30年ぶりのミヤマモンキチョウ-群馬県嬬恋村

正確に言えばここのミヤマモンキは初めてだ。ここではベニヒカゲの時期にやってきた。1975年の規制以前に双六岳にミヤマモンキに会いに行って以来である。
ミヤマシロにいたっては1972年の三城牧場以来である。

蝶と里山の浪漫紀行のFさん。そしてダンダラさんと偶然同じ場所にでかけることになった。
白馬を6時過ぎに出る。久しぶりに朝日がまぶしい。
天気予報はまあまあだったが上信越道に入ると小雨がぱらついている。

これはだめかなと思いながら峠に向かって車を走らせる。峠近くになると雲が゛切れ、群馬県側が遠くまで見渡せる。

駐車場にはFさんが待っていてくれた。なんでもダンダラさんはもう頂上近くにいるという。

あまり天気は良くないが、コヒョウモン、クジャクが飛んでいる。

放牧地に入るといきなりミヤマシロが飛んできた。羽の付け根の山吹色が美しい。Fさんが先に撮影しているうちに思いがけない早さで飛び去ってしまった。
私の感覚ではミヤマシロはエゾシロと同じようにあまり飛び回らないと思っていたのだか・・・・

やはり気候のせいなのか、今日はすべての蝶がが活動的でなかなか止まってくれなかった。

シャクナゲの群落が増えてくると、そこここにミヤマモンキが飛んでいる。
フウロソウに止まったのをなんとか一枚撮影できた。

しかし結構数が飛んでいる。雌はまだまだ新鮮である。
a0071470_1939453.jpg

頂上から東側のクロマメノキの群落がある鞍部にダンダラさんご夫妻が撮影されていた。
a0071470_19383977.jpg

早速私も撮影をはじめる。求愛も産卵もあちらこちらで観察できたのだが、とにかく止まってくれない。本当に1-2秒の勝負なので、旧式のオートフォーカスがついていかない。やはりここはデジイチに乗り換える時期に来たかな・・・・・・まだ市場に在庫がある旧型のαミノルタかソニーαか?・・・・・・やっぱり買っちゃおうかな・・・・・

a0071470_19402611.jpg

北側のピークまで足をのばすという、お三方とお別れして少しだけ粘ってみる。

a0071470_19414243.jpg

なんとか一回だけアップのチャンスがあったのだが、フウロソウに止まっても風に揺られていまいち納得できない・・・・

a0071470_19405292.jpg

a0071470_19411772.jpg

午後に予定があるのでミヤマシロを狙って下山を開始する。なんどか飛んでいる個体は見つけたのだが、まるでパルナシウスのように滑空してとても撮影できなかった。

これは来年新しいカメラを持って再挑戦するしかないですね。

それにしても私よりかなり年長の方々のお元気なこと・・・・鍛え直してまた出直そう。

以下副産物として撮影できた種類。
a0071470_1942340.jpg

a0071470_19422776.jpg


それにしてもお二人の写真のできばえが待ち遠しい。

ダンダラさんFさん私のデキはトホホになってしまいましたよ。
by kmkurobe | 2006-07-30 19:47 | | Comments(21)
Commented by nomusan at 2006-07-30 20:30 x
ミヤマモンキ、私にとっては涙が出るほど懐かしい蝶です。と言っても遠~い昔に2回ほどしか見たことないんですけどね・・・・。ひたすら飛び回るのを追いかけて、とまった所は見た記憶がありません。もう一度、ゆっくり見てみたいものです。
Commented by 蝶と里山・・・・ at 2006-07-30 20:37 x
お疲れさまでした。楽しい休日を過ごすことが出来ありがとうございました。次の山に向かう途中でミヤマシロが沢山飛んでいました。運良く交尾も撮れました。ピンがイマイチあまいものばかりです。でも、新鮮な個体を撮られてよかったですね。
Commented by kmkurobe at 2006-07-30 20:40
nomusanどうも。私もミヤマモンキはやたら飛び回るイメージがありましたね。まあネットとカメラでは違いますが。
しかしミヤマシロがあんなに飛び回るとは・・・・・
すぐ止まるはずだったんですけどね。

それにしてもきょうはすべての種類が忙しすぎました。
Commented by kmkurobe at 2006-07-30 20:52
あらら・・・・
でも情けないけど体力はもう目一杯でしたね。来年の目標にいたします。
それにしても交尾とはいいですね・・・・
Commented by ヘムレン at 2006-07-30 21:49 x
お疲れさまでした。いいなあ。。私も体力には自信ないです。ですから、一番のウイークポイントは高山蝶。。ベニヒカゲ程度ならいいのですが・・ミヤマモンキは一度、池の平ですれ違ったことしかないんです。。ゆっくり見てみたい蝶です。。うらやましいです。。
Commented by maeda at 2006-07-31 06:29 x
私はミヤマモンキには会ったこと有りません。
当分機会はなさそうですが、いつかは撮りたい蝶ですね。
なかなか静止してくれない蝶には飛翔写真が最適です。
とりあえず証拠として残せますよ。
Commented by kmkurobe at 2006-07-31 08:20
ヘムレンさんどうもです。私も体力に全く自信がありません。北アルプス稜線はとても無理です。でもここなら小学校の登山(ハイキング)が大勢きておりました。来年行きましょう。
Commented by kmkurobe at 2006-07-31 08:23
maeda さんどうもです。
はい、来年に向けてα-ミノルタ-ソニー系のデジイチを買おうかと思っていてます。ジョウザンの乱舞など悔しい思いをしていましたから。
Commented by chochoensis at 2006-07-31 18:18 x
kmkurobeさん、ミヤマモンキチョウ、綺麗な写真が未だ撮影できていません・・・羨ましいです。来年にはいってみたいな・・・。
ミヤマシロチョウに至っては、何十年も会っていません・・・。
Commented at 2006-07-31 20:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ダンダラ at 2006-07-31 21:26 x
昨日はお疲れ様でした。
また色々お話を聞かせていただきありがとうございます。
写真が撮れないとおっしゃってましたが、きちんと撮影されてますね。
私よりもかなり年下なんですか。
Commented by kenken at 2006-07-31 22:13 x
ミヤマモンキ、いいじゃ~ないですかっ!決してトホホな画像ではないと思います。
草原の風景もいいですねぇ。私も撮りにいきたいなぁ~
Commented by kmkurobe at 2006-07-31 22:27
chochoensisさんコメントありがとうゴザイマス。
白馬からちょうど片道100㎞です。ぜひ来年は皆さんで撮影会しましょう。
Commented by kmkurobe at 2006-07-31 22:30
ヘムレンさんどうも。もともとα-7800からのファンなので328を始め交換レンズがそこそこあるので、ミノルタのデジイチをねらっていました。
出たと思ったらとたんに会社が×・・・・・・
とりあえずボディ欲しいんですよ。
Commented by kmkurobe at 2006-07-31 22:33
ダンダラ さん本当にありがとうございました。私は195×年生まれです。多分私が小学校に入学したとき、貴兄は中学生ではないかと・・・・

オハズカシイ写真ですが、とにかくばてました。
なんとか白馬の所用には間に合いました。しかしミヤマシロの交尾見たかったです。
Commented by kmkurobe at 2006-07-31 22:35
kenken さんどうもありがとうゴザイマス。同行されたダンダラさんの写真を見るにつけ、未熟さを感じます。

でもミヤマモンキよかったですよ・・・・昔と一緒でした。
あのピンクの縁取りはヤッパ最高。
Commented by furu at 2006-07-31 23:09 x
去年初めて行ったあの高原の爽やかな空気を思い出します。
私も絶滅の危惧される“デジイチ持ってない派”です。カメラ屋でさわってみたソニーα、意外と良さそうでした。
Commented by kmkurobe at 2006-08-01 20:15
furu どうもです。解像度には満足しているのですが、シャッタースピードが遅いのと連射が効かないのは致命的ではありますが。すべてこれで撮っています。でも焼くとなるとA4がいっぱいですからね。
ネットならこれでいいのですけどね。

やっぱり買おうかな・・・・
Commented by banyan10 at 2006-08-01 21:27
僕も一眼デジを買った最大の理由はチャンスを逃がしたくないということでした。(^^;
ミヤマシロはもう1方の稜線近くが多いですよ。吸蜜個体ならゆっくり撮影できるはずです。
ミヤマモンキの方が条件次第ですが吸蜜時間も短い気がしますが、結構チャンスあったようですね。
Commented by thecla at 2006-08-03 23:19 x
やっぱりミヤマモンキのピンクの縁取りは、はっとするほど綺麗ですね。
昨年ピンクの綺麗なのが撮りたくて2回も通ってしまいました。
時期と時間にもよるのですが、2回目に行ったときには吸蜜時間が長く感じられました、それでも一回の吸蜜でシャッターチャンスが限られてしまいますね。
新鮮な個体の方が、吸蜜時間が長いような気がするのは気のせいでしょうか。
Commented by Sarah at 2006-09-11 22:26 x
Thank you!
<a href="http://eepfuayc.com/dcit/ngdo.html">My homepage</a> | <a href="http://qzbhxdrw.com/qdcc/xrrx.html">Please visit</a>
<< 山ゴマ ハッチョウトンボの湿原 >>