リモート撮影 NOW!

ハイシーズン・・・・・・とにかく毎日撮影に明け暮れて早寝をしてます。
コメントが遅くなってしまってごめんなさいね。
ゼフィルスの撮影をするために考えた「リモート撮影」
とにかく今しかないと、ひたすら撮影していた。
こんなに撮影したのは生まれて初めてだね。
しかし本当に面白い。
いままで夢の世界だった絵が現実のものになり、しかもまだまだ無限の可能性を秘めているのだ。
ことしはゼフィルスも短期集中型の発生のようだ。
時期は短いが、旬の個体数は昨年よりも多く感じる。
もっとも場所によってはかなりの格差があるが。

いろいろと撮影してみて、ゼフィルスの雄の輝きは、かなり暗い中でもはっきりと認識できる。
それはカメラもしかりのようで、緑色の雄は抜群にAFの歩留まりがよい。また頭上数㍍のモニターでも綺麗に光るので位置決めがうまくいく。

こまったのはやはり風による被写体ブレ。
テリ張り中の雄達は本当にカメラには無関心で、カメラの上に止まろうとする個体が結構いるのには驚いた。

以下ここ数日の成果の一部。
a0071470_16541363.jpg

ジョウザンミドリシジミは低いところにも止まるが、これくらいだとチョウになった気分で背景を考えることができる。
14㎜+マクロアタッチメントほとんどくっつかんばかりだ。
a0071470_16543253.jpg

ハヤシミドリシジミはブッシュの中に降りたので、どうしても上からとりたかった。ご覧のように強烈な日差しで草の影が邪魔だ。これは1㍍ほど水平にして42㎜で撮影。
a0071470_1654445.jpg

ウラジロミドリシジミはかなり頭上高い位置。
カシワの葉は縁がめくれているので、この位置では今まで全く撮影することができなかった。これは自分でもカメラ操作がうまくいって4枚光ってくれた。個体もそこそこできれいなサファイアブルーが出ていた。14㎜+マクロアタッチメント
a0071470_16545983.jpg

アイノミドリシジミは風に揺れる柳の枝先でテリを張っていた。
沢沿いなので目一杯てを伸ばすとヒヤヒヤものだ。
会心の作かと思ったがややスレ。これは再チャレンジしないとね。14㎜+マクロアタッチメント
a0071470_1655956.jpg

エゾミドリシジミは午後2時過ぎにバトル開始。日照の方向で位置は変わり。これを撮影した頃はかなり暗い。
エゾミドリシジミは足下で吸水したりしているのを見るともっと緑色が強く感じるのだが、ブルーがかかった銀色で本当に美しかった。
次回はもう少し強い光線でも撮影してみたい。14㎜+マクロアタッチメント

カメラはすべてOLYMPUSのEPL-5で撮影。
レンズもすべてOLYMPUS M.14-42mm F3.5-5.6 II Rに純正のマクロアタッチメント装着
by kmkurobe | 2013-07-12 16:55 | 生態写真 | Comments(4)
Commented by 蝶山人 at 2013-07-12 21:26 x
ゼフもこれほど各種色輝きが違うのですね?
特にウラジロやアイノは
これまで思っていたよりもはるかに美しい輝きを表現されています。
ファインダーレスだけに外れも多いのでしょうが
これほどゼフの輝きが角度で異なることを表現されて
充実の年だったのではないでしょうか?
kmkurobe師匠の域に到達するには
まだまだ何年もかかりそうです。
Commented by kmkurobe at 2013-07-13 09:34
蝶山人さん今まではとにかく翅表がとりたくて足下に降ろして撮る事がほとんどでした。もしくは低い位置で開翅する場所を見つけるとか。
ゼフが活動中にどんな光に包まれているのかを知りたかったのですが、やはり随分違って感じられました。
強烈な光の中でも影が入らなければそれなりの雰囲気が出せるようですね。
少なくともテリを張っている時はほとんど開翅しているので、カメラがいい位置に運べれば確実に撮影できるはずですから。
この方法だと35㎜見当で70㎜以上の画角だと被写体が見つけにくくなるのが難点に感じて居ます。
Commented by otto-N at 2013-07-13 19:34 x
ゼフのテリ張り時の開翅中は、こんなに近づけるとは驚きでした。もっと敏感かと思ってましたが、開翅中に飛ばれるのは別の原因のようですね。素晴らしい輝きを見させていただきました。
Commented by kmkurobe at 2013-07-15 22:29
otto-Nさん経験してわかりましたが、テリ張り中はほとんどカメラに反応しません。しかも枝の代わりに止まったりします・・・・・
ただ羽を閉じているときは敏感ですぐに飛び上がることが多いですね。
<< 久しぶりの高山蝶でも 強烈な雨の日で本日は撮影お休み >>