました。
Commented by kmkurobe at 2013-07-01 20:08
ダンダラさんすべて貴殿の記事を参考にさせていただいた結果だと思っております。
活動時間帯のゼフィルスは降ろした個体と違って本当に薄利よくを感じます。
Commented by kmkurobe at 2013-07-01 20:10
22wn3288さんありがとうございまする後は携帯性と軽量化をなんとか進めたいと思ってます。
このほかに望遠をつけたカメラを持つととても移動できませんし、どこかに忘れ物をしてしまいそうです。
Commented by kmkurobe at 2013-07-01 20:11
clossianaさんありがとうございます。
この方法がすべてとは思いませんが、ゼフィルス以外の蝶にも応用できるのではないかと思ってます。
エノキの上でテリハリするオオムラサキや、樹上の卍飛翔撮影などトライしてみたい題材です。
<< 魅惑の輝き-オオミドリシジミ ゼフィルス・シーズン・イン速報 >>