「蔵出し」ウラジロミドリシジミ!

今日の「蔵出し」ウラジロミドリ

私がたまたま引っ越してきたみそら野でも、標高の低いところでカシワとコナラが多い。はぜかけにも使われているように、農作業を介しても大切にされてきたようだ。
a0071470_2034997.jpg

引っ越してきたある日見慣れぬ小型のゼフの雌が庭先に止まった。
初めて見たウラジロはずいぶん小さく感じられた。

翌春アサマシジミの撮影のため近くの林を歩いていた。出勤の途中であまり時間がなく、アサマの姿も見えないのでそうそうに引き上げようとしたら、なにやら小型のゼフが下草に止まっていた。初めてであったウラジロの雄はたった10分だったが、一生の思い出に残る時間を与えてくれた。
a0071470_20345467.jpg

以下の写真はその10分に撮影できた写真。
a0071470_20331048.jpg

a0071470_20334033.jpg

後日ゼフィルスの森の栗田氏に写真を送ってお尋ねしたところ、長野県では本当に局地的な分布だとのこと。

a0071470_20355272.jpg

a0071470_20352711.jpg

この小さな林は今は雪の中。背後に白馬三山が見える。薄っぺらな林にはギフチョウをはじめ、アサマもギンイチもフタスジも毎年姿を見せてくれる。
a0071470_2036816.jpg

今年も会えるといいな・・・・・
by kmkurobe | 2007-01-23 20:37 | | Comments(8)
Commented by banyan10 at 2007-01-23 21:28
ウラジロミドリいいですね。
確実に見れるなら飛んで行きたいところです。(^^;
豊かな自然の中で暮らす御褒美なのでしょうね。
Commented by maeda at 2007-01-23 21:31 x
こちらでは通勤途中に見られる普通のゼフですが、長野では珍しいのですね。
早朝だと開翅することが多いようです。
こちらの時間でAM5時半くらいが良いようです。
Commented by cactuss at 2007-01-23 21:46
庭にウラジロミドリやギフチョウが飛んでくるなんて、すばらしいところですね。好撮影地の真ん中に家がある感じですね。うらやましい。
Commented by kmkurobe at 2007-01-23 22:02
banyan10さん多分もつと確実なポイントがあると思うのですよ。
ことしはガンバッテ捜してみます。
Commented by kmkurobe at 2007-01-23 22:05
maedaさんそうなんです。群馬あたりまでいけばいるのですが、全県的にハヤシは多いのですがウラジロは10個所程度だということです。
カシワといえば遠軽からサロマ湖にかけて、背の低い一面のカシワの林にハヤシミドリやアカシジミがたくさん飛んでいたのを思い出します。
Commented by kmkurobe at 2007-01-23 22:08
cactussさんどうもです。まさにその通りの環境なのですが、ちょっとした変化でも蝶の数は影響を受けるようですね。昨年は夏場ブナ類の新芽がボロボロと枯れ落ちました。今年のゼフの発生はどうなんでしょうか?
Commented by chochoensis at 2007-01-25 08:20
kmkurobeさん、「ウラジロ」未だ撮影できていないので羨ましいです。こんなに素敵な自然のある場所にお住まいなのは、すばらしいですね。写真が綺麗なので見ごたえ充分に鑑賞させてもらいました、ありがとう。
Commented by kmkurobe at 2007-01-25 21:25
なんとか確実に撮影できるポイントを今年こそ見つけようと思っています。
<< 「蔵出し」本日はアサマシジミ! 「蔵出し」第2弾!ヒメギフチョウ >>