再びゼフの林道

天気が良いので、なんとか「アイノミドリ」の開翅が撮れないかと、またぞろあの林道に向かった。
すでにFさんがコナラの大木の下で待っていた。
昨日より天気が良いのだが、湿度が低いせいかあれほどたくさんいた、エゾミドリが全く見られない。
撮影できたのはどうやら、一発当たった特異日だったのだろう。

ジョウザンとアイノらしきゼフがあちらこちらで飛んではいるがなかなか降りて来てはくれない。
ウラクロに至ってはまったく姿も見られなかった・・・・・・

仕方がないので、なるべく光る角度で撮影の練習をする。
以下ピカピカに輝いた数枚・・・・・・
a0071470_18201940.jpg
a0071470_18204184.jpg
a0071470_18205993.jpg
a0071470_18211980.jpg
a0071470_18213445.jpg
a0071470_18214884.jpg

こんな感じで撮影している。-モデルはFさんと愛機。
a0071470_18222075.jpg

ちょっといろがグレーっぽい個体がいた。どうやらオオミドリのようだ。
a0071470_18224159.jpg

アカシジミはまだまだ新鮮だった。
a0071470_18225926.jpg

以下昨日撮影した。ゼフ以外の写真。
a0071470_18232217.jpg

まずはミヤマカラスシジミまだまだ個体数は少なかった。
a0071470_18234361.jpg

オオミスジは雌も発生していた。
a0071470_1824411.jpg

これは今回久しぶりに撮影できたミスジチョウの完品。この種類はどうしても傷ができやすいので、この写真はなかなか気に入っている。
a0071470_18241935.jpg

つづいてヒオドシチョウ。白馬は今発生初期であちらこちらに見られるが、こいつは良い感じで開翅してくれた。
オオムラサキはまだまだ少ない。雌が出ていないので樹液にとまっても開翅せずただ吸っているだけ・・・・
a0071470_18245440.jpg
a0071470_1825512.jpg

しかし口吻がずいぶんしっかりしている。

連戦の疲れで腰が張っている、しばらくは雨マークが続くようなので撮影も小休止かな・・・・

でも晴れ間が出たらきっと出かけてしまうのだろう。そろそろミドリシジミとオオヒカゲが出る頃である。
by kmkurobe | 2007-07-09 18:25 | 生態写真 | Comments(12)
Commented by maeda at 2007-07-09 20:37 x
Favの良い色合いがよく出てますね。
ありのままを写せると良いのですが、見た色を表現するのは難しいです。
Commented by ぽんぽこ山本 at 2007-07-09 20:41 x
湿原のオオヒカゲ見ませんでした。 オオミスジメスは蛹でした。
今日の観察です。
Commented by 蝶と里山の浪漫紀行 at 2007-07-09 21:05 x
今日もありがとうございました。
次の次は黒菱平まで登ってみました。途中の林道でのヒメはかすれていました。
平川でコムラサキを撮り戸隠へ、戸隠のヒメもやや終盤かな?意外なものに出遭いました。
次の15日の遠征を楽しみにしています。
Commented by cactuss at 2007-07-09 22:36
ちょっとした違いで、ゼフの数が変わるんですね。
でも、開翅写真、すばらしいですよ。
ほかの蝶もいろいろ撮影されて、成果のあった一日でしたね。
Commented by 虫林 at 2007-07-10 05:18 x
やはりゼフの開翅は何回見ても心が躍りますね。いいなあ~。
白馬ではアカシジミやヒオドシがいまでも見ることが出来るのですね。
驚きました。
Commented by ダンダラ at 2007-07-10 11:43 x
素晴らしい写真の連続ですね、ため息が出てしまいます。
白馬はゼフの宝庫なのですね。こちらでいろいろ苦戦するより一気にそちらに出かけた方が良さそうですね。
いや素晴らしいです。
Commented by kmkurobe at 2007-07-10 18:46
maeda さんどうもです。現像するときシルキーピックスでノーマルだけのほうが、フォトショップかけるよりも自然ないろが出るような感じです。
いずれにしてもあまりいじらないようにしています。
Commented by kmkurobe at 2007-07-10 18:47
ぽんぽこ山本さん有り難うございます。やはりオオヒカゲ8月近くならないとだめのようですね。
Commented by kmkurobe at 2007-07-10 18:47
Fさんがんばったではないですか。ギンボシの交尾はなかなか出会えませんよ・・・・・
Commented by kmkurobe at 2007-07-10 18:48
cactussさん時間の割には成果がありました。やはりポイントと時期が大切ですね。年はもっと正確にご案内できるといいのですが・・・・・
Commented by kmkurobe at 2007-07-10 18:49
虫林さんどうもです。白馬は今年はどうもおかしくて、ヒオドシの蛹が例の紫陽花の広場にやたらとついていて、これから最盛期のようです。
Commented by kmkurobe at 2007-07-10 18:53
ダンダラ さんどうもです。私にとってはデジイチを買ったことで撮影の可能性が広がりました。それを可能にしてくれる安曇野はすばらしい所なんだと思います。なんとか今年中にフジミドリを捜してみたいと思っているのですが。
<< 雨の日にも大丈夫-ゼフ他 続々・安曇野撮影周遊記-ゼフ満載の日 >>