「ギフチョウの里」発刊のお知らせ

やっと形になりました。

a0071470_21391865.jpg

栗田貞多男さんの撮影をお手伝いすることになって8年目。

「ゼフィルスの森」に感動して、お手紙を差し上げてからのお付き合いですが、まさかこんな形で参加させていただけるとは思ってもいませんでした。

拙ブログの中で時々書いていましたが、生き物との出会いはまさに奇跡そのものですね。
そして人との出会いも・・・・・

田淵行男氏の「ギフチョウ・ヒメギフチョウ」に感動して、10代の頃からずっと姫川流域に通っていました。

まさか何十年後に現地で暮らすようになり、またお弟子さんである栗田貞多男さんと同じ舞台でギフチョウたちと触れ合うことができるとは・・・・・

2014年5月6日 異種間交尾を一緒に観察することができて、思わず握手した時を思い出すと今でも胸が高鳴ります。
by kmkurobe | 2015-11-27 21:39 | 生態写真 | Comments(12)
Commented by 浅間の煙 at 2015-11-28 09:42 x
ご無沙汰です。
この度は素晴しい書籍の発刊おめでとうございます!
今年も何度か白馬を訪れましたが良い所ですね。
本文の末に書かれてます様に、2014年5月6日の胸の高鳴るシーンに栗田さんとの間に割り込ませて頂き有難うございました!
この写真の中にもある異種間交尾、それもイェローバンドだったこと、夢のようでした。
また、来春も何度かお伺いします、その節はよろしくご指導ください。
Commented by 蝶山人 at 2015-11-28 13:13 x
おめでとうございます。
永代残る業績ですね。

明日11/29夜10時
BSプレミアム
田淵行男先生のドラマ
楽しみです。
kmkurobeさんを思い出しながら
見させて頂きます。
Commented by fanseab at 2015-11-28 20:55
大変ご無沙汰しております。
これは快挙ですね!
おめでとうございます。
本を開くのが楽しみです。
Commented by kmkurobe at 2015-11-29 20:54
浅間の煙さんこちらこそご無沙汰してます。
あの時は本当に感動しましたね。本書のなかにも出てきますが、一度離れた後に、違う雄ともう一度交尾成立するとは・・・・・・・今思い出してもどきどきします。
Commented by kmkurobe at 2015-11-29 20:56
蝶山人さんどうもです。昨年あたりから、地元局がいろいろと取り上げていると思ったらこういうことだったんですね。楽しみです。
Commented by kmkurobe at 2015-11-29 21:00
fanseabさんありがとうございます。2014年2015年で核心部分が観察できたのが大きかったですね。
2014年はノーマル×バンド、と異種間交尾、2015年はバンドのフタバアオイへの産卵と夢のような光景に出会うことができました。
Commented by ダンダラ at 2015-11-30 14:19 x
いよいよ発刊されるんですね。
一枚一枚の写真を積み上げてこられた努力がこうした形で実るのは本当に素晴らしいですね。
拝見するのが今から楽しみです。
Commented by kmkurobe at 2015-11-30 22:20
ダンダラさんご無沙汰しております。ゲラが届いたのですが、本当に感激しました。やはり自分がいつも歩いている場所が撮影地なので格別なものがあります。私も待ち遠しくて仕方がありません。
Commented by cactuss at 2015-12-02 19:25
すばらしい写真集が出来上がりそうで楽しみですね。
小生の赤城のヒメギフチョウの写真も載せて頂き、大変、光栄に思っています。
kmkurobeさんとお知り合いになれたお陰で栗田さんとも知り合えて、本当にありがたく思っています。
Commented by kmkurobe at 2015-12-04 14:05
cactussさんコメありがとうございます。
栗田さんも赤城姫については大変喜んでおられました。来年の春が本当に楽しみですね。
Commented by himeoo27 at 2015-12-06 07:10
あの「ゼフィルスの森」の栗田さんと
一緒に撮影された写真集発刊、今から
楽しみです。
Commented by kmkurobe at 2015-12-14 23:08
himeoo27さんありがとうございます。わたしもゲラを見せていただいて待ち遠しいきもちでいっぱいです。
<< 2015年定点の四季 リス達の冬毛が伸びてきた。 >>