雨の日のネタその壱

a0071470_19235293.jpg

まずはこれ。ハッチョウトンボ 雄
ヘムレンさんが雌をご紹介されていたので、ほぼ同じ時期に同じ場所で撮影したものです。

全国的にはどうなのかわかりませんが、私がかって住んでいた中部地方の都市ではミドリシジミ、ヒメヒカゲ、モウセンゴケ、そしてハッチョウトンボそして時にはウラナミジャノメとセットになっていました。いまでも万博の会場あたりには結構いるはずですが。

本当に小さくて最初に見たときは感動しましたね。ついでといっては何ですが、白馬産のミドリシジミです。
a0071470_1934143.jpg


続いてカミキリ。私はもともと甲虫屋だったのでいまでも興味があります。

生まれて初めてこの手で捕まえたのがこれ。
a0071470_19315227.jpg

白馬では河原のヤナギで発生しているようです。
続いて普通種2種類。
a0071470_19324722.jpg

a0071470_1933579.jpg


これは高山性のトホシハナカミキリ。稜線2400メートルで撮影しています。

a0071470_19351192.jpg


これも標高1600メートルで撮影エゾカタビロオサ?かと思います。

a0071470_19381639.jpg


最後にこんなのも時々出会います。

a0071470_193556100.jpg


PS.首の下に三日月のある黒いほ乳類には一度だけお会いしたことがありました・・・・・・
by kmkurobe | 2006-07-12 19:39 | 生態写真 | Comments(13)
Commented by 蜻蛉と水辺の浪漫紀行 at 2006-07-12 20:43 x
宮城に居た頃、こんな名前のHPも出していました。
実は、蝶より蜻蛉の方が古く中学生時代の昆虫クラブ(先生がトンボの研究者)の部長をしていたのが事の始まりでした。
ハッチョウトンボ、昨年ねらってみましたが出遭えませんでした。そちらの通りには結構生息地がありますね。
今日の雨、悔し涙雨でした。またの機会を楽しみにしています。
Commented by ヘムレン at 2006-07-12 20:59 x
うっ。。やられました(^^;)いいなあ。真っ赤なハッチョウトンボ・・あのときには、数はそこそこいたのですが、みんなメスでした。ちょっと遅かったのかもしれませんね。やっぱり、オスがいい!
Commented by banyan10 at 2006-07-12 21:15
そういえば、この前の山梨では黒い動物が車の前を走っていました。(^^; 大きさ的に子供と思いますが、首の下に三日月があるほ乳類だったようです。
やはりカモシカは見たいです。生息地に行く機会は多いのですが、見たことありません。
Commented by kmkurobe at 2006-07-12 21:50
蜻蛉と水辺の浪漫紀行ですか。白馬には高地性のトンボもいますよ。
トンボこそ写真でないとあの色はでないですよね。
明日も雨のようで残念です。
Commented by kmkurobe at 2006-07-12 21:52
ヘムレンさんいいでしょ。木道のすぐ近くに止まっていたので、手を伸ばして撮影しました。
まわりの林にはオオヒカゲが多かったですね。
今年も撮影に出かけたいと思っています。
Commented by nomusan at 2006-07-12 21:53 x
ハッチョウトンボ、こちらでも保護地ですが、見れるところがあります。が、この小ささをどう表現していいか、いつも悩んでいます。まさか、煙草の箱を一緒に写し込むわけにもいかないし~・・・(爆)。
ゴマダラカミキリ、この構図は意表をつかれました。何か新鮮です。
Commented by kmkurobe at 2006-07-12 21:55
banyan10さん。わたしの場合は夕方イワナ釣りをしていたら200メートルほど上流の砂防ダムの下を悠々と通り過ぎていきました。

人が結構いる場所だったんでびっくりしました。
カモシカは春先にクモマツマキがいるような沢に行くと結構出会います。

スキー場にも家族で住んでいて、リフトに乗っているとよく見えます。
Commented by kmkurobe at 2006-07-12 21:59
nomusan さんどうもです。
私は親指と人差し指で○を作ってこれくらい・・・・と表現しています。

ゴマダラはたまたま偶然この石にとまっていました。
河原のヤナギには結構発生しています。
暖かいところではナツミカンの木に発生するイメージですね。
Commented by fanseab at 2006-07-12 22:35
3枚目の画像、「川辺で涼むゴマダラカミキリ」の風情で決まってますね。キシキシときしむカミキリの音が聞こえてくるようです。
Commented by 蜻蛉と水辺の浪漫紀行 at 2006-07-13 17:54 x
白馬には高地性のトンボもいますよ。
→ってことは“カオジロ”ですか?
Commented by chochoensis at 2006-07-13 17:56
「ハッチョウトンボ」羨ましい!何とか撮影したいと思っている「トンボ」なので、今年は無理としても、来年には・・・。カミキリムシの写真、凄いですね、最近写真を始めたばかりなので、ウーン素敵だ!!!
Commented by kmkurobe at 2006-07-13 20:28
カラカネとオオルリボシは聞いたことがあります。
カオジロはどうなんでしょう?
Commented by kmkurobe at 2006-07-13 20:32
ハッチョウトンボは東海地方の湿地にはかなり広く分布しています。
どちらかというと長野では珍しさよりも懐かしさで撮影しました。
カミキリもそうですが、犬の散歩の時いつもカメラを持っているのは効果的に感じています。ようは場数です。デジカメなら経費かかりませんから。
<< 雨の中一発勝負-オオムラサキ やっぱり紫陽花にはジョウザンだ... >>