2014年信州蟻の巣小灰蝶(5)

a0071470_16454440.jpg

ゴマシジミ 関東中部亜種 M. t. kazamoto
と亜種名がついている。かっては安曇野にも他産地があったそうな。山ゴマに比べると多くの場所で絶滅寸前のようだ。
a0071470_165457100.jpg

a0071470_1652716.jpg
このあたりは黒化傾向が強い発生地だが、時々信じられないように青い個体も混じっている。
朝イチで寝ぼけ眼で飛び出したままいっこうに動く気配がない。
a0071470_16463355.jpg

飛翔中に観察したときは、ひいきめに見てもかなりグレードが高かった・・・・・
かなりの時間開翅を待っていたのだが、他の個体の開翅を撮影しているうちに、行方不明になってしまった・・・・・残念・・・・・
今年はやや例年よりも発生が遅かったようだが、産卵、吸蜜、交尾と短時間の撮影だったが、随分とサービスしてくれた。
a0071470_16473220.jpg
a0071470_16474378.jpg
a0071470_16484350.jpg
a0071470_1649895.jpg
a0071470_16491863.jpg
a0071470_16491819.jpg
a0071470_16495591.jpg
フジバカマを除く「秋の六草?」があちらこちらに咲き乱れて、大変に美しいのだが、シーズンも終わりだと思うと、何となくもの悲しさを感じるね・・・・
a0071470_1654581.jpg
a0071470_1650492.jpg


オオゴマシジミは安曇野でもあちらこちらに発生地があるのだが、結局ことしも既存の産地で撮影する事になってしまった。
a0071470_16504796.jpg
a0071470_16505630.jpg

綺麗な雄を撮影したくてフライング覚悟ででかけてみたが、必死で捜してやっと1頭だけだった・・・・・
それも熊がでそうな沢を必死で登ってである・・・・・いや疲れた・・・・・
ここのところ何年か、天候に恵まれなかったので、これだけ晴れてくれたらまあよかったのかな・・・・・
a0071470_16512139.jpg
a0071470_1651672.jpg
遠くに見える穂高連峰や焼岳が本当に美しい朝だった。
by kmkurobe | 2014-08-30 16:52 | 生態写真 | Comments(6)
Commented by 22wn3288 at 2014-08-31 10:37
ゴマシジミの交尾に3頭目が加わる情景面白いですね。半開翅なのも素敵です。
今年 オオゴマシジミは少なかったのでしょうか。
来年はどうなるでしょうね。
Commented by himeoo27 at 2014-08-31 15:40
2コマ目のゴマシジミは、全開翅の青の模様が、
鮮やかで美しさですね!
Commented by ダンダラ at 2014-09-02 07:50 x
きれいな青ゴマですね。
交尾個体への青ゴマのアタック、良いなあ。
たまに訪れるだけでは撮れないようなすばらしい写真の数々を堪能しました。
Commented by kmkurobe at 2014-09-10 19:46
22wn3288さん結局オオゴマは不作の年になったようですね。
来年にはきたいしたいものですね。
Commented by kmkurobe at 2014-09-10 19:47
himeoo27さんこの個体は直射が当たっているので青っぽく見えます。
実際に綺麗な個体はウラゴマダラシジミのように裏は白っぽくておもては綺麗な水色でした。来年こそ・・・・・
Commented by kmkurobe at 2014-09-10 19:49
ダンダラさん有名ポイントでも毎年出かけていると、なにか壺のようなものがわかってくるような気がします。最近飛翔撮影をしなくなりましたが、やはり飛び道具は記録を残すためには必要ですね。
<< 2014年信州蟻の巣小灰蝶(番外編) 2014年信州蟻の巣小灰蝶(4) >>