魅惑の輝き-オオミドリシジミ

a0071470_1942333.jpg

ここへ来て安曇野でオオミドリシジミFavonius orientalisの羽化が始まった。
Favoniusの中でも大型で、一番明るく輝く翅表をしている。
a0071470_1949288.jpg

また外縁の黒帯が薄く全体が光って傷が目立ちやすく、撮影条件が大変デリケートな種類である。

この撮影地は数年前に間伐してから、オオミドリシジミの個体数が増え、以前多数派だったジョウザンミドリシジミ、アイノミドリシジミから午前中のテリトリーを奪い取った感がある。
a0071470_19431937.jpg

これは1頭混じっていたアイノミドリシジミ。(ご指摘をいただきエゾミドリシジミと訂正。Hさんありがとうございました。)まったく開いてくれなかった・・・・・

朝日が差し込む雑木林での撮影はスポットを浴びて白飛びが激しく、またアンダー目にすると緑色が青になって、この種類本来の雰囲気が出せず、今までまともな写真が撮れていなかった。

30日はまだ発生初期で数頭の雄が飛んでいただけだが、それなりの条件で撮影することができた。

自分なりの感覚としては明るい緑色に銀白色を混ぜたような色がオオミドリシジミらしいと思っている。
a0071470_19441233.jpg

a0071470_1948990.jpg
こんな感じに表現できればと思っていた。もう少しあかるくできればいいんだけど・・・・・
a0071470_19444833.jpg

通常の撮影ではこんな感じで緑が消えてしまう・・・・・・
a0071470_19474578.jpg


真上からワイヤレスで撮影してみた。4枚光っているのだが不思議な色になった。
a0071470_19451842.jpg

4/4できれいに撮影できたのだが、やや青が強くなってしまった。
a0071470_19471066.jpg


うーん・・・・・その種類の雰囲気を出して、きれいに撮るってのは永遠のテーマだね・・・・・
うーん・・・・・シーズン真っ盛り、がんばらなくっちゃね・・・・・

a0071470_19524275.jpg

by kmkurobe | 2013-07-01 19:52 | 生態写真 | Comments(10)
Commented by himeoo27 at 2013-07-01 20:15
同じ種でも見る角度、光の当たり具合で
これほども違うものなんですね!
それにしてもどの画像もイイなあ~!
Commented by さっちゃん♪ at 2013-07-01 20:19 x
こんばんは〜
♂はやっぱり綺麗ですね^^♪
ワイヤレス 調整が難しそうですね
私は一眼も使いこなせません^^;
Commented at 2013-07-02 00:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fumie at 2013-07-02 00:39 x
オオミドリらしい、素晴らしい色味ですね。
わたしは、まだまだ色味を意識して撮影する域には達しません^^;)
ピンが合って4面に色が出てれば、大喜びです\(^o^)/
アイノも、もぅ出ているのですね。
これは、是非とも行ってみないとー!!!(笑)
Commented by 蝶山人 at 2013-07-02 06:21 x
これは素晴らしいorientalisの輝きですね?
光り物露出も色も難しいです。
被写体の鮮度も含め
なかなか満足いく写真難しいです。
私も地元で苦戦しております。
この季節そこのアイノも
◯◯の蟻の巣も満足いく写真撮れてません。
来年こそは頑張って両方高い所通います。
ご指導よろしくお願いします。
Commented by kmkurobe at 2013-07-02 18:01
himeoo27さんありがとうございます。この種類はなかなか傷なしの個体が見つからないので今回はとてもうれしく感じました。
もう少し明るい光があるともっと光ったんですけどね。
Commented by kmkurobe at 2013-07-02 18:02
さっちゃんさんスマホで撮影できるカメラが続々と発売されています。しばらくするとかなりポピュラーになるのではないでしょうか。
Commented by kmkurobe at 2013-07-02 18:02
鍵コメさんありがとうございます。
連絡させていただきます。
Commented by kmkurobe at 2013-07-02 18:03
fumie さんいよいよクライマックス誓志ですね。標高の高いところはまだ1月は楽しめますよ。がんばりましょう。
Commented by kmkurobe at 2013-07-02 18:05
蝶山人さんありがとうございます。まさに被写体としては難関だと思います。なんとか今年は雌の開翅をゲットしたいと思っているのですが。
お時間とれたら是非またお越しください。
高い場所はまだまだこれからですよ。
<< 念力再び-ウラミスジシジミ ワイヤレスリモコン撮影の実践-... >>