すっかり秋 Part.2

a0071470_11423648.jpg

ここ一週間アルプスには雲が張り付いてほとんど晴れ間がない。
秋本番とまでは行かなくても、最高気温が22、3度。
涼しいというよりやや肌寒く感じる。
a0071470_11425865.jpg

稲刈りの季節にはまだ早いのだが、ヒョウモン達が夏眠から覚めて、あちらこちらで姿が目に付くようになってきた。
a0071470_1143182.jpg

我が家の片隅にある「ご神木」かなり古いオオヤマザクラにミドリヒョウモンが産卵していた。
地上高3-5㍍、やや薄暗い場所で繰り返し産卵していた。
a0071470_11434975.jpg
a0071470_1144333.jpg

いままで借り入れの終わった田圃で産卵や交尾を見かけたことがあるが、ヒョウモン類がまるでムモンアカシジミのように樹幹に産卵するとは思わなかった。
a0071470_11441782.jpg
a0071470_11442528.jpg

低いところまでタテハ達も降りてきてくれた。
a0071470_11443757.jpg
a0071470_1145417.jpg

次の晴れ間にはアサギマダラ達が集まってくることだろう。
一年ぶりに懐かしい人たちに会える。楽しみだね。
a0071470_11445799.jpg

by kmkurobe | 2013-09-07 11:44 | 生態写真 | Comments(6)
Commented by himeoo27 at 2013-09-08 08:08
最高気温が22~23℃とは羨ましいです。
今年はそちらもキベリタテハ多いのでしょうか?
かなりフレンドリーな個体ですね。
こちら埼玉県南部も最低気温が25℃をやっと
下回るようになり、朝晩少し過ごしやすくなりま
した。
Commented by ネイチャーkendamar at 2013-09-08 23:49 x
7日にアサギマダラの様子を見てきました。
ちらほらと来ていました。
東日本でアサギマダラがたくさん見られたそうなので
今年は期待できる年かもしれません。
秋晴れになりますように…
Commented by fumie at 2013-09-21 13:17 x
ヒョウモンの産卵、初めて見ましたが、樹の幹にとはちょっと意外でした・・。
ムモンアカには理由があるので理解できますが、ヒョウモンの場合は何故なのでしょう。
2枚目の写真、黒っぽくて模様をよく確かめるまでは一瞬でヒョウモンとは分かりませんでした。これは、何ヒョウモンですか?

キベリもいつか新鮮な個体を撮ってみたい。
わたし的には、この銀で縁取りされたような薄黄と鮮やかな青が差す小豆のベルベットの風合い、とっても高貴なイメージで大好きなのです。
Commented by kmkurobe at 2013-10-08 18:33
himeoo27 さん今年は地元の個体数が少なくなかなかチャンスに恵まれませんでした。
やはり今年の影響でしょうかあっという間にシーズンが終了。
1週後にでかけてもまるで見つかりませんでした。
Commented by kmkurobe at 2013-10-08 18:34
ネイチャーkendamar さん
今年は予想通り1発千頭だけでしたね。
明くる日出かけても全くだめでした・・・・
Commented by kmkurobe at 2013-10-08 18:35
fumie さんヒョウモンたち今年はずいぶんたくさんが未だに10/8産卵しています。
ほかの蝶たちはとっくにおしまいモードなのですが、この子たちだけはがんばっています。ここ数年個体数が少なかったので、
来年が楽しみですね。
<< 秋は過ぎゆく すっかり秋になった >>