新・安曇野撮影周遊記

「紫陽花の広場」「丘」に続きやはり「オオムラサキの城跡」に出かけた。
なんとか日差しもあり。麓ではあちらこちらでテリを張っている。
ただ昨年に比べると心なしか個体数が少なく感じられる。
「ご神木」につく頃から急に冷たい風が吹き出し、先行きに不安が・・・・・・

なんとか雄が一頭樹液に来ていた。
a0071470_1971765.jpg

カナブン2頭と壮絶な場所取りをしていたが、どうもチョウの方が分が悪いようだ。
a0071470_198731.jpg
a0071470_1981932.jpg

カナブンはなぜかこのポーズが多いような・・・・・疲れるやろね・・・・
a0071470_19194718.jpg

クロヒカゲも来ていた。一瞬ドキッとしたが、そうは問屋はおろしませんね。
先日キマダラモドキを撮影した辺りも、念入りに捜したが、もちろん影も形もなかった。
ミヤマカラスシジミも今年はどうも少ない。昨年はあちらこちらで交尾が観察できたのだが・・・・
a0071470_19111166.jpg
a0071470_19111977.jpg

トラフシジミは久々の出会いである。ちらっと見せてくれた翅表が美しい。
a0071470_1912162.jpg
a0071470_19121326.jpg

しばらくして「ご神木」間で戻ると全員退避完了のようである。つぎの瞬間豪雨となった。
さすが野生生物はスゴイ・・・・・

北に向かって走り出すとさらに雨足は強くなってきた・・・・・・
ところが分水嶺を越えると急に雨が上がった。
せっかくなので「広場」に寄ってみた。
オオウラギンスジヒョウモンが羽化を始め、あちらこちらに羽化直後の個体がいる。
a0071470_191682.jpg
a0071470_19161999.jpg

大分擦れてはきたが、メスアカミドリが多い。
今日はいいところに止まってくれた。
a0071470_19171953.jpg
a0071470_19173170.jpg

帰りがけにゼフかと思ったらコレだった。これどちらの種類だろうか?
a0071470_19211628.jpg

白馬ではミヤマカラスシジミは少ないのだが・・・・
by kmkurobe | 2007-07-13 19:21 | | Comments(10)
Commented by chochoensis at 2007-07-13 20:57
kmkurobeさん、「オオムラサキ」が少ないのですか・・・実はこちらでも発生が少ないようなのです・・・全国的な傾向なのでしょうか・・・「ミヤマカラスシジミ」綺麗に撮影されていますね・・・あまり写真を撮っていない種類なので羨ましいです・・・。蓼科のオオイチ、調べたら、1954年の事でした・・・懐かしいです。
Commented by maeda at 2007-07-13 21:15 x
最後はやはりミヤマカラスでしょう。
こちらでは道南でしか見られないので、未撮影になっています。
昔は楽々と行けたのですが、最近、遠出が億劫になってしまいました。
Commented by 蝶と里山の浪漫紀行 at 2007-07-13 21:19 x
オオムラサキの明藍色は胸がスッーっとします。ゼフと比べ堂々としているとともに気品を感じさせます。いい色がでています。白馬産は未発生ですか?連休は雨の合間をみて近場撮影でしょうか。
Commented by kenken at 2007-07-13 21:50 x
前出のアジサイにウラギンヒョウモン、ちゃんと吸蜜していましたね。アジサイとヒョウモンの色の組み合わせがなんともエキゾチックでした。オカトラノオにオオウラギンスジヒョウモン、これはコントラストがよくて映えますなぁ~
後翅の黒斑から、私もミヤカラと判断します。
Commented by thecla at 2007-07-14 15:50 x
今年は、暖冬、雪不足に春先からの天候不順、そのせいで蝶の個体数は全般に少なめなのでしょうか。
そういえば、昨年より多いという経験は今のところ余りないような気がします。
Commented by kmkurobe at 2007-07-14 21:37
chochoensisさんどうもです。そろそろ最盛期のはずなのですが、雌が殆ど樹液に来ていません。そろそろ白馬もシーズンに入るはずですが、どうでしょうね・・・・・
Commented by kmkurobe at 2007-07-14 21:38
maedaさん私もたとえば上高地などなんとかなるはずなのですが、なかなか足が向きません。やはり年かな?
Commented by kmkurobe at 2007-07-14 21:39
Fさんかなりの雨ですが、16日は何とかなるかもしれませんね。
Commented by kmkurobe at 2007-07-14 21:42
kenkenさんどうもです。この組み合わせと、紫陽花に浮いている朝露がうまくはまったとお持っています。やはりミヤマカラスですか、カラスシジミは多いのですが、近場で1種増えました。みそら野もなかなかですね。
Commented by kmkurobe at 2007-07-14 21:46
thecla さんそう思います。記録的な低温だった一昨年よりも、今年4月の低温と小雪が随分影響しているように思います。
ギフチョウも短期的には個体数が多かったのですが、いつもよりずっと早く6月前に産卵が終わってしまったようでした。
<< そろそろ台風の影響が・・・・ 紫陽花の広場-青い?ヒメシジミ雌 >>