2014年ゼフィルス前半戦を振り返る

在庫整理をしなければ・・・・・・
ゼフ第1号はウラクロシジミ。
a0071470_22241948.jpg
ここへ来て地元でも発生を始めた。
a0071470_22235056.jpg
久しぶりに我が家の庭にも顔を見せてくれた。
ゼフ第2号はアカシジミ。
a0071470_22243812.jpg
きれいな個体がカエデの葉上で吸汁をしていた。
ゼフ第3号はウラナミアカシジミ。普通種かもしれないがとにかく綺麗・・・・大好きだね。
地元ではいないと思っていたのだが、つい先日休耕田に降りていた。
a0071470_2225148.jpg

すぐ横で撮影していたアイノミドリシジミをほっぽり出して、激写。
ほぼ無傷。引っ越してきて初めて観察できた。とにかく当地では「激レア」本当に今年はうれしい出会いが多い。

ゼフ第4号は遠征先でのクロミドリシジミ。
a0071470_22252766.jpg
雄の開翅では朝日に当たると、カッパーの輝きが美しい。
a0071470_22254037.jpg

安曇野でも初めて雌の開翅を撮影することができた。
a0071470_22255351.jpg

↓の部分で開翅していた・・・・光線の具合もよく、リモート撮影が広角側もマクロ側もきれいに撮影できた。
a0071470_22262559.jpg
a0071470_2226648.jpg

奇跡的にほとんど無傷!感激だったね・・・・・
ゼフ第5号は遠征先でゲットしたウラミスジシジミ。
a0071470_22265470.jpg
桑の実がたわわに実る葉陰で雨宿りしていた。
ゼフ第6号はミズイロオナガシジミ。
a0071470_22271229.jpg
新鮮な開翅は初めてゲット。うーんいいね!!
a0071470_22272390.jpg

今年も地元産で翅裏が斑紋異常個体も観察できた。
ゼフ第7号はオオミドリシジミ。とにかく無傷の開翅を狙ってみた。
a0071470_22275032.jpg

これは糸魚川でのリモート撮影。自分としてはこのような銀色が強く白っぽい感じが、オオミドリシジミの特徴だと思っている。
こちらは数日前に安曇野で撮影
a0071470_22281435.jpg
a0071470_2228776.jpg
。リモートは決まったが光の方向でこうまで違って見える。

ゼフ第8号はここのところ毎日撮影しているメスアカミドリシジミ。
a0071470_22283645.jpg
黄色が強い緑色をいかに出せるかがなかなか大変。
下から撮影したのでは皆同じ色になってしまう・・・・
食樹の上でテリを張るところをリモート撮影できた。
a0071470_22284814.jpg
これ狙っていたのでうれしかったね。
やはり。斜め前上方からが一番。
ゼフ第9号はウラゴマダラシジミ。
a0071470_22293885.jpg
a0071470_22293220.jpg
今年はあちらこちらで目につく。新鮮なこのチョウは本当に上品な渋いブルーが魅力的だね。
ゼフ第10号はウラジロミドリシジミ。
a0071470_22291056.jpg
この雌も初めての場所で確認できた。

そして第11号が前回掲載したアイノミドリシジミ。
a0071470_22295793.jpg

さあそろそろカシワ系も出そうかな。がんばりましょう。
by kmkurobe | 2014-07-01 22:30 | 生態写真 | Comments(8)
Commented by fumie at 2014-07-02 10:23 x
ナンと、すでにこんなに多くを撮影されてたのですね。
それにしても、特にそれぞれのゼフの表翅の色の表現が素晴らしいです。
こうした色は、条件が揃わないと出せませんものね・・。
アイノ↓、雌ばかりでなく雄も抑えられていたのですね、う~んこれまた羨ましい。
どれも新鮮なコで、嬉しさもひとしおでしたでしょうね。
わたしも、わたしなりにメスアカの撮影を頑張ってはみましたが、みんな青~って感じの色しか出せませんでした。
でも、撮影できただけでも丸儲けですね。(笑)
Commented at 2014-07-02 10:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kmkurobe at 2014-07-02 11:20
fumie さん今年は時間にある程度余裕ができたことと、多分「当たり年」のせいではないでしょうかね。ゼフの雌はなかなかご縁がン買ったのでアイノ雌の開翅はうれしかったですね。
あとは念願のメスアカの雌開翅・・・・・なんとかなりませんかね・・・・・
Commented by kmkurobe at 2014-07-02 11:21
鍵コメさん今後とも宜しくお願いします。
Commented by chochoensis at 2014-07-02 19:39 x
kmkurobeさん、どのゼフィルスも素敵ですが・・・なんといっても「ウラクロシジミ」・・・ずっと昔、飛翔しているのを1回見ただけなので、感激しました・・・素晴らしい写真ですね・・・。驚きました。
Commented by ダンダラ at 2014-07-04 11:19 x
そちらではいよいよゼフ満開ですね。
昨年拝見したリモート撮影の威力も抜群のようで素晴らしいです。
週末が天気が悪い日が多く残念です。
Commented by kmkurobe at 2014-07-11 14:08
chochoensisさんこちらはどちらかというと里山のゼフィルスという感じです。姫川河口付近でも白馬でも一番先に発生するような気がします。やはり植樹の発芽が関係しているのでしょう。
ここら当たりはマンサクが多く平地でも時々、飛んで居る姿が、見られます。
Commented by kmkurobe at 2014-07-11 14:10
ダンダラさんここから50キロ以内で20種類の撮影が可能です。
我が家の周囲は樹種が豊富なせいか、数は少ないですが、たくさんの種類が楽しめるので、撮影には最適です。
<< 2014年ゼフィルス最盛期-カ... 久しぶりの念力2014 >>