いよいよゼフィルスの季節

a0071470_20495183.jpg

いよいよゼフィルスの季節が近くなってきた。といっても標高700㍍の当地ではもう少し先だ。
続々と聞こえてくるゼフィルス通信に堪らなくなって、毎年姫川を下っている。
a0071470_20501462.jpg

ごらんのような里山には平地性ゼフィルスが生息している。
特色的なのはマンサクが多いことだ。
以前ギフチョウの探索に行ったとき、可能性は感じていたが、当初は余り個体数が観察できなかった。
実は主立った種類よりも発生が早く、他種に先駆けて、5月末までには出始める事がわかった。
それ以来毎年観察には出かけているが、今年は当たり年のようだ。
前回と同様アカシジミが少し混じるほかはすべてウラクロシジミ。雌も混じり始めたので最盛期が近いのだろう。
a0071470_20505168.jpg

現地到着は7時頃。寒気が入ったせいか、高曇りでかなり寒い。
ウラクロシジミは夕刻の活動期以外は早朝に開翅するとは聞いていたが、今回は、よほど条件に恵まれたのだろう。雌雄ともに何度も45度程度の開翅を繰り返してくれた。
a0071470_20514338.jpg
a0071470_2052627.jpg
a0071470_20535543.jpg

まるでウォーミングアップのようで、光が当たり始めると葉上を歩き出し
a0071470_2053352.jpg
a0071470_20533261.jpg
飛び立つ寸前2-3回20秒程度開翅を見せてくれた。
a0071470_20522369.jpg

薄暗いのとコントラストが強いため今ひとつの絵しか撮影できなかったのは残念・・・・・・
9時近くなると日光を避けるように、葉裏に潜り込んで動かなくなった。
a0071470_20541839.jpg
a0071470_20544274.jpg
きっとお昼過ぎまではお休みタイムなのだろう。
今回もシメで1400㍍まで移動したが、春先並の寒さで早々に逃げ帰った・・・・・・
a0071470_2055070.jpg

うーん今年はなんともオレンジ軍団には縁がないようである・・・・・
a0071470_205709.jpg

by kmkurobe | 2015-06-05 20:55 | 生態写真 | Comments(4)
Commented by maximiechan at 2015-06-05 22:09
パールの輝きいいですね。
羨ましく拝見しました。
Commented by tokko at 2015-06-06 08:20 x
まるでドラマのようです。今年も6月23,24とそちらに伺う予定です。ゼフィルスに会いたいです。
Commented by kmkurobe at 2015-06-15 22:05
maximiechanさんどうもです。ウラクロシジミはなかなか開いてはくれませんでしたが、なぜかこの日は雌雄ともよく開いてくれました。ただ半開翅がやっとでしたけど・・・・・
Commented by kmkurobe at 2015-06-15 22:07
tokkoさんどうもです。その時期はまだまだ出始めですかね。
メスアカ、ウラゴ、アカ、うまくすればジョウザンミドリが出始めくらいでしょうかね。もう1週遅いといろいろと出てくると思います。
<< 色とりどりのシーズンが始まった。 今日から6月だ! >>