第2稿は青い奴です。

この種類の交尾なかなかいい写真が撮れませんでした。たいてい雄がボロでした。
今回のは発生初期ということもあってなかなかです・・・・・・
カメラはいつも持っていなくては・・・・・・いーねーこれ。
では300ミリから。
a0071470_2205814.jpg
a0071470_2214576.jpg
a0071470_2215890.jpg

広角もなかなかですよ。
a0071470_2222443.jpg
a0071470_223836.jpg
a0071470_2233379.jpg

順光と逆光ではずいぶん感じが違うものですね。
今日の飛び入りのモデルはえーでしょう・・・・・
by kmkurobe | 2007-06-04 22:07 | | Comments(6)
Commented by thecla at 2007-06-04 23:26 x
おっ一番乗りかな。
青空が広がる交尾画像素晴らしい。綺麗な個体同士の交尾はやっぱりええですね~。
Commented by 虫林 at 2007-06-05 18:35 x
いいなあ。ミヤマシジミ-----。
実は甲府市内のミヤマシジミの生息地の川原が、開発を受けてしまい。先日、見に行ったところ、植樹は根こそぎ無くなり、もちろん成虫も飛んでいませんでした。小生の知る唯一のミヤマシジミポイントなので、がっかりして帰ってきたところです。素晴らしい生息地を大事にしてくださいね!
Commented by banyan10 at 2007-06-05 18:47
ミヤマシジミの交尾は未撮影です。
どれも綺麗で羨ましいですが、ボロでも撮影したいです。(笑)
Commented by kmkurobe at 2007-06-05 19:31
theclaさんやはり発生数日後が一番いいのではないかと思います。
ミヤマシジミの交尾は秋口はなぜか雄が飛び古した個体が多いようです。
Commented by kmkurobe at 2007-06-05 19:32
虫林さんここはずっと発生していますから、こちらにお見えの節はご案内しますよ。
Commented by kmkurobe at 2007-06-05 19:33
banyan10さん私もボロを含めて3回目の経験です。ヒメシジミはやたらいつでも交尾しているように感じますが・・・・・
アサマも年2-3回出会う位だと思います。
<< ヒメシジミも発生する 東御市での撮影会の写真です。他... >>