九回裏二死ポテンヒットでサヨナラ勝ち・・・・・

a0071470_21394059.jpg

今週は前回アップしたように連休は山岳系連投・・・・・
さすがに疲れておとなしくしていようと思ったのだが、新しいレンズが到着した。
こうなったらまた発作が起きてしまった。
久しぶりの40年ぶりシリーズで。
a0071470_2272174.jpg

天気予報は良くない1社は最悪、もう1社も午後回復とか・・・・・
案の定、地元は土砂降り。進行方向を見るとハッキリとした虹が・・・・
あらら目的地は雨雲の中だよ・・・・・
目的地を変更しようかさんざん迷ったあげく強行!
到着時平地は気合いで雨が上がっていたね。
a0071470_21402454.jpg
a0071470_214010100.jpg

懐かしい登山道を上っていくが、暗くなるばかり・・・・・・
気温が低い上に強風が吹き荒れて最悪だ。
平地は日が差してきたように見えるが、頂上付近の雲が全く取れない・・・・・
a0071470_21411114.jpg

結局登りで見たのはコチャバネセセリが1頭。
a0071470_21425011.jpg
a0071470_21412615.jpg

終点で休憩を取りながら天気待ち。
結局締め切り過ぎても明るくならず撤退。
a0071470_21414646.jpg

ここではまだ桜がきれいに咲いていた。
a0071470_2142249.jpg

1900メートルくらいまで下るとウスバシロチョウがひっそりと休止していた。
それでもよたよたと下ると一瞬薄日が差してきた。
金色のセセリも同時に舞い上がったが、強風に流されてロスト・・・・・
精根尽き果てて座り込むと、目の前になんとあの懐かしいシルエツトが・・・・・
a0071470_21432747.jpg

やったね・・・・・
a0071470_21435463.jpg
a0071470_21434311.jpg

たった1頭だけど疲れも吹っ飛んだ。
へろへろになってガレ場を降りていると、ヒメシジミが数頭。
a0071470_2144267.jpg
a0071470_2144676.jpg

これが本日の撮影行のほぼすべて・・・・・
平地に降りてもほとんど蝶が飛んでないのだから、奇跡以外の何物でも無いかな・・・・・
いや良かった。でも疲れた。
a0071470_21444855.jpg

駐車場近くになると、強烈な日差しが!空の青さもなんか違う。
今年の本格シーズンの千秋楽も間近になったようだ。
a0071470_2145539.jpg

by kmkurobe | 2013-07-18 21:45 | 生態写真 | Comments(12)
Commented by fumie at 2013-07-19 08:38 x
登山、お疲れさまでした。
でも素晴らしい収穫があって、40年振りの再会に今も気持ちは高まったままでしょうか。
これがタカネキマダラセセリって言うんですね。
初めて見る蝶です。
ブランド好きではないのですが、表翅がヴィトンのモノクロームみたい、と思ったのはわたしだけでしょうか。(笑)
裏翅も味のある模様です。
きょうは、奇跡の感慨にひたりながらもゆっくり休養してくださいね。
と言っても、近隣の蝶パトロールは生活の一部なのですよね・・
Commented by katawara at 2013-07-19 12:34 x
お疲れ様でした。
結局、雪渓の残っている場所(2300mくらい)まで登られたんですね。
下では晴れていても登ると曇っていたり、その逆もあったりで、山は大変です。
私なら、たぶんなかったことにして(行かなかったことにして)帰っていたでしょう。
そんな中でも、ちゃんと撮影されるのは流石ですね。
山の神様は、日頃の行いを見てくれているんですよ。
これで、アサマがいれば、逆転ホームランでしたね。
それにしても、ハイペースです。
すばらしい。

Commented by カーコのダンナ at 2013-07-19 13:20 x
お久しぶりです。これはもう一発逆転満塁ホームランですょ(^O^)
私達夫婦も16日にオオイチモンジを撮ってましたが、そこまで登る気力が有りませんでした。足腰鍛えて挑戦したいですね。お疲れさんでした。
Commented by cactuss at 2013-07-20 21:28
あの山の上まで大変でしたね。
最後の最後で撮影できて良かったですね。
小生も昨年は雨の中、登りましたが、運よく、草にとまっている個体を見つけました。
明日、登ってみたいと思います。
Commented by 蝶山人 at 2013-07-21 06:57 x
高山蝶連投
体力に脱帽です。
ハイシーズン
終わりが見えますが
蟻系まだまだ行けますね。
フィールドでの再開楽しみにしてます。
またご指導よろしくお願いします。
Commented by 虫林 at 2013-07-21 19:14 x
タカネキ撮影、おめでとう。
ポテンヒットでも決勝点のサヨナラヒットかな。
ゼロに比べれば無限大に価値があると思います。
泣く子と山の天気にはかないませんね。
Commented by kmkurobe at 2013-07-22 11:19
fumie さん
「ヴィトン柄のセセリ」はいただきます。
いやいや言い得て妙そのものですね。
天気がそこそこだと高をくくって上って失敗でした。
ただ体力的な確認をおもいでの場所でできたので、大満足でした。
Commented by kmkurobe at 2013-07-22 11:21
katawara さんさすがに昨日タカネヒカゲとは行きませんでした・・・・・・かなり滋養県が悪くても薄日が射すと高山蝶は飛んでくれるのを確認できました。
まだ登れるのを確認できたので、またトライしたいですね。
Commented by kmkurobe at 2013-07-22 11:23
カーコのダンナ さんこちにこそご無沙汰しております。
なにも天気が悪いのに上まで行かなくても良かったのですが・・・・・
滋養連が避ければ半分でも何とかなったと思うのですがね。
Commented by kmkurobe at 2013-07-22 11:25
cactuss さんさすがに疲れました。
今年から使い始めたスティックのおかげで随分疲労がけいげんできたと思います。
なんとか登れる内にアルプスの稜線まで出かけたいものですが。
Commented by kmkurobe at 2013-07-22 11:27
蝶山人さんここ数年どうしても無理が利かなくなっていたので、一度ためして見たかったんです。
幸いさすがに翌日は来ていましたが、週末には平常にもどりました。
機会があったら、今年利用戦まで行こうかと思っています。
Commented by kmkurobe at 2013-07-22 11:29
虫林さん安全な道ではあるので、無理して往復して正解でした。
撮影できたこともですが、自分の身体の滋養帯を確認できたことに満足。
これて゛どなたかとお付き合いしても迷惑をかけないかどうかの判断がある程度できるようになりました、。
<< ついにゼフィルスのシーズンもお終い 久しぶりの高山蝶でも >>