リモートで撮るアイノミドリシジミ

a0071470_1104081.jpg

連日不安定な気象が続いている、気温も暑くなったり寒くなったりとにかく身体に応える・・・・・
定点も緑が濃くなり、夏真っ盛り。
今年は蕎麦の種まきが一月ほど早かったので、花がすでに見頃を過ぎてしまった。
a0071470_1192896.jpg

例年なら秋風が吹き始める頃多くのヒョウモンやタテハ達が集まるのだが、今年はモンキチョウとツバメシジミくらいでまことに寂しい限りだ。
地元が「夏枯れ」してしまったので、懸案だった北信のブナ林を訪ねることにした。ご多分に漏れず此方も蝶は不作のようだ、8時過ぎまでひかりは射すのだが何も飛ばない。ノリウツギの花が咲いていたので、ハナカミキリでもいないかと捜してみた。するとやや大きいカミキリがノリウツギの小枝を後食していた。
a0071470_111569.jpg

どうやら「コブ」のようだ。このあたりの分布から考えると多分コブヤハズカミキリだと思う。

高原のあちら此方は素晴らしいブナの森で頂上付近まで覆われていた。
8時半近くになってやっと何か緑色系のゼフィルスがテリ張りを始めた。
a0071470_1121620.jpg

やや擦れた個体が多かったが、今年まったく撮影できなかった「アイノミドリシジミ」のようだ。
地上3メートル位なのでリモートで撮影する。
a0071470_1124313.jpg
a0071470_113324.jpg
a0071470_113146.jpg
a0071470_1132952.jpg
a0071470_1134658.jpg
a0071470_114027.jpg

ただ太陽光が強すぎるのと、気温が高すぎるためV字くらいにしか開いてくれない。ほぼ全開翅してもクリソの緑色は前翅にしか出てくれなかった。
a0071470_114395.jpg
a0071470_1195014.jpg

無理して角度を変えて全翅光らせても、青っぽくなってしまった。
a0071470_1112481.jpg
いやいやミドリシジミの構造色は本当にイメージ通り写すことが難しいね・・・・
a0071470_1114915.jpg

知らない間に写っていた綺麗なカメムシは多分「ツノアオカメムシ」かなこんなコラボが打つつているとなんだかうれしい気持ちになってしまうね・・・・・
by kmkurobe | 2016-07-13 11:04 | 生態写真 | Comments(0)
<< リモート撮影でウラジロミドリシジミ 久しぶりに高山蝶でも。 >>