2013年ゼフィルス詳報-ハヤシミドリシジミ

a0071470_1417697.jpg

かなり広い範囲に生息しているようで、新しい観察地も増えてきた。
ただかなり立派な樹でも、畦道に単独で残っているようなカシワでは見つからなかった。
やはり樹林と耕作地や草原との境目が多いようで、沢筋ではほとんど見られなかった。
カシワ自体があまり沢筋には多くなく、当地では「おめでたい樹木」と言うことで人為的に移植されたことも多いと聞いた。
a0071470_14173796.jpg

今年は例年よりも平地、山地ともに1週間ほど早い発生で、雌雄もほとんど同時に確認できた。
a0071470_1418750.jpg

やはり撮影の適期は圧縮されてほんの数日・・・・・
雄の開翅はやや光線が強すぎ。
a0071470_14185950.jpg
a0071470_1419956.jpg
a0071470_14191950.jpg
a0071470_14193477.jpg

雌も開翅。曇天薄日でいい色が出てくれた。
a0071470_1420735.jpg
a0071470_14201832.jpg
くるっと反転。
a0071470_14204320.jpg
a0071470_14205548.jpg


たまたまその時期はなぜか天気が良くて、厳しい条件での撮影になってしまった。
「やや低い気温」「雨上がり」「曇天に時々薄日が」がベストなのだが・・・・・
強い光線でもそれなりに考えて撮影してみる。
まずは雄
a0071470_1422279.jpg
a0071470_14224871.jpg
a0071470_1423028.jpg

夕方が活動時間帯というが、強い朝日を浴びながらテリも張っていた。
a0071470_142408.jpg

これはこれで良いかと思う。
従来の好みではこんな感じで雄と雌
a0071470_14245148.jpg
a0071470_1425198.jpg

雌はやはりこの感じがいいかな・・・・・
つよい光線の雌もそれなりには表現できた。
a0071470_14255079.jpg
a0071470_1426172.jpg


透過光で前翅のA型斑紋が透ける雌。
a0071470_1427887.jpg


来年この子たちの子孫はどんな姿で楽しませてくれるんだろう。
a0071470_14301285.jpg

by kmkurobe | 2013-07-31 14:29 | 生態写真 | Comments(6)
Commented by 蝶山人 at 2013-07-31 21:06 x
別冊kmkurobe2と並んで
各種の魅力を様々なアングルで
余すところなく伝えています。
シャッターチャンス恵まれて居ないと
これだけの連作無理ですね。
図鑑のようにmilestoneになりそうです。
続編楽しみにしてます。
Commented by fumie at 2013-08-02 12:31 x
やはり相変わらず、何ミドリシジミかという見た目の区別は全くつけれない私ですが、数多いミドリシジミ類の出来る限りに出会ってみたいですね。
雄の輝く光沢ももちろん好きですが、雌の漆黒のようなしっとりした色味も好きになりましたし。
雌雄セットで・・・欲言えば交尾も産卵も・・・(妄想の域に達してます・笑)
2枚目の大きなカシワの葉と対照的に小さく止まっている感じや、最後から2枚目の透過光で前翅のA型斑紋が透ける感じ、こういったシーン私も捉えてみたいです。
ちょっと欲張り・・かな。
Commented by カーコのダンナ at 2013-08-04 18:20 x
関西では7月初めに出現するハヤシですね。北へ行くほど遅くなるのはどれも同じようですね。今年はハヤシミドリシジミの卍を見れませんでした。来週白馬方面予定していますが、運が良ければ見れるかもしれませんね。カシワ林を探さないといけませんね。
Commented by kmkurobe at 2013-08-05 15:16
蝶山人さんやはり近場に撮影地があったればこそです。
ここを開発してから6年目。やはり通ってみると毎年いろいろな発見がありますね。
Commented by kmkurobe at 2013-08-05 15:30
fumie さん仰るとおり私も狙ってますよ・・・・・
地味とゼフ全種を撮影したいと思ってます。
ただこればかりはこつこつと短い時間でも観察を続けないとどうしようもないですね。
まして綺麗な写真を撮影するとなると・・・・・
来シーズンも頑張りましょう。
Commented by kmkurobe at 2013-08-05 15:31
カーコのダンナ さん紛らわしい特集でごめんなさい。
こちらでもさすがに7月中程には最盛期です。
速報でアップできなかった物を、今年は種類別にまとめて発表することにしました。
次回はウラジロミドリシジミを予定しています。
<< はやアルプスは立秋? 2013年ゼフィルス詳報-ジョ... >>