念力再び-ウラミスジシジミ

a0071470_17491312.jpg

ここのところ毎日うれしい出会いがある。
実はジョウザンミドリシジミやウスイロオンガシジミとも濃密な時間を過ごすことができたのだが、今朝のうれしい出会いを速報。

毎日の散歩コース脇に小さな林が残っている。
ここは里山と耕作地が入り交じり、別荘地の開発から免れた素晴らしい自然が残っている。
a0071470_17494862.jpg

ここだけで当地に分布するほとんどのゼフィルス10数種を観察することができるのだ。ただ個体数は少なく、毎日どんな出会いがあるのかはお楽しみだ。
ウラミスジシジミ(ダイセンシジミ) Wagimo signatus
は平地からかなり標高が高い場所まで広く分布しているが、確実に観察できるという種類ではない。

裏面の朱色とごくまれに開翅したときの青紫の感動は、撮影していて本当に手が震えるばかりだ。

毎年この場所でも1-2回の出会いはあるのだが、こんなに長い間代わる代わるあいてをしてくれたのは初めてだ。
a0071470_1754198.jpg

うんうん・・・・・うれしかったね。

さて前夜からの大雨は明け方には上がった。ただ空はどんよりと暗くて蒸し暑く、暗くてあまり撮影には向かない条件だ。

目が覚めてしまったので、散歩コースを一回りのつもりで、最低限の機材だけで出かけた。

いつもの空き地に入るとなにやら小型の赤く見えるチョウがクマザサの上を旋回している。やがて葉上で静止した。

アカシジミかと思ったがうれしいことに今年最初のウラミスジシジミとの再会だった。

同じポーズばかりでいい加減飽きてきた頃、急に動き回り始め葉先へ移動した。
a0071470_17505183.jpg

ここは念力勝負!!
「開け!」
a0071470_1751615.jpg
「開ーーーーけ!!!」
a0071470_17512639.jpg
「開ぃらぁーーーけ!!!!!」
a0071470_17515458.jpg

午前6時39分から2分あまり至福の時間を過ごすことができた。
a0071470_17552160.jpg
やったね。

数分後この個体は梢に飛び去ったが、イタドリの葉上や休耕田の畦などで堪能するほど撮影することができた。
a0071470_17525754.jpg
a0071470_1753836.jpg
a0071470_17532217.jpg


まさに「ウラミスジな日」だった。

さてあすはどんな出会いがあるんだろうね。
早起きしなきゃ・・・・・
a0071470_17523940.jpg

by kmkurobe | 2013-07-02 17:55 | 生態写真 | Comments(12)
Commented by 蝶山人 at 2013-07-02 18:42 x
アカシジミの裏面と
ムラサキシジミの表
開翅だけでも撮ったこと無いのに
表裏同時には恐れ入りました。
昨年も念力に感動しましたが
本当に持ってますね。
LEDとか日陰とか色々試したが駄目でした。
念力以外の何物でも無い。
恐れ入りました。
Commented by midori at 2013-07-02 20:15 x
凄い念力ですね(*_*)。恐るべし(^.^)。
裏翅だけ拝めても至福なときなのに、開翅まで…感激しました。
個人的には、半開翅のアンバランスさが最高です。美しい(*^^*)。
Commented by fumie at 2013-07-02 21:08 x
ブラボー、朝露の上のウラミスジシジミ素敵ですね。
開翅のブルーが目に沁みます。
kmkurobeさんの早朝の感動が伝わってきますょ。
それにしても「念力」凄いです!!
Commented by konty33 at 2013-07-02 23:16
今年はウラミスジを何回か撮影していますが全く念力が利きません。
良いですね・・・新鮮な翅表の色合いに感動です。
↓のオオミドリも流石の腕前に感服しました。
Commented by 22wn3288 at 2013-07-03 13:46 x
ウラミスジシジミの開翅 素晴らhttp://bbwn32.exblog.jp/しいですね。
半開翅もいいですね。
オオミドリシジミの輝きも素敵です。
Commented by ダンダラ at 2013-07-03 15:09 x
ウラミスジの翅表はいつかはちゃんと撮影したいと思っているのですが、これは素晴らしいですね。
目の前でじわじわと開いてくれる・・その瞬間、本当にどきどきものですね。
うーん、うらやましい。
Commented by kmkurobe at 2013-07-03 15:30
蝶山人さん実は知り合いの撮影者は夕方の活動時間に全開を撮影されてます。
こればかりはチョウに聞かないとご開帳時間はわかりませんが、
やや低めの気温で飛び立つ寸前のウォームアップ時間に開くような気がします。
ウラクロの時もそうでした。
でも我ながら持ってますね・・・・・
Commented by kmkurobe at 2013-07-03 15:32
midori さんこのチョウの表裏は補色関係で半開翅の時本当にはでな感じがしますね。
この日は気温が低めだったせいか、いきなり飛び上がらなかったので随分待つことができました。
Commented by kmkurobe at 2013-07-03 15:33
fumie さん貴方のテレパシーこそスゴイですよ。
なにせこちらは無理矢理降りてきていただくのですから。
それでも久しぶりに胸が高鳴りましたよ。
もう一回ウラクロで味わいたいですね・・・・・
贅沢かな・・・・・
Commented by kmkurobe at 2013-07-03 15:34
konty33 さん先日は久しぶりに後何時書できて楽しかったですよ。同じ場所で撮影していてもそれぞれの作風があって面白い物ですね。
Commented by kmkurobe at 2013-07-03 15:36
22wn3288さんありがとうございます。
ここは我が家から徒歩5分。たくさんは居ませんが良いこともたまにある秘密の花園です。
ウラミスジはアカシジミからむらさきしじみに変化するようで劇的ですね。
Commented by kmkurobe at 2013-07-03 15:37
ダンダラ さん毎年のようにご一緒する近所の広場ですが、今年ただ1頭おりてきたウラミスジが開翅してくれました。
本当にどきどきでしたよ。
今年もお時間許せばまたお訪ねください。
<<  「何匹目かのゼフィルス」-ハ... 魅惑の輝き-オオミドリシジミ >>