若葉の季節に

a0071470_20573637.jpg

週末、「蝶の観察記録」の maedaさんご夫妻に久しぶりにお会いすることができた。
季節・気候を読んで満を持しての登場となったが、肌寒いほどの低温と強い北西風で、なかなか蝶が活動してくれない。
10時半近くまで根羽ツタが、しびれを切らして移動。
風裏の日あたりがいい場所へ移動する。
ここはほとんどがヒメギフチョウだったが気温の上昇とともにいろいろな花で吸蜜してくれた。
a0071470_20583815.jpg
a0071470_2059031.jpg
a0071470_2059264.jpg

カタクリ、ヤマエンゴサク、タチツボスミレそしてカタクリもまだまだ綺麗だ。
1頭の雌が腹端をこすりつける産卵行動を取り始めた。
a0071470_20595262.jpg
日光浴-吸蜜を繰り返すもなかなか食草までたどり着けない。
日光浴中の個体を撮影している maedaさん。
a0071470_210574.jpg

20分以上かかってやっと産卵を初めてくれた。まずは300㎜で。
a0071470_2102848.jpg

落ち着いたところでTG-3で近づいて撮影。
a0071470_2105067.jpg

こちらは顕微鏡モード。
a0071470_211691.jpg
どちらがいいともいえないが、デジカメの進歩にはすごいものがあるね。
定番の場所では先日フタバアオイに産卵していたYBが出迎えてくれた。
a0071470_2112461.jpg
a0071470_2114275.jpg

あまりいいできではないが、ギフチョウの雌はあまり広範囲には移動しないのだろうね。
2時近くになるとまた急激に気温が低下した。
a0071470_2115918.jpg

ヒメシロチョウの発生地も覗いてみたが、スミレに止まっても寒くて吸蜜できないようだ。
今年のGWは暑かったり寒かったり。
気がついたら散歩道もすっかり若葉の季節になっていた。
a0071470_20575334.jpg

by kmkurobe | 2015-05-11 21:02 | 生態写真 | Comments(8)
Commented by cactuss at 2015-05-11 22:48
上の写真があの時に撮影したイエローバンドですね。
カタクリでの吸蜜はうらやましいです。
昼休みというキーワードを忘れていました。残念です。
Commented by maeda at 2015-05-12 21:47 x
お世話になりました。
短時間でしたが楽しめました。あんな絵を撮られていたとは気づいていないほど熱中していたようです。
またよろしくお願いいたします。
Commented by ダンダラ at 2015-05-13 05:43 x
先日はお世話になりました。
バンドの写真を撮りたいと出かけたのですが、女神様は微笑んでくれませんでした。
別の女神様が微笑んでくれましたが…
バンドのカタクリ吸蜜はもう何年もお目にかかっていません。
うらやましい限りです。
Commented by kmkurobe at 2015-05-13 16:15
maedaさんこちらこそ楽しい時間をありがとうございました。奥様にもよろしくお伝えください。
Commented by kmkurobe at 2015-05-13 16:18
ダンダラさんバンドはやはり当たりくじのようなものですね。
たまたま地元の私はくじを引く回数が多いのだと思ってます。
今年はダラダラ発生のようなので、谷間や湿原のダンダラはまだまだこれからのような気がします。
Commented by 霧島緑 at 2015-05-14 03:12 x
バンドの写真の数々に、只々感心するばかりです。
実は今年も6日に訪問させて頂きましたが、バンドにはかすりもしませんでした。と云うより、ギフ・ポイントを回った時には飛び回る個体ばかりで、確認すら出来ませんでした。
暫くバンドには見放されてしまっていますが、魅力的な白馬にはこの時期、訪問しないと何だか気が済みません。
また来年懲りずにチャレンジします。
Commented at 2015-05-15 09:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kmkurobe at 2015-05-15 09:19
霧島緑さんやはり奥の方にいらっしゃってたのですね。
当方はいつも入り口付近のカタクリと林の中で、撮影することが多いのです。いつもの年なら奥の方のカタクリはとっくに終わっているはずです。今年はやはり異例な年のようです。
<< 今年もこの季節がやってきた。 久しぶりに念力・・・・・・通ず... >>