何回目かの「何十年ぶりシリーズ」

予報は晴れ、しかし北部では霧が出るとのことである。案の定5時には明るくなったが深い霧で日照は全くない。
結局家を出たのは7時過ぎ1時間の勝負である。
標高約1000㍍の丘が近づいてくるとともに雲が切れ、薄日か差し始めた。
下見の時に、ススキの葉でひどい目にあったので、レイン・ウエアー上下にネットを被った。
ひどく暑い。その上滑りやすいのですぐに汗だくになった。
とりあえず訪花している個体を捜そうと、ヒメジョオンを見て回っていると、
きれいなアカシジミが止まっていた。まだまだ暗いのと、風が出てきたのでぶれてしまう。GX-100でなんとか撮影。やはりこの赤は独特の美しさがある。
a0071470_17412778.jpg
a0071470_17414072.jpg

キアゲハがしがみついていた。一応撮影して後から見てみたら、なかなかきれいだ・・・・・やはり普通種も気持ちを込めて撮影しないと・・・・・
a0071470_17423796.jpg

a0071470_17425530.jpg

これはヒメキマダラセセリかな?

そうこうしていると、目線の中に、まるでゼフのように絡み合っている2頭のシジミチョウが飛んできた。
a0071470_17432565.jpg


こうしてオオルリシジミ、キマダラモドキにつづき「何十年ぶりシリーズ」がまたオープンすることができた。

記憶の中にまるでデータが無いので新鮮な感じがする。覚えていることと言えば標本にするとやたらと油がにじみ出てきた事ぐらいである。
a0071470_17434898.jpg
a0071470_1744012.jpg
a0071470_17441465.jpg
a0071470_17443268.jpg
a0071470_17444546.jpg

時間が無いのでとにかくやみくもに写しまくった。
お昼休みも、おにぎり片手に出かけては見たが、積乱雲がわき出して、冷たい風が吹き出したので数枚撮影しただけで撤退。
しばらくは撮影するネタができたかな・・・・・
しかしモノトーンの蝶はどうも寂しいので、明日はなんとか吸蜜シーンを採りたい物である。
a0071470_1745658.jpg
a0071470_17451917.jpg

明日も天気になーれ!
by kmkurobe | 2007-06-27 17:45 | | Comments(22)
Commented by 蝶と里山の浪漫紀行 at 2007-06-27 19:06 x
なるほどねぇ~!
確かにモノトーンは何か足りない気がしますが蟻が引き立ててくれるので絵になりますね。
明日は時間制限なしで撮りまくりですか?きっとすごい絵がゲットできるでしょう。楽しみですね。
山ゴマ同様に渋さが気に入りました。
Commented by mtana2 at 2007-06-27 19:54 x
クロシジミも近くにいて、うらやましいことばかり。
モノトーンでも好きです。昔、身近かの雑木林周辺にいたらしいこの蝶、その頃はいるなんて知らなかったことが、今思うと非常に悔しいです。
Commented by cactuss at 2007-06-27 21:45
やりましたね、クロシジミ。すばらしくきれいな画像です。
クロシジミは成虫になってもアリと仲良しなんですね。
何かアリの好きなものを出しているのでしょうか。
Commented by ヘムレン at 2007-06-27 22:24 x
おお~~。。クロシジミ!いいですね~。。安曇野時代に探し回って、結局見ていない種類であります(^^;)
なかなかきれいな個体には会えないようなことも聞きます。見事ですね。すばらしい1頭ではないでしょうか。。(^^)
Commented by chochoensis at 2007-06-27 22:29 x
kmkurobeさん、本当に最近は少なくなりましたね・・・とても綺麗に撮影されていて素晴らしいです・・・おめでとうございます。
Commented by luehdorf at 2007-06-27 23:04 x
あらら…。’69年に龍泉洞でお会いしたっきりです。
翅表の玄妙なブルー、いいですね。
おめでとうございまあす。
Commented by banyan10 at 2007-06-28 01:17
クロシジミはまだ開翅が撮影できていません。
早い時間が狙い目なのでしょうか。
産地が遠いので、今年は行けるか分かりませんが撮影してみたいです。昔は都内にもいたそうなんですが。(^^;
アカシジミここ3年まともに撮影できていません。
Commented by maeda at 2007-06-28 06:15 x
あそこのクロですね。
私は見ることが出来ませんでしたが、家族と出かけていたので、入り口付近の農家の方が庭に成ったブルーベリーを下さって、楽しい思いをしました。
Commented by fanseab at 2007-06-28 07:48
クロシジミ、斜め正面からのポーズ、幻光も伺えて素敵です。
あと、やはり蟻を従えてのシーンはこのシジミならではですね。
Commented by ぽんぽこ山本 at 2007-06-28 21:06 x
あそこのクロはススキに産卵するのかしら?
とんでもなく沢山の卵をまとめて産むので絵になりますよ!蟻にアリマキもグジャグジャいてなかなかグロですが!
Commented by kmkurobe at 2007-06-28 21:07
Fさん実況放送でいらいらさせてゴメンナサイ。
久米路橋ではオオムラサキ、ゴマダラも飛んでいましたよ。
成果はゼロでしたが。
Commented by kmkurobe at 2007-06-28 21:09
mtana2さんどうもです。このチョウ本当に地味ですよね。
多分そんなわけで意識していなかったのは、私も同じです。
気が付けばいなくなっていましたね、近場では・・・・
Commented by kmkurobe at 2007-06-28 21:10
cactussさんやはりいい「丘」でした。やはり雌が羽化するのを待っているので、蟻の巣の近くに集まるのでしょうね。
Commented by kmkurobe at 2007-06-28 21:11
cactussさん昔は安曇野アルプス側には連続して発生していたようですね。きれいな蝶だとは思いませんが、渋さはなかなかなものがありますね。
Commented by kmkurobe at 2007-06-28 21:13
chochoensis さん有り難うございます。昔採集したのは、長野県の南部。そして今回は北部。なにか因縁を感じますね。
Commented by kmkurobe at 2007-06-28 21:14
luehdorf さん有り難うございます。その昔、木曽のキマルリを探しに行ったときに、副産物として出会って以来でした。
Commented by kmkurobe at 2007-06-28 21:16
maeda さん多分そうだと思います。大変綺麗に手入れされた農地の奥に住んでいます。わが家からは20分位なので、しばらくいろいろ調べてみたいと思っています。
Commented by kmkurobe at 2007-06-28 21:17
banyan10さんやはり朝方が開翅することが多いようです。
午後はゴマシジミのように飛んでなかなか止まってくれませんでした。
Commented by kmkurobe at 2007-06-28 21:19
fanseabさん私はシジミはこのポーズが好きですね。
アリは意識して入れてみましたが、なかなか両者にピントを合わせるのが大変でした。
Commented by kmkurobe at 2007-06-28 21:21
ぽんぽこ山本さんどうもです。ススキではないようですね。カシワかキク科のヨモギのような葉とか、いずれにしてもグロテスクな感じですね。
Commented by kenken at 2007-06-30 21:19 x
2枚目のクロシジミ♂のV字開翅はえねなぁ~
私好みで、翅表と翅裏が同時に!
♂の翅表の青紫がうまく表現できています。
なかなかこの色が出ないんですわ。
Commented by kmkurobe at 2007-07-01 18:58
kenken さんおほめいただきまして・・・・貴ブログを拝見して構図は参考にさせていただいてます。
これシジミを撮影するときに活用させていただいております。
<< 久々の休日晴れ-安曇野撮影周遊 季節もの蔵出し-ヒメシジミ斑紋異常 >>