リモート撮影2015スタート

a0071470_11451080.jpg

我が家の周囲にもやっと緑系のゼフィルスが飛び始めた。
最初に登場するのはメスアカミドリシジミ。
平均より数日早い発生となった。
まあ平年並みかな・・・・・
この種類はマイフィールドではだいたい10時半から2時位までテリ張りをしてくれる。
まさに昼休みのゼフィルスそのものだ。

20日に1頭確認できたので、リモート撮影機材一式を持って「特設スタジオ」へ。
ここは差し渡し5㍍位の空間が林の中にぽっかりと空いている。
直ぐ横のヤマザクラからはメスアカミドリシジミの卵が毎年観察できるので、はっせいちなのは間違いないね。
a0071470_11453234.jpg

これが2015年バージョン、志賀製アルミのネットの柄+自由雲台+クイックシュー
カメラはオリンパスEPL-5に台湾製のリモートコントローラー

各社からスマホでリモートするアプリが出ているが、どうしてもカメラと手元がずれてしまうので、ある程度以上の高さの場合(3㍍以上)はバリアングルモニターを直接覗く方が構えやすい。
今回は4㍍の竿で身長180センチが撮影しているので、おそらく4㍍弱の高度はあるだろう。
基本的に広角で撮影しているので地表の画像を見ていただければおわかりかと思う。

この日(22日)は気温が高く休憩モードに入っていて、なかなか開いてくれなかった。
一瞬曇ったときに開翅。
a0071470_11455328.jpg
a0071470_1146467.jpg
a0071470_11461531.jpg
a0071470_11463836.jpg
a0071470_11464955.jpg

よく見るとすでに右後翅にカケが・・・・・

再び日が射すと完全に休憩モード。マクロで84㎜相当で接写。
a0071470_1147585.jpg

これがなかなか大変。開翅は金属光沢をモニターの真ん中に持ってくればいいので容易。
裏面は光らないので、試し撮りをして周囲の葉の形でポイントを探る。
なにせ4㍍上空。

その後は3頭が絡み合って撮影にならず・・・・・・さてこれから忙しくなるね・・・・・
by kmkurobe | 2015-06-23 11:47 | PCとカメラ | Comments(0)
<< 「陸中」 色とりどりのシーズンが始まった。 >>