アオゲラ・付アップできなかった写真。本日はギフチョウ

今日はめずらしく、リスの訪問が遅くなり私の出勤時間にはまだ餌がたっぷり残っていた。
しかし昼休みに覗いてみるとすっかり無くなっていたので、遅い出勤だったのだろう。

きょうのお昼にまたまたアオゲラの来訪があった。しかも「ご神木」でドラミングをしている。
スタンバイして待てど暮らせど、コンコンコンとかすかに音がするが、なかなか見えるところにでてきてくれない。
突然幹を登りはじめるとあっというまに、小枝のなかに紛れ込んでしまった。
いやいや惜しい惜しい。明日こそなんとかしたいものである。
a0071470_19504838.jpg

一応証拠写真はゲットした。やはり昨日の雄のようだ。

ネタがないので掲載できなかった写真を並べてみた。

本日はギフチョウ・ヒメギフチョウ。すべて村内というか2㎞以内の撮影である。
a0071470_19512248.jpg

春先雪が解けるとわが家の庭は「雪割草」で満開になる。この淡い色彩が好きで、いろいろなタイプを植えてみた。4-5年で自然に増殖し、いろいろな交配種が見られるようになった。いまでは「ミヤマアオイ」と勢力争いをしている。
a0071470_19514126.jpg

昨日の産卵シーンと同日の撮影を数枚。羽化直後の個体も時々見られる。ただこの産卵は以上に早い時期に行われた。

a0071470_200634.jpg

a0071470_19524475.jpg

a0071470_19532414.jpg

a0071470_19535192.jpg


続いてご近所で撮った写真。
a0071470_19554688.jpg

a0071470_1956656.jpg

a0071470_19563664.jpg


昨年まではなかなかチャンスが生かせなかったが、今年はデジイチの威力を存分にいかしたいものだ。

これはヒメギフの産卵、なぜかのんびりしているので私はヒメギフの方がいい写真に恵まれてきた気がする。
a0071470_19565462.jpg

最後に3月27日みそらの野産バンド。家の周りは積雪1メートル。どうやら家の中で蛹化した個体のようで、久々の再開は思わぬ形で実現した・・・・
a0071470_195787.jpg

さて明日はなんにしましょうか・・・・・
by kmkurobe | 2007-01-19 20:02 | | Comments(12)
Commented by maeda@仕事 at 2007-01-19 21:08 x
毎日、良い絵が続きますね。
ギフが庭先や近所で撮れるとは良い環境です。
背景に建物が写ったギフの絵はいかにも里山らしく、私も撮りたい絵です。
Commented by ヘムレン at 2007-01-19 21:26 x
こんにちは。ギフチョウ~~~!みそらの産!!う~ん、今年は行きたいです。なつかしい!雪割草・・・きれいですよね。。とびっきり好きな風景です。
バンドの写真が撮りたい!やっぱり、やっぱり安曇はいいです!(^^)
Commented by ダンダラ at 2007-01-19 23:56 x
ヒメギフチョウ産卵の上のギフはバンドみたいに見えるんですが、違うんでしょうか。
今年はバンドにお目にかかりたいものです。
Commented by nomusan at 2007-01-20 02:46 x
う~む。やっぱりギフ・ヒメギフはエエですなぁ~・・・。雪割草も綺麗です。ダンダラさんご指摘の個体は私にもバンドのように見えますね~。みそら野、いつかまた行きたいものです。
アオゲラも期待してます~(笑)。
Commented by kmkurobe at 2007-01-20 08:14
maedaさんありがとうございます。
最初は
月に1-2度しか飛んでこなかったギフチョウですが、やはり鮭の稚魚放流のように、産み付けられたもの採卵して4齢まで育てていました。
ここ数年はカンアオイが丸坊主になってしまうので、中断していますが、カンアオイの株を増やせば吸蜜植物も多いのでまだまだ個体数は増やせると思いますが。この辺りの庭はみなカンアオイが残してあり産卵に訪れることが多いようです。
Commented by kmkurobe at 2007-01-20 08:17
ヘムレンさんどうもです。今年は多分ゴールデンウイーク上旬が両種ともに最盛期の様な気がします。

雪割草は本当に雪が解けると10日もしないうちに咲き出すものですね。
Commented by kmkurobe at 2007-01-20 08:19
ダンダラ さん私もそうだと思います。バンドも表面はいかにもというものと、中間型の様なものまでいろいろですね。
雌の赤上がりのバンドは本当にきれいですね。
実家に残してある初めて採集した1972年の標本は宝物です。
Commented by kmkurobe at 2007-01-20 08:22
nomusan どうも是非再訪してください。
わたしも昨年福岡まで松本から往復しましたが、朝白馬を出れば午後早い時間に福岡に着いてしまいます。
Commented by cactuss at 2007-01-20 10:21
再掲載に気付くのが遅れて申し訳ありません。今年もよろしくお願いします。イエローバンドははいいですね。蝶が浮き上がっている様で、小生も一度は撮影したいと思っています。
Commented by banyan10 at 2007-01-20 14:18
新潟方面へギフチョウを撮影に行くときの楽しみの1つがミスミソウです。そちらでも自生している場所もあるのでしょうか?
それにしても素晴らしい庭ですねえ。
Commented by kmkurobe at 2007-01-20 19:56
cactussさんどうもです。バンドは地域そしてとしによって発生に村があるみたいです。70年代のように個体数が多い時代は1-2割混じっていたのですが。
Commented by kmkurobe at 2007-01-20 19:59
banyan10 さん小谷村に自生地はありますが、白の一重だけです。
白馬村では最近は聞きません。
やはり北陸道周辺のギフチョウ産地がベストでしょう。
糸魚川近くでは見られますが、ギフチョウよりやや開花時期は早いようです。
<< 「蔵出し」です。まずはギフチョウ! 今日のリスはちょっといいかも・... >>