紫陽花の広場-青い?ヒメシジミ雌

晴れマークこそなくなったが、雨は上がり薄い日差しさえある。
時間はたっぷりあるのでまずは紫陽花の広場に出かけてみた。
8時近いのにまるでゼフが飛んでいない・・・・・・・
クジャクチョウ今年初めてであったがやはり綺麗だ。
a0071470_17352572.jpg

ウラギンヒョウモンも活動を始めた。
a0071470_1736582.jpg

しばらくしてやっとジョウザンミドリが飛び始めた。
a0071470_17364314.jpg
a0071470_1737116.jpg

今日もジョウザンミドリはいろいろなポーズを撮ってくれた。
a0071470_17381036.jpg
a0071470_1738243.jpg
a0071470_17384236.jpg

このあとハヤシミドリを探しに「丘」に向かった。
クロシジミは随分少なくなり、ボロが多くなった。
a0071470_17394560.jpg
a0071470_17395571.jpg

汗だくになって捜したが目的のハヤシミドリはかげも形もない。
あきらめて帰ろうとしたら「アカシジミ・・」がいた・・・・・
a0071470_17411665.jpg

ススキの中に止まっているので、いらいらして突いてしまった・・・・・
なんと、羽表に青い紋が・・・・・
なんと久々に出会ったウラミスジだった・・・・・

あーあまたやっちゃった・・・・・・・
この後各地転戦するのだが、以下続報。

PS.青いヒメシジミの雌の話題が出て以来、ずっと捜していたが、少しだけ青い個体を見つけた。これってどうなんでしょう?
a0071470_17445418.jpg

さらに追加先週、同業の先輩が中国は九寨溝にでかけて撮影されてきた写真です。
これクモツキの雌ではないかと思うのですが・・・・・
デジタル・ビデオからの切り出しなので画像は荒れていますが
a0071470_2282324.jpg
・・・・・
by kmkurobe | 2007-07-12 17:45 | | Comments(11)
Commented by maeda at 2007-07-12 20:51 x
確かにうっすらと青い鱗粉が乗っていますね。
これがもっと拡大した個体がいると思います。
そう言う私はまだ探していません。そろそろ見つけないと時期遅れになりそうです。
Commented by ぽんぽこ山本 at 2007-07-12 21:03 x
6月23日にオリンピック施設(距離競技)にて目撃した個体とはタイプが異なり色々な出方があるものだなと、感激しました。 私が見たものは基部よりも外よりの翅脈にそって青くなっていました。
このような写真を撮影するには粘りと運と・・・センスでしょうか?お見事です。   ちなみに、飼育下での話ですが、どの種においても異常型や変異の大きい個体は走りと最後の羽化個体に出やすいようです。
Commented at 2007-07-12 21:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cactuss at 2007-07-12 21:52
青い鱗粉の出たヒメシジミ雌がいるんですね。
これから他産地で少し、探して見ます。
Commented by kmkurobe at 2007-07-13 19:24
maeda さんこれ標高の割合高い所にいました。
場所を変えて捜してみる必要がありそうですね。
Commented by kmkurobe at 2007-07-13 19:26
ぽんぽこ山本さん貴重なご意見有り難うございます。発生が終わりに近い産地を探してみようと思います。食草や環境が違うとどうなんでしょうね?とりあえず黒菱より上で捜してみます。
Commented by kmkurobe at 2007-07-13 19:27
cactussさん私もたまたま違う産地で見つけました。やはりいろいろと機会があれば撮影しなければいけませんね。
Commented by kenken at 2007-07-13 21:43 x
ヒメシジミ♀、綺麗に翅表が表現できていますね。うっとり。
> 異常型や変異の大きい個体は走りと最後の羽化個体に出やすい
野外において、ヒメシジミに限らず経験的にそのように私も感じます。
今年ね、なぜかウラミスジは豊作と聞いています。
Commented by thecla at 2007-07-14 15:47 x
白馬はゼフの蝶影も濃いですね。来年は是非ゼフ三昧におうかがいしたいものです。
ヒメシジミの青♀綺麗ですね。もっと翅全体に青鱗がのったのもおりますよ。昨年上高地で偶然撮影しました。
Commented by kmkurobe at 2007-07-14 21:47
kenken さんもともとウラミスジは白馬では標高が高すぎて、安曇野に比べ少ないようです。ヒメシジミは黒菱あたりがおもしろいかもしれませんね。
Commented by kmkurobe at 2007-07-14 21:49
theclaさんどうもです。クロシジミとも同時進行で、7月下旬にもまだまだ新鮮な個体もいます。是非来年ご一緒しましょう。
上高地の青い雌、ぜひ撮影したいものです。
<< 新・安曇野撮影周遊記 雨の日にも大丈夫-ゼフ他 >>