GX-100本日の課題はコヒョウモン

前日紹介できなかったα-100TAMRON 70-300㎜のアップ画像。こちらもなかなか捨てがたい色がでた。
a0071470_183327100.jpg
a0071470_1833441.jpg
a0071470_18335554.jpg
a0071470_1834993.jpg
a0071470_18342012.jpg

さてネタを探しにいつもの場所へ・・・・今日も撮影日よりである。
GX-100でアサマシジミに挑戦。
a0071470_18355694.jpg
a0071470_18361278.jpg
a0071470_18364249.jpg

ヒメシジミの交尾も
a0071470_18372193.jpg

a0071470_1838848.jpg

さてお昼休みにちょっと違う渓流沿いの空き地に出かけた。
羽化したばかりのコヒョウモンがいた。
何とか裏面を写し込んでみたい。
a0071470_18395393.jpg
a0071470_18401446.jpg
a0071470_1840434.jpg

表もドアップで・・・・・
a0071470_18411928.jpg

今日はアカシジミも初見できた。そろそろ夏が見えてきた。一雨欲しいな・・・・・
by kmkurobe | 2007-06-19 18:42 | | Comments(18)
Commented by cactuss at 2007-06-19 21:05
毎日、精力的に撮影されていますね。
家の近くにいい撮影ポイントがあって、うらやましいです。
コヒョウモンの開翅裏面もなかなかいいですね。
Commented by 蝶と里山の浪漫紀行 at 2007-06-19 21:06 x
ヒョウモン、コヒョウモンの区別はとても難儀です。あこがれのヒョウモンさまで宮城では見られなく信州に戻っての楽しみの一つです。裏面がとても綺麗で絵になります。クガイソとヒメ、クガイソウとコヒョウモン、早く撮りに行きたいですね。黒菱辺りで不帰をバックに撮りたいですね。
Commented by usubasiro2 at 2007-06-19 21:40
近場にアサマのポイントがあるのは羨ましい限りです。自分も撮影に行きましたが、かなり移動してやっと撮影した感じなので・・・・
しかも上からの翅を開いている姿はまだ撮影していないので羨ましいです。
Commented by banyan10 at 2007-06-19 21:55
コヒョウモンも昼休みに行ける場所で見れるのですか。
ヒョウモンよりも少ないので、ワンランク上の印象がありますね。
Commented at 2007-06-19 22:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-06-19 22:04
アサマの♂素敵ですね。ミヤマとかヒメにはない侘び寂びがあります。未撮影種ですので特にそう感じるのかもしれませんが。私も、ヒョウモンとコヒョウモンの違い自信がありません。御教授宜しくです。
Commented by nomusan at 2007-06-19 22:23 x
もう毎日ため息ばかりです。ここまで大好きで、綺麗で、しかも九州にはいない蝶ばかり出てくると・・・・。う~ん、極めて個人的な好みですが・・・ブルー御三家、強いて言えば私はアサマが一番好きかな~・・・。
コヒョウモンもよだれがでそうですよ~・・・(笑)。
Commented by kmkurobe at 2007-06-19 22:30
cactussさんどうもです。ここはアサマのポイントから1㎞ほど離れた渓流沿いです。ヒメシジミは多数いましたが、アサマはいませんでした。
たまたま1頭だけまだ飛べない個体が止まってました。
昼休みにとても往復できない所まで、撮影に行くつもりだったので、ラッキーでした。
Commented by kmkurobe at 2007-06-19 22:31
Fさんこの蝶沢沿いに多いような・・・・・お得意の五竜のポイントに飛んでますよ。今日アカシジミが飛んでいました。いよいよです。
Commented by kmkurobe at 2007-06-19 22:32
usubasiro2さんアサマは発生地が本当に狭くて同じ環境でもなかなか増えてくれません。ここもせいぜい50メートル四方で食草は30株くらいでしょうか・・・・・・大切にしたいものです。
Commented by kmkurobe at 2007-06-19 22:34
banyan10さんコヒョウモンは食草の関係で高層湿原や沢沿いに多いようですね。8月近くになると八方の上に沢山飛んでいます。
Commented by kmkurobe at 2007-06-19 22:35
maedaさんどうもです。多分近いと思います。そこまで20㎞は離れていません。標高はやや高いですが、食草、環境は同じだと思います。
Commented by kmkurobe at 2007-06-19 22:41
6422j-nozomu2さんこの種類は遠くに行かないようなので、一度見つけると同じ時期、同じ場所で飛んでいるような気がします。
両種の区別私も自信ありません。なにせ1969年版の図鑑を使ってますから・・・・なんとヒサマツミドリ食草不明となっています。

前翅外縁の丸みがコヒョウモンの方が強く。赤みが強いと書かれておりました。

私メスグロ、ウラギンスジ、オオウラギンスジも比べてみないとよくわかりません。

Commented by kmkurobe at 2007-06-19 22:43
nomusanさんどうもです。こちらには私の好きな、ミカド、もイシガキもおりませんから、同じですよ。
わたしも個人的にはアサマが好きですね。

コヒョウモンを始め小型の裏面がケバイ・・・・種類大好きなんです。
来週あたりコモドキをのぞきに言ってきます。
Commented by fanseab at 2007-06-19 22:53
曇り空をバックにしたコヒョウモン裏面。これもスクエアフォーマットが成功してますね。フムフム、1:1構図のヒントが次第に掴めてきました。有難うございます。
Commented by kmkurobe at 2007-06-19 23:17
fanseabさん過分なるお言葉を頂戴いたしまして恐れ入ります・・・・・
バックの景色で効果がより高まる様な気がします。
しばらくトライしてみます。
Commented by ぽんぽこ at 2007-06-20 01:59 x
以前お書きしたように幼虫を探しにいきましたがオニシモツケの生えている水路沿いの場所がだいぶ減ってきていますね。心配です。
ところで、ヒョウモンとコヒョウモンは雑種が作れます。あっさりとできることから野外での混生地では注意が必要です。 今年も野外での雑種幼虫は確認できませんでしたが飼育下では作出できました。どちらか判断に困る模様をしています。
Commented by kmkurobe at 2007-06-20 05:36 x
ぽんぽこさん大変興味あるお話しをいただきまして有り難うございます。
こんかいの撮影地はどちらも飛んでくる可能性がありますので、今後注意して観察を続けてみます。
<< アサマシジミの交尾 GX-100でアサマシジミ >>