梅雨明けのシロチョウ達

a0071470_11472147.jpg

3連休はあいにくの空模様。地元のタカネヒカゲを何とかしようと計画を立てていたのだが・・・・残念ながら来年以降に積み残し目標となってしまった。
さて最終日もイマイチの空模様。
天気予報では東信地域は何とかなりそうな予報だった。
ここならば多少ゆっくり出発しても大丈夫。
日頃の心がけが天に通じたようで、ICを降りた頃にはすっかり晴れ上がっていた。
目標第一のミヤマシロチョウを目指して近場の発生地まで登ってみた。
a0071470_11475221.jpg

しかし蝶の気配がほとんどない・・・・
・・知人に出会ったので聞いてみると、状況は芳しくないようだ。
不本意ながらハードワークをしようか迷っていると、山頂方向に薄い雲がかかってきた。
早々とあきらめて、予定よりもかなり早く下山を始めた。
a0071470_11481733.jpg

すると数分もしないうちに立て続けに数頭のミヤマシロチョウに出会った。
a0071470_11483152.jpg

しかもなかなかサービスが良い個体たちで、いろいろなポーズの大サービス。
a0071470_11491294.jpg
a0071470_11493789.jpg

すっかり満足してしまい、山頂へのハードワークのやる気は全く失せてしまった・・・・・
a0071470_11495858.jpg

ダメ元で対面の山に登った。ここは富士山を背景にミヤマモンキチョウが飛ぶ。
a0071470_11502396.jpg

しかしなかなか撮影可能地域まで近寄れないので、成果はあきらめていたのだが、
a0071470_11504571.jpg

ラッキーなことに、ここでもサービスのいい個体に出会った。
a0071470_1151124.jpg
a0071470_11522426.jpg

羽化直後の個体が足下にいたりして、期待した以上に撮影することができた。モンキチョウが紛らわしいが、
なんとか翅表もゲットすることができた。
a0071470_11514936.jpg
a0071470_11524447.jpg

そこそこの気温だったが、吸蜜や産卵も観察できた。
a0071470_1153166.jpg
a0071470_11531511.jpg

11時を過ぎて気温の上昇とともに休止する個体が増えて、お昼前には全く飛ばなくなってしまった。
地元へ帰って3種類目ヒメシロチョウの第2化を撮影に立ち寄る。
a0071470_11533629.jpg
a0071470_1154485.jpg
a0071470_11541855.jpg

そこそこ涼しかったのか、各種の花で吸蜜してくれ他いよいよ夏本番だね。
a0071470_11534798.jpg

by kmkurobe | 2015-07-22 11:54 | 生態写真 | Comments(2)
Commented at 2015-07-23 09:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kmkurobe at 2015-07-24 14:18
蝶山人さんコメントありがとうございます。
昨年は頑張って登りましたが、今年は超省エネで済ませてしまいました。ミヤマシロチョウは観光リフトの周辺で、ミヤマモンキは車横付けの湿原で何とかしちゃいました。
これならば楽できますよ。来年はぜひともご一緒いたしましょう。
<< 盛夏の安曇野周遊 「陸中」 >>