「蔵出し」ミヤマシジミ!

発生地の個体数は多い。
まずは吸水写真。
a0071470_19291230.jpg

a0071470_19284151.jpg
川の両岸に食草も密生している。ただこの蝶も人為的な作業で細々と維持されているようだ。
とにかく何一つ遮るものがない、乾燥した場所を好むようで、ブッシュがのびて湿度が上がると、コマツナギは生えていても全く姿を見せなくなってしまう。
a0071470_1932458.jpg

写真のポイントは土木作業のために、一時的に駐車場にしたり雪を捨てるための場所になったりしたため、この蝶にとっては適切な環境に維持されているようだ。

撮影するときには明るすぎて扁平な画像になってしまうきらいがある。
交尾は一度しか観察したことがない。この写真は10月のはじめぼろぼろではあるが貴重な一枚である。
a0071470_19301737.jpg

第一化は5月下旬から暖かい年は10月の半ば過ぎまで飛んでいる。
a0071470_19305666.jpg

a0071470_19311568.jpg

a0071470_19332752.jpg


a0071470_19314419.jpg

これは産卵。なんでも越冬直前と、そうでないときと産卵する部位が違うとのことだが確かめてみたいものだ。
a0071470_19321120.jpg

このヤマハハコの写真は特に好きだ。なんとか今年は雄も撮影してみたい。
by kmkurobe | 2007-01-26 19:34 | | Comments(14)
Commented by 霧島緑 at 2007-01-26 22:12 x
こんなに様々な生態シーンを撮影され、羨ましいですね。
ミヤマシジミは雌雄とも深い色合いが気に入っています。ところが一度にせいぜい3.4頭ほどが翔ぶ場面にしか出くわしたことがなく、中々良いシャッターチャンスに恵まれません。
安曇野の環境はやっぱり素晴らしいですね。
Commented by ダンダラ at 2007-01-26 23:35 x
ミヤマシジミは埼玉ではほとんど絶滅で、山梨でも以前たくさん見かけた場所では見なくなってしまいました。
昨年は、関東・関西勢の合同撮影会でたくさんのミヤマシジミにお目にかかりましたが、確かに何も遮るもののない環境でした。
♂のブルーの翅表がきれいですね。
Commented by thecla at 2007-01-27 15:12 x
神奈川ではミヤマシジミは見られなくなってしまいましたが、信州まで出かけるとまだ個体数が多いですね。
少し、青鱗がのった雌の渋い美しさが好きです。最後の雌は、少し青鱗がのっているようですね。
Commented by ヘムレン at 2007-01-27 21:18 x
ミヤマシジミ。。いいですよね。。はじめてであったのが、岩岳でした。その後、鹿島、高瀬と見てきましたが、ヤマハハコやカワラハハコにとまってるの、いいですねえ~。撮りたいです(^^)
Commented by kenken at 2007-01-27 23:33 x
むむっ、今度はミヤマですね。これまた渋い。
♂の開翅画像、翅表の色が素晴らしくよく表現されていますね。
コイツ、光り方がキツイのでなかなかうまく撮れません。これはやや曇り気味のお天気のもとでの撮影でしょうか。
Commented by chochoensis at 2007-01-28 08:08 x
kmkurobeさん、ミヤマシジミ、綺麗に撮影されていますね・・・自宅周辺でも地元の自然保護協会が数年前から野焼きなどをして環境保全しようとしているようですが、昨年も見つからなかったので、絶滅してしまったのかもしれません・・・。安曇野の自然が羨ましいです。素敵な写真ありがとう。
Commented by yousui-nobidome at 2007-01-28 22:29
 こんばんは。
 イヤ~、凄いですね。私も蝶の写真をとるのですが、シジミチョウは小さくてファインダーで捉えるのが難しい蝶です。これだけバッチリと捉えるのは、さぞやご苦心なされたのでしょう? 拍手拍手です。
Commented by kmkurobe at 2007-01-29 22:01
霧島緑さんお返事遅れてすみません。しばらく出ておりましたので今日より復活です。
多分安曇野でもこの蝶は局所的ではありますが個体数は多いようです。
ただおなじ長野でも千曲川流域はほとんど姿が見られなくなったようです。
Commented by kmkurobe at 2007-01-29 22:02
ダンダラ さんどうもです6月過ぎればだいたい10月まで姿が見られるので、今度白馬にお見えになった節はご案内いたしますよ。
Commented by kmkurobe at 2007-01-29 22:03
thecla さん秋口には青色の鱗粉が乗ると聞きましたが、せいぜいこのあたりでは写真の個体程度のようです。
長野でも局部的だと思います。
Commented by kmkurobe at 2007-01-29 22:05
ヘムレンさん岩岳は初めて聞きました。どの辺なのでしょうね。興味があります。また非公開コメントで教えてください。・・・・・・・ヨロシク
Commented by kmkurobe at 2007-01-29 22:06
kenken さんその通りです。やはり光り物は曇りがいいような気がします。ブルー系は黒ずんで写ってしまうような気がします。
Commented by kmkurobe at 2007-01-29 22:09
yousui-nobidomeさん私は古いコンデジで撮っています。ほとんど5センチ位寄ってます。逃げませんよ・・・・
Commented by kmkurobe at 2007-01-29 22:10
chochoensis さんどうもです。野焼きがミヤマシジミに効果があるかどうかわかりませんが、すこしでもブッシュが茂ると食草はあってもいなくなります。意外に駐車場のコンクリートの隙間に生えたコマツナギに結構幼虫います。
<< 「蔵出し」ヒメシジミ! アオゲラ-今日のはちょっといいよ! >>