クモガタヒョウモン

a0071470_10222940.jpg
毎日蒸し暑い日が続いている。6月第一週は例年ならば「オレンジ週間」・・・・・
今年は発生が早かったこともあるが、とにかくお休みと天気が合わない・・・・・・
18年間、毎日の日課だった「お散歩」が無くなったので、健康維持のため近場を歩くことにした。
この季節はタニウツギからニセアカシアに変わり、初夏の蝶が続々と登場する。
a0071470_10241129.jpg

クモガタヒョウモンは決して珍しい種類ではないが、狙って撮影できる蝶ではない。
当地でも他のヒョウモンに先駆けて登場するのだが、ほんの10日ほどで夏眠に入ってしまうようで、なかなかチャンスに恵まれなかった。

この河原は犬たちが若かった頃はとにかく毎日かよって、四季の移り変わりを楽しんでいた。
ここ数年は河川工事や犬たちも弱ってきたのでしばらく遠ざかっていた。
a0071470_1023438.jpg

環境も落ち着いてきたようで、ほとんど見られなくなっていたヒメシジミが随分復活していた。
a0071470_1056291.jpg
a0071470_10564333.jpg
a0071470_10584770.jpg
a0071470_1059123.jpg

何より驚いたのは、クモガタヒョウモンがたくさん飛んでいる。
a0071470_10244874.jpg
a0071470_1025051.jpg

以前に来たときはほとんどウラギンヒョウモンばかりだったのだが・・・・・
うれしい誤算だね。
a0071470_10423956.jpg
a0071470_10425120.jpg

雄があちらこちらで探雌行動をしているようで、なかなか止まってくれない。
夕方になると、ニセアカシアで吸蜜。
a0071470_1041954.jpg

今朝は日差しが強かった。
8時頃に出かけてみるとあちらこちらのイタドリで日光浴をしている。
a0071470_10413787.jpg

ものすごく敏感であっという間にすべての個体が飛び上がってしまった・・・・・
残っていたのは、羽化不全のこの雄だけ・・・・・
a0071470_1042544.jpg


お昼休みにそろそろ雌が出ていないかと再訪した。
a0071470_10422317.jpg

交尾しているカップルが見つかった。
よく見ると雄は朝方見かけた不全個体・・・・・
元気な雄達があんなにたくさんいたのにね・・・・・

恋が成就するのは、力や若さだけではないのだね・・・・・・
いやいや生き物というのは本当に不思議だね・・・・・・
a0071470_10592774.jpg

by kmkurobe | 2014-06-13 10:42 | 生態写真 | Comments(4)
Commented at 2014-06-13 23:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kenken at 2014-06-16 22:15 x
いいなぁ~クモガタ・・・
そう、珍しくはないのですが、なかなか狙って撮れるものでもなく・・・
マイ課題の1つだったりします。
ウラギンスジの課題は解決したので、来年あたり、こいつをメインに・・・
Commented by kmkurobe at 2014-06-18 15:45
鍵コメさんありがとうございます。いよいよですね。カメラ一杯持って出かけようかと思ってますよ。
Commented by kmkurobe at 2014-06-18 15:47
kenken さんどうもです。2008年の長梅雨以来低調だった安曇野のタテハもやっと復活かもしれません。
こちらのウラギンスジも超レアではありますが、そろそろなので明日あたり探しに行こうかと思ってます。
今年はヒョウモンにはまりそうです。
<< 復活の気配 いよいよハイシーズン突入だ。 >>