雨の中一発勝負-オオムラサキ

a0071470_1926048.jpg

100㎞走って撮影3分。満足すべきかな・・・・・一応撮れたので。

ヘムレンさんに教えていただいた場所は直線距離ではたいしたことはないが、大回りをしないといけないので、今日のような梅雨空では出撃にも思い切りがいる。
どうしてもオオムラサキの撮影がしたかったので、かなりの降雨のなか南に向けて出発した。
分水嶺を越えた辺りから部分的に青空は見えるもののいっこうに雨は上がらない。
次回のために場所だけは確認しようと峠道を登っていった。

多分このあたりだろうという場所にヘムレンさんの言われる崩落地を発見。
しばらく待っていたら薄日が射してきた。

a0071470_19332024.jpg


こののり面がすべてエノキだったとしたらなるほど大産地である。
しばらくすると★★★のあたりを多数のオオムラサキが旋回を始め、道路上を横切ると羽ばたきが聞こえるようである。しかし午後で気温も高く、曇り空のためただの一頭も降りてきてはくれなかった。

仕方がないので、ハヤシ、ウラジロが発生しているというカシワの林を見に行った。
オオムラサキはこのあたりにも飛んではいるが、樹液が出ている場所もなく、とうてい届く範囲には降りてこない。ミズイロオナガ、ミヤマカラスシジミがなんとか撮影できたのですぐ近くに止めてある車に向かって砂利道を歩いていた。

いまいちのデキで、モニターを見ながらぶつぶついって歩いていると、なにか黒いものを踏んづけそうになった。びっくりしたらなんと足下に新鮮な雄が旋回しているではないか。身体を堅くしてじっとしていると、足下に止まって吸水を始めた。
a0071470_19454028.jpg

a0071470_1946228.jpg

a0071470_1946211.jpg

空からはポツポツと雨粒が落ちてきて、すっかり暗くなりなかなかピントが合わない。
羽の表面をなんとか撮影しようとタイミングを合わせるのだがどうしてもうまくいかない。
いらいらしているうちに飛んでいってしまった。

a0071470_19472538.jpg

一応ワイドも撮ってみたがいまいち。この連休晴れたらぜひとも再挑戦したいものだ。

さて、じつは昨日ちょっとだけ雨が上がったので、メスグロでストロボの練習をしてみた。アザミにメスグロヒョウモンはお気に入りのモチーフ。できればもう少しきれが欲しかった。
a0071470_19535034.jpg

a0071470_19541180.jpg
a0071470_19542256.jpg

a0071470_19544196.jpg

a0071470_1955017.jpg

by kmkurobe | 2006-07-13 19:31 | | Comments(15)
Commented by ヘムレン at 2006-07-13 20:47 x
行ってこられたんですね。そんな状態になっているとは・・のり面の所にエノキの大木が並んでいたんです。。しかも道の両側に・・う〜ん。。山全体にエノキが多いので、絶滅はしないにしても、観察しにくくなってしまいましたね。残念きわまりないです。でも、他の場所でキレイに撮られてよかったです。吸水に来るのはキレイな個体が多いのはオオムラサキも一緒ですね。ミヤマカラスシジミやメスグロヒョウモンが多いのもこのあたりの特徴ですね。たいした情報にならなくて、申し訳ありませんでした。
Commented by kmkurobe at 2006-07-13 21:09
いえいえ、ヘムレンさん本当に丁寧なアドバイスありがとうございました。
*坂村のホームページ参考になりました。こんどはじっくりとカシワの林を捜してみたいものです。
オオムラサキは犀川のすぐ隣にある造成中の団地で撮影できました。
**城址というのがすぐ上にあるので次回登ってみようかと思います。
Commented by 愛野緑 at 2006-07-13 22:15 x
完品の♂でとても綺麗です。
後翅の赤紋も綺麗に出ていてよいですね。
Commented at 2006-07-13 23:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kmkurobe at 2006-07-13 23:32
その手書きの素晴らしいパンフ、PDFになっておりHPからゲットできました。いやー、どなたの作かわかりませんがいいできですね。
http://www.village.ikusaka.nagano.jp/syougai_gakkusyu/syougaigakusyuu.htm
がそのアドレスです。
やはりあのカシワ林ですか、やはり次回トライですねこれは・・・・・
帰りは大峰経由で帰ってきましたが、雨の中でした。
Commented by kmkurobe at 2006-07-13 23:35
愛野緑 さんどうも。イイチャンスだったんですが、曇って暗かったのでオートフォーカスがうまく操作できずにいらいらしていました。
Ⅰ枚目はいろいろ操作してやっとの写真で、とてもプリントできるようなものにはなりませんでした。
雌を含めてもういちど挑戦です。
Commented by brue-nile at 2006-07-14 02:18
こんばんは、
嬉しいコメントを頂きまして、
本当にありがとうございました。

美しいお写真の数々に息を呑みました…、
思わず溜め息が出るほど綺麗です!

素晴らしいお写真を拝見出来、
感激いたしました…ありがとうございます。

興味が尽きませんので、
またお邪魔したいと思います。

Commented by chochoensis at 2006-07-14 07:32
オオムラサキの吸水、綺麗に撮影されていて、素晴らしいです。
環境も次第に変わっていくのでしょうが、良き自然が残されますように。
Commented by maeda at 2006-07-14 08:54 x
オオムラがいい感じで写っています。
私はすべてをオートで撮っています(目が良くない)が、フォーカスポイントを決めていますので多少暗くてもフォーカスで困ることは余りありません。もし可能でしたら一度お試しください。すでにやられていたらごめんなさい。
フラッシュの使い方も難しいですね。私はほとんど経験ありませんが、軽く使うと良いと聞いています。私がすると背景は完全に真っ黒になってしまいます。
Commented by ヘムレン at 2006-07-14 12:32 x
このPDFにも載っているんですが、1枚だけの資料(多分、講習会かなんかで使ったもの)が別にあるんです。そのほうが、より細かくてわかりやすかったんですが・・。絵は同じ方が書いていると思うんですがね。
これを見ると、地元を大切にしている感じがよく伝わってきます。自然や文化財保護・・安曇野のようなところでは実践してほしいですね。
Commented by kmkurobe at 2006-07-14 18:20
chochoensisさんコメントありがとうございます。
田舎に住んでいると確かに環境は変わっています。
ただ昔と違って共存できる場合もあります。虫の住めないような荒れた山林は結局人間にとっても良くないはずですから。
こちらでも春先にはまるで山火事のように花粉が舞っています。
Commented by kmkurobe at 2006-07-14 18:22
maeda さんどうもです。どうやらあまりの湿度の高さにオートフォーカスのウインドーが曇っていたようです。
気が付いていれば。残念でした。

フラッシュはティッシュをかぶせたり指で押さえたりして撮ってます。
Commented by kmkurobe at 2006-07-14 18:24
ヘムレンさんそうなんですか。白馬村でもぜひこうしたことを実行してほしいものです。
本当に豊かな自然があるのに、民間や個人にばかり任せているのは残念です。
Commented by kenken at 2006-07-16 14:48 x
へぇ~、こんななんでもなさそうなところをオオムラサキが旋回、吸水しているんですかぁ。広角写真が決まっていますね。
メスグロも黒が上手く表現できていますね。ストロボのティッシュ作戦、私も昨日試してみて、まあまあ上手くいきました。
Commented by kmkurobe at 2006-07-16 19:32
kenkenさんコメントありがとうございます。私も何でと思われるなんということもない林道なのですがあら不思議、上空を見上げるとものすごい数のオオムラサキが飛び交っていました。
ヘムレンさんが以前テングチョウのようにものすごい数が吸水していたとコメントされていましたが、再挑戦したいと思っています。
もともとこの犀川流域は数が多いようですね。
<< 雨降りのネタその弐-本日のお題... 雨の日のネタその壱 >>