五月の空に青いシジミチョウ。

a0071470_223332.jpg

今年もオオルリシジミの季節がやってきた。
長野県では3カ所に保護地域が設けられている。
安曇野市、東御市、そして飯山市だ。
安曇野市は比較的近いのでここ数年、天候不順な場合の待避先として楽しませてもらっている。
しかし観察地はいかにも人工的で今ひとつ気合いが入らない。
思えば2007年34年ぶりにここで出会ったときはまさかここで管理されているとは思わなかったね。
あのときは本当にドキドキしていたね。
当時同行していただいた「蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行」の蝶狂人さん。
なんといまではご自宅のプライベート・バタフライガーデンにオオルリシジミが住み着いている。
久しぶりに東御市の発生地を訪問した。同地にある
さる企業の敷地内で以前撮影させてもらったことがあるが、いまでは地域全体にかなり定着してきたようだ。蝶狂人さんに案内していただき、活動の一環をみせていただいた。
a0071470_2252244.jpg

a0071470_2253776.jpg
a0071470_2255886.jpg
a0071470_2261289.jpg

a0071470_2265661.jpg

a0071470_2271076.jpg


この地域はため池が多くため池の周辺にはいかにもそれらしい環境が残っている。
私が若い頃に抱いていた発生地のイメージはまさにこんな感じだった。
a0071470_2275472.jpg
a0071470_2281519.jpg

浅間連山や八ヶ岳そして遠くには富士山も見えるという雄大な景色の中、すばらしい時間を過ごすことができた。
蝶狂人さん本当にありがとうございました。

そして今回の主目的は県内未撮影のミヤマチャバネセセリ。
a0071470_2284357.jpg
あきらめかけていたら、最後の最後に登場してくれた。
a0071470_229287.jpg

いやいやさすが蝶狂人さんのバタフライガーデンはすごい・・・・・・恐れ入りました!!!
同日撮影できたのはヒメウラナミジャノメ、クモガタヒョウモンそしてミヤマシジミ。
a0071470_2292438.jpg
a0071470_2293766.jpg
a0071470_2210213.jpg
a0071470_2210141.jpg



この後は21日に安曇野市で撮影した個体群。今年はずいぶん早くに発生したようだ。
a0071470_22105156.jpg

a0071470_2211321.jpg
a0071470_22111444.jpg

いやいやここへ来て好天続き。体がいくつあっても足りないね・・・・・・
by kmkurobe | 2015-05-25 22:13 | 生態写真 | Comments(2)
Commented by 蝶狂人 at 2015-05-26 18:55 x
お疲れさまでした。楽しく過ごせました。ありがとうございました。
オオルリシジミは、撮影場所が保護地域の中でも最もよいところだと思います。今シーズンは早い発生だったのでタイミングも最適だったと思います。
ミヤマチャバネセセリは、台地の端から端まで徘徊にお付き合い頂きましたが、結局のところ何のことない場所に落ち着きました。ただ、ツルハナシノブが最盛期を過ぎご期待にお応え出来ず申し訳ありませんでした。
クロミドリの頃、ぜひお越しください。この蝶は期待を裏切らないと思います。
Commented by kmkurobe at 2015-05-26 19:49
いやいや東信地方のすばらしさを実感いたしました。
しかしいいところですね。
次回の訪問を楽しみにしてます。
どうもありがとうございました。
<< 今日から6月だ! YELLOW,ORANGE&W... >>