強烈な雨の日で本日は撮影お休み

a0071470_16572575.jpg

この時期らしい雨が降り続いている。
部屋の中まで湿気がこもり、気温が低い事は体が冷えと苦痛を感じる。
ある意味年をとったのかもしれない。

この2週間ほどゼフィルスとリモート撮影中心にアップしてきたので、気が抜けないうちに色々と。

ゼフィルスのシーズンとほぼ同時にコヒヨウモンモドキの羽化が始まる。この頃クガイソウの花はまだ咲いていなくて、基礎のアクがしみ出す場所に集団で吸汁している。
a0071470_16575052.jpg

ここ数年保護の成果か個体数がやや増えて来ているような気がする。喜ばしいことだね。
多分間伐の効果も出ているのだろう。
気に入ったのを色々と。
a0071470_1658917.jpg
a0071470_16582199.jpg
a0071470_16583349.jpg


トラフシジミはここら当たりでは年1化かな?
a0071470_173762.jpg


ミヤマカラスシジミも鬼事故路に発生昨年は本当に大発生していたが、今年はそこそこの数かな。この種類の新鮮な個体は本当に美しい。
a0071470_1659359.jpg
a0071470_1659153.jpg


ウラナミアカシジミは初めて綺麗な個体を撮影できた。
a0071470_16593456.jpg

地元ではほとんど観察できなかったので、良い写真が撮れて満足。
ウラクロシジミもなんとか撮影はできたがマンサクの立ち枯れが目立って心配だ。
a0071470_16595450.jpg
a0071470_170748.jpg
若き日に出かけた瀬戸市の発生地も全山のマンサクが枯れてほぼ絶滅したとか。

最後はアサマシジミ(ミョウコウ型)の産卵。
a0071470_1712712.jpg
前回に交尾を観察していたので注意していたのだが、エビラフジの根際付近に潜りこんで1卵ごとに産卵を繰り返していた。
a0071470_1703569.jpg
a0071470_1705255.jpg
a0071470_171611.jpg

雌の最盛期にはあまり訪れることがないので、気合いをいれて色々と撮影する。
a0071470_1714558.jpg
a0071470_1715831.jpg
a0071470_1722015.jpg

夕方になってやや雨脚は衰えて来たようだ。うーん週末は堂なんだろうね。
あまり晴れても困るしね・・・・・
by kmkurobe | 2013-07-05 16:55 | 生態写真 | Comments(14)
Commented by 蝶山人 at 2013-07-05 19:00 x
今浅間山系が壊滅的状態なので
ここのコヒョウモンモドキは貴重な産地ですね。
僕はアイノの方が気になったのですが
家内はお気に入りらしくコヒョウモンモドキ
撮りに行きたいといってました。
数年以内に必ず再挑戦します。

カラスシジミも家内の好みですし
スーパーブルーもアカツメクサでも映えますね。
見事な画像の数々で驚きました。
この時期は本当に密度が高いです。
Commented by otto-N at 2013-07-05 20:10 x
コヒョウモンモドキは、数年前、蓼科でたくさん見ましたが、どこでも減っているのでしょうか?まだアサマシジミは元気なようですね。見てみたいです。埼玉にトラフシジミのテリ張り開翅する場所があって、4月ですが、ワイヤレス撮影がキマリンで成功したのなら、トラフでも成功するかもしれませんね。今年は全敗でした。それにしても、長野県は種類が多くて素晴らしいですね。
Commented by fanseab at 2013-07-05 21:33
アサマの産卵シーンは興味深く拝見しました。
ヒメとあまり変わりませんね。下から4枚目の画像の矢印の
上にももう一卵産み付けているようです。どうせ、雪に埋もれてしまうので、ことさら根際に産まなくてもいいような気がしますが、面白い行動です。
Commented at 2013-07-06 11:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by thecla at 2013-07-06 21:16 x
ウラクロもうはじまりましたか。先日南アルプスでマンサクの多い場所を見つけたのですがそこも立ち枯れている木が多くてその時は池が干上がったと聞いたので乾燥の影響だと思っていました。
アサマシジミの産卵撮影おめでとうございます。もっと根際だと思っていましたが、案外高い位置なのですね。
Commented by hemlenk at 2013-07-07 05:54
コヒョウモンモドキ!増えてきましたか(=^・^=)
嬉しいです。なんとも、特徴的なこの蝶!いつまでもみれることを願います。
もう一つ北の山の頂上付近にも、昔はけっこういたのですが、なかなか見られなくなってしまいました。ミヤマカラスシジミが出ると、盛夏を感じます(=^・^=)
Commented by clossiana at 2013-07-08 17:34
こんな風に人工物に集まっているようなシーンは初めて見させてもらいました。どの個体も羽化直で色が未だ濃くて綺麗ですね。もし増えているのだとすれば嬉しいです。
Commented at 2013-07-09 00:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kmkurobe at 2013-07-12 16:57
蝶山人さんリモートにはまって、毎日からだを削るように撮影しています。
コヒョウモンモドキは奥様がお好きだったのですね。
ここのはかなり大きいので変わった個体群だと思います。
食草がほとんど見当たらないので、何を食べているか不思議です。
Commented by kmkurobe at 2013-07-12 16:58
otto-Nさんこの時期は本当に忙しい・・・・
20日を過ぎると本当に寂しくなってしまうので、気合いが入る毎日です。
Commented by kmkurobe at 2013-07-12 17:00
fanseab さん面白かったですよ。1卵産んでは一度外へでてフラフラ飛んで、もう一度潜り込む。の繰り返しでした。
ここの株は大きいのでほとんど見えなくなってしまいます。
Commented by kmkurobe at 2013-07-12 17:01
thecla さん今年は短期集中のようで場所によってはもうオナガシジミが出ているようです。マンサクあちらこちらで枯れているので来年がやや心配ですね。
Commented by kmkurobe at 2013-07-12 17:02
hemlenk さん今年はいつもにまして暑い・・・・・
あそこのゼフイルスも11日に出かけたらあっという間に終わっていました・・・・・
今年はすべてが早くなってきているような気がします。
Commented by kmkurobe at 2013-07-12 17:04
clossiana さんここは増えてます。全山所有者が採集禁止、しかもかなり綺麗にメンテされ間伐も効果を現してきたようです。
ただここへ来て爆発的に増えて
いたゼフはやや今年は一段落。これは自然の推移で使用が無いのですが・・・・・
<< リモート撮影 NOW! キマリンにトライ-ワイヤレス撮影 >>