復活の気配

a0071470_15321531.jpg

6月も半ばを過ぎて、全国的には梅雨の中休みということらしい。
16日は久しぶりに夏空が広がった。夏草がずいぶんと丈が伸びて、青臭い香りが充ちて、朝露がきらきら光っていた。
今年は久しぶりにヒヨウモン類を初めタテハ類が5年ぶり復活の気配がある。
a0071470_1535139.jpg
シーズンはじめのクモガタヒョウモンの多さには驚いたが、安曇野周辺どこも各種ヒョウモンが目に付く。
a0071470_15323654.jpg

姫川中流域からみた北アルプス左から「鹿島槍」「五竜岳」「唐松岳」、見えているスキー場は手前から、「栂池高原」「岩岳」「八方尾根」。
見晴台になっている広場には多数のヒョウモン達が吸蜜に来ていた。
a0071470_15332775.jpg

普段は敏感なはずなのに、広角で近づいても全く逃げない。
クモガタヒョウモンの雌があちこちにいた・・・・・うれしい・・・・・
a0071470_15334258.jpg
a0071470_1534149.jpg

ウラギンヒョウモンはレッドクローバーやシロツメクサ。
a0071470_15343979.jpg
クモガタとメスグロはヒメジョオンがお気に入りのようだ。
a0071470_15345480.jpg

本日、12日発売になったばかりの、OLYMPUS STYLUS TG-3 Toughが届いた。
GWに海野和男氏からプロトタイプを見せていただいて、楽しみに待っていた新製品だ。
早速試し撮りに出かける。

JPEGしかないのである意味気楽に撮影できる。

午前中降っていた雨も小やみになり、スキー場の近くには羽化したばかりのヒョウモン類がビックリするほどたくさん吸蜜していた。
a0071470_15363551.jpg

一番多かったのはウラギンヒョウモンとメスグロヒョウモンの雄。
a0071470_15353497.jpg
a0071470_15355217.jpg

雌も1頭だけ発見。いつ見てもどきどきしてしまう。
a0071470_1536852.jpg
この蝶なんか好きだね・・・・・
クモガタもちらほら見られた。
a0071470_15401993.jpg


実は今月になってから、時間に余裕ができたため、とにかくたくさん撮影してしまった・・・・・・
山のようなボツ画像を整理するばかりで、なかなかブログが更新できない・・・・・

昨日17日はついにアカシジミも発生していた。
いよいよ忙しくなりそうだね・・・・・・

次回シーズン初めのゼフ達をいろいろ。
a0071470_1536533.jpg

by kmkurobe | 2014-06-18 15:36 | 生態写真 | Comments(6)
Commented by H.A. at 2014-06-18 17:56 x
ヒョウモン類、一気に出てきたようですね。
3頭写っている写真もおもしろいですね。
いよいよそちらもゼフィルスが出てきましたね。楽しみにしています。
当地ではアサマシジミも見られましたが、そちらはどうでしょうか。
Commented by 虫林 at 2014-06-18 22:56 x
お世話になりました。
ヒョウモン類の見られた場所では山々が綺麗だったですね。
この時期にヒョウモン類がこれだけ集めるのも珍しいと思います。
とくにメスグロヒョウモンの♀はいいですね~。
Commented by 22wn3288 at 2014-06-22 10:26
ヒョウモン類が沢山 壮観ですね。
いろいろな種類が見られていいですね。
Commented by kmkurobe at 2014-06-24 21:14
H.A.さんこちらは15日にはアサマシジミがでました。
やや早めですかね。
今年は蝶の個体数は多いような気がします。
Commented by kmkurobe at 2014-06-24 21:15
虫林さん今年はメスグロも個体数が多く、先日は同時に2組のカップルを観察できました。結局虻蜂取らずになってしまいましたが、とにかく当たり年。これから期待もてますね。
Commented by kmkurobe at 2014-06-24 21:17
22wn3288さん今年はすべてのヒョウモンが個体数が久々に多いような気がします。
ウラギン、クモガタ、メスグロ、ミドリ、コヒヨウモンと順調に発生していまする次はギンボシが始まりそうです。
<< 完ピン!!!!! クモガタヒョウモン >>