雨のやみ間に-ジョウザンミドリ他

強い雨が降り続いて夜が明けた。犬の散歩にカメラを持って行ったが、まるで用なしである。
8時近くになって幾分明るくなったので、少し早めに家を出て様子を見に行った。
まずはいつもの広場を一周。
メスグロヒョウモンが、オカトラノオやクガイソウに来ていた。やはり曇りの日は一段と映える。
a0071470_18465214.jpg
a0071470_18471433.jpg
a0071470_18472917.jpg
a0071470_18475095.jpg

いろいろな角度から撮ってみた。これはすべてTAMRON70-300㎜で撮影。
ナンテンバギを食草にしているアサマシジミも雌が増えてきた。さすがにかなりでかい。
a0071470_18481390.jpg
a0071470_18482729.jpg

紫陽花のある空き地に着くとやはり1頭もテリを張っていない。周囲を回ってみたがまるで飛んでいない。
諦めかけた頃、イタドリの上に一頭見つけた。
なかなか良い場所に止まってくれない。
まずは300㎜で撮影。角度はいまいちだが、これ1頭しかいないので、贅沢は言えない。
a0071470_1849234.jpg
a0071470_18492252.jpg
a0071470_18493361.jpg

同定のため横位置からも撮影。裏面白帯の内側が外側に比べて濃色であること。そして尾状突起が長いことからジョウザンミドリシジミだと推測できる。
a0071470_1851235.jpg

続いて300㎜と同じ位置からGX-100で撮影。比べてみるとバックのボケがかなり違っているのがわかる。
どちらがいいか、好みの問題だが、今日は300㎜で良い感じに撮影できた気がする。
a0071470_1850511.jpg
a0071470_18501797.jpg

a0071470_18513344.jpg

ただ最後の正面上方からGX-100で撮った構図が、一番発色の雰囲気が出ているように思われる。

午後から日差しが出てきたので、明日の朝どっと発生して欲しいものである。
by kmkurobe | 2007-07-03 18:53 | | Comments(13)
Commented by maeda at 2007-07-03 20:57 x
またまたジョウザンの大群を写す機会があるでしょうか?
昨年の絵が頭から離れません。
Commented by fanseab at 2007-07-03 22:18
正面からのアングルでは、焦点深度の深いGX100に軍配が
上がりそうですね。こんな絵を拝見すると、彼らのキラキラ輝く
姿を撮りたくなります。
Commented by 蝶と里山の浪漫紀行 at 2007-07-04 18:31 x
本格的な梅雨空続き、あすは北信の一部にわずかながら太陽マークが・・・・
 運がいいですね。少し南下すれば午後は撮影出来るかもしれません。
綺麗なオオムラサキが掲載されるのを期待しています。
 でも、ヒメヒカゲのヌケガケはよしましょう。
Commented by banyan10 at 2007-07-04 19:06
メスグロヒョウモンの雌、今年はなぜか見れていません。
オカトラノオとモノトーンの組み合わせがいいですね。
ジョウザン綺麗ですね。他のゼフに比べて低い位置で撮影させてくれるので、じっくり撮影したい蝶ですね。
Commented by cactuss at 2007-07-04 21:20
ジョウザンは先日のと同じ個体でしょうか。その内にたくさん発生して、紫陽花バックのきれいな写真が載るのでしょうね。
でも、近くに好撮影地がたくさんあって、うらやましいです。
Commented by 霧島緑 at 2007-07-04 23:08 x
メスグロの雌の翅は表裏とも粋な美しさがあり、私も好きです。こちらでも近年個体数を増してきたのですが、何故か今年は見かけません。急激に個体数を増すツマグロヒョウモンにスミレが食べられて個体数が減ってしまったのかと心配しています。
いよいよ本格的ゼフ・シーズン到来ですね。煌びやかな美しい写真を期待しています。
Commented by papilabo at 2007-07-05 00:24
メスグロヒョウモンの雌、妖しいようないい色合いですね。
早く私も会ってみたいです。
ジョウザンミドリシジミもまたいい発色ですね。
このコにも早く会いたいです。
角度によって違って見える色というのも魅力的ですね。
Commented by kmkurobe at 2007-07-05 18:04
maeda さん来週当たりご期待ください。段々かずが増えてきました。
Commented by kmkurobe at 2007-07-05 18:05
fanseabさんGX-100の手ぶれ防止はなかなかだと感じます。
枝を引き寄せて片手で撮影したりしていますが、なんとか写ってしまってます。
Commented by kmkurobe at 2007-07-05 18:06
Fさん来週あたりに雌もでるようですよ。ゼフはこれからまだまだ大丈夫のようです。
Commented by kmkurobe at 2007-07-05 18:07
霧島緑さんそうなんですか、長野県も随分ツマグロが進入してきましたね。メスグロはこちらでも随分たくさん見かけるようになりました。
Commented by kmkurobe at 2007-07-05 18:08
papilaboさんやはりゼフは目より低い位置に止まってくれるとたすかりますね。今日から脚立を持っていくことになりました。
Commented by kmkurobe at 2007-07-05 18:10
cactussさんジョウザンこのときは3-4頭いました。これからどんどんと増えていきます。あの林道はずっと上までジョウザンの個体数が多くて、1600メートルあたりでは下旬まで新鮮な個体がみられます。
<< 続・安曇野撮影周遊記-オオムラサキ他 白馬は大雨です・・・・ >>