初見日。ホシミスジ&オオミドリシジミ

白馬はやっぱり例年より季節が遅れている。
ところがうれしいことにここ何年間かあまり姿が見られなかったウラクロシジミが夕方そこここで見られる。

なんとか撮影しようと早起きして近くの林を廻ってみたが、残念ながら姿は見られなかった。

ホシミスジは私の大好きな蝶のひとつで、やっぱり裏面のホシが写り込まないと・・・・・
さんざん粘って撮れました。
a0071470_19351942.jpg

オオミドリシジミも初見。-多分-違っていたらご指摘ください。
a0071470_1937953.jpg


アサマシジミはかなり個体数が増えてきた。今日はできるだけ多数の個体が入るアングルを考えてみた。でも難しいですね・・・・・

a0071470_19391992.jpg

a0071470_19394494.jpg


メスグロヒョウモンも出始めた。珍しく交尾中に表面を見せてくれた。
ただブッシュの中が交尾の場所になることが多いので、ゴチャゴチャしてしまう。

a0071470_19421652.jpg
a0071470_19423865.jpg


白馬は午後から雨。これからは一気に季節が進むような予感がする。

でももう7月なのに、スジボソヤマキもヒオドシも発生していない。7月のねらい目はクモマベニと高地性のゴマとアサマというところかな・・・・・
by kmkurobe | 2006-06-30 19:45 | | Comments(7)
Commented by 蝶と里山の浪漫紀行 at 2006-06-30 20:58 x
躍動感のあるホシミスジ、いいですね。アサマのすずなりも見事です。
雨さえ降っていなければ撮れますよね・・・・土日に行こう!
Commented by ヘムレン at 2006-07-01 00:57 x
29日のコメントにも書きましたが、もしすれ違ってしまっていたら、大変失礼してしまいました。29日のところでは、ホシミスジもコヒョウモンモドキも出会えませんでした。今年は難しいですね。今日は安曇野の西山(アルプスの登山口周辺)に行ってみましたが、標高によってヒメシジミの様相が変わってきていて、時期が例年より遅い感じです。白馬はオオミドリ出始めですかね。きれいな個体ですね。
Commented by kmkurobe at 2006-07-01 01:10 x
いやいやまたお会いできるのを楽しみにしていますよ。他府県ナンバーだつ田のでもしやと思っておりました。
白馬は不思議なことにゼフが例年より沢山見られています。
ウラクロの卍など何年ぶりでしょう。
オオミドリ、もホシミスジも出たばかりのようです。
Commented by chochoensis at 2006-07-01 06:33
「ホシミスジ」、裏面の「ホシ」がきれいに見えて完璧な生態写真で羨ましいです、私には、なかなかこういう角度で撮れません・・・自然一杯の環境に恵まれて素敵なところなのですね・・・。ウラクロが見られる・・・うらやましいです。
Commented by banyan10 at 2006-07-01 21:04
メスグロの交尾、下の写真は少しですが黒い翅表が見えていていいですね。絵的には片方が翅を開いている状態が好きです。
ウラクロは夕方の飛翔は見れても撮影の難しい蝶ですね。そのうち見れると思っているのですが、いつになることやら。
Commented by maeda at 2006-07-02 15:05 x
白馬のアサマも健在で嬉しいです。
別荘地内のポイント何時消えても不思議でないので、気になっています。
ホシミスジも綺麗ですね。
Commented by kmkurobe at 2006-07-02 18:20 x
林の中ではなくて、別荘地の道路に面した部分で発生しているようです。
北海道では防風林の脇とかに多かったように思い出しますが、
やはり手が入っていない原野の真ん中はだめなようですね。
高地性のものは常に日当たりのいい河原で発生していますから。
このあたりでもスキー場や原野の真ん中にはほとんどいないようです。
別荘地はある意味では人間との共生のように感じます。
<< ミドリヒョウモンの羽化 暑い!!! >>