再び高標高のゴマシジミ-付 白馬のウラジロミドリシジミ

白馬は朝から霧雨が降っている。Fさんと湯ノ丸へ出かける予定だったが、残念ながら中止・・・・・今年はミヤマモンキに縁がない年かもしれない・・・・・・
9時近くになり、雲が切れていた山の上に居る知人に電話すると霧の上は日差しがあるとのこと。急遽ゴマシジミの撮影に出かけた。
a0071470_194919100.jpg

前回よりも暖かく、風もない。ただチョウの数は全体に少ない。
コヒョウモンがウスユキソウに止まっていたので撮影。
a0071470_19471969.jpg

前回撮影したポイントに出かけるとコメツツジで吸蜜中の個体を発見。
a0071470_19484810.jpg

前回は広角で撮影できなかったのでGX-100で頑張ってみた。
a0071470_19511587.jpg
a0071470_1952535.jpg
a0071470_19523562.jpg
a0071470_19531916.jpg
a0071470_19535512.jpg

雄は撮影できなかったが、かなり近接して産卵シーンの撮影ができた。
霧がかかる中ぶれて写真も何枚かあったが、手ぶれ防止は有効のようだ。
これ以後は300ミリで
a0071470_19553572.jpg
a0071470_19555949.jpg
a0071470_19562315.jpg

最後の写真の雌の表面青い色が出ている。ここのは黒一色ばかりだと思っていたので珍しいと思う。
a0071470_19583246.jpg


午後出かけた先にカシワの林があったのでハヤシミドリの雌でも居ないかと捜していたら、樹上から一見ウラクロシジミに間違えるようなかんじの小型のゼフが舞い降りてきた。久しぶりに出逢った白馬産ウラジロミドリの雌である。
a0071470_201874.jpg

7年ぶりの再会。しかも雌は初めて撮影ができた。
白馬にいるのもおるいものではないな・・・・・

本日は久々の祝杯かな・・・・・
by kmkurobe | 2007-07-29 20:04 | | Comments(24)
Commented by cactuss at 2007-07-29 20:55
ゴマシジミの画像、きれいですね。至近距離から撮影されていますね。小生が今まで会ったゴマシジミはなかなか近づけなかったですが、場所にもよるのでしょうか。ウラジロミドリシジミの撮影、おめでとうございます。きれいな雌ですね。
Commented by maeda at 2007-07-29 21:38 x
ゴマいいですね。
ウラジロミドリの裏面がはっきりした顔で好みです。
北海道産は全体的に白くなり、黒紋条が目立ちません。
Commented by chochoensis at 2007-07-29 22:03
kmkurobeさん、ウスユキソウのコヒョウモンも良いですが「ゴマシジミ」の産卵が羨ましいです、この蝶未だ、未撮影なんです!!!それと「ウラジロミドリシジミ」綺麗に撮影されていますね、素晴らしいです、私もこういう写真を撮りたいです・・・。おめでとうございました。
Commented by furu at 2007-07-29 22:35 x
ゴマシジミは高地の方が発生が早いんですね。食草の違いと関係ありそうですね。
ウラジロは♂♀共に翅表しか撮影してないので裏面も撮りたいです。
Commented by 蝶狂人 at 2007-07-30 07:46 x
ウラジロの撮影チャンスは何%ぐらいですか、羨ましいな。
7月は撮り残しが山ほどあり1日の割り当ては難しいです。
出勤前の早朝撮影だと7時30分~8時30分の間でいけますかね。
ポイントを8時30分に発てば遅番の平日に行くことが出来ます。
Commented by 虫林 at 2007-07-30 20:41 x
ヤマゴマは真っ黒で、小型で味がある蝶ですね。
翅裏も通常のゴマとは、別種のような雰囲気が漂っています。
貴重な産卵シーンを綺麗に撮影されているので、感心しました。
ウラジロミドリはそちらでは少ないのでしょうか?オメデトウございます。
Commented by fanseab at 2007-07-30 22:08
ガスに煙る稜線上の山ゴマ、質素な佇まいに珍品の香りがすると思うのは小生だけでしょうか?コメツツジのような矮生の潅木で吸蜜する姿は将に「山ゴマ」ですね!
ウラジロ♀、ここまで黒状紋がはっきりしていると、フジの♀と錯覚しそうです。とにかく撮影おめでとうございます。
Commented by thecla at 2007-07-30 22:43 x
白馬の山ゴマ黒くて渋いですね。この山ゴマに白馬連山をあわせてみたいと思っているのですが、来年は、是非トライしてみたいものです。
今年は、今週末あたり遠征疲れが出そうです。
Commented by ダンダラ at 2007-07-30 23:48 x
昨年はゴマの撮影でお世話になりました。
もうあれから1年になるんですね。その間のkmkurobeさんの写真の充実ぶりはすごいですね。
ウラジロミドリですか、すごいですね。というかうらやましい。
私も一度は拝んでみたいものです。
Commented by kmkurobe at 2007-07-31 20:20
cactussさんどうもです。産卵中の雌は結構近寄らせてくれます。
雄はなかなか止まってくれませんね。この日は霧が出ていたので良かったかもしれません。
Commented by kmkurobe at 2007-07-31 20:22
maeda さんこの辺りのウラジロ3回目ですが、雄も雌もはっきりとした裏面の模様ですね。このポイント捜せばハヤシやダイセンは結構いるようです。
Commented by kmkurobe at 2007-07-31 20:23
chochoensisさん過分なる評価をいただきありがとうございます。ウラジロミドリは偶然撮影できましたが、やはりカメラはいつも持っていないといけませんね。
Commented by kmkurobe at 2007-07-31 20:28
fanseabさんどうもです。ここはいつも霧が発生してなかなか晴れない場所ですが、発生しているのはほんの小さなポイントです。、大切にしたいものです。今年は既に雌がすれていて季節が早く進んでいるようです。
Commented by kmkurobe at 2007-07-31 20:31
furu さんどうも有り難うございます。私まともに撮影できたのは3回目7年ぶりです。夕方樹上高く飛んでいるのには何回も出会いましたが・・・・・今回はついていたことと、やはりカメラを携えていたことが幸運を呼びました。
Commented by kmkurobe at 2007-07-31 20:35
虫林さんどうもです。何十年か通いましたが、本当にここのは真っ黒で小さい個体ですね。今回初めて青い発色の雌を見ましたが、タイプは安定しているようですね。
ウラジロ年に数回は出会いますが、19-20種いるという白馬のゼフの中では少ない方だと思います。また長野県全体でも局地的な発生と言われています。
Commented by kmkurobe at 2007-07-31 20:37
theclaさんぜひ来年おいでください、ご案内しますよ。時期があえば1時間登るとクモマベニヒカゲにも会うことができます。
Commented by kmkurobe at 2007-07-31 20:42
ダンダラ さん有り難うございます。昨年ご一緒させていただいて随分刺激を受け、いつの間にか毎日のように撮影に出かけるようになりました。
考えてみると片道2時間以上のところへは一度も出かけていません。
やはり信州-白馬はチョウの撮影には天国のような場所だと実感しています。
ウラジロ同じような環境のところがあるので来年は捜してみようと思ってます。ぜひまたご一緒しましょう。条件さえ会えば10種以上のゼフに会うことができると思います。
Commented by 霧島緑 at 2007-07-31 21:19 x
クロゴマ、十分堪能させていただきました。
発生地や年によっても様々な顔を持つゴマは、撮影していてもたのしいですね。ただ中々その顔とも言うべく翅表を見せてくれないのが難点なのですが、随分開翅シーンを撮影されていますね。コツは何なのでしょうか。
私は未だまともな開翅シーンにお目にかかれません。
Commented at 2007-08-02 22:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mtana2 at 2007-08-07 16:16 x
遅レスで申し訳ありません。
ウラジロ、おめでとうございます。
北海道で初めて見てきましたが、今度は本州で見たいものです。
Commented by mtana2 at 2007-08-07 16:16 x
遅レスで申し訳ありません。
ウラジロ、おめでとうございます。
北海道で初めて見てきましたが、今度は本州で見たいものです。
Commented by たにつち at 2007-08-10 21:07 x
アルプスゴマ(造語?)は、星の現れ方が独特ですね~
もうこのころが時期なのですね。
先日は、間違ってこれネライで登ろうかと思ってました・・玉砕するところでした。
ウラジロもおめでとうございます。7年越しとは、素晴らしいですね。
Commented by kmkurobe at 2007-08-14 21:38
mtana2 さんレスが遅くてゴメンナサイ。場所によってはこちらでも何とかなりそうですよ。来年またおいでくださいね。
Commented by kmkurobe at 2007-08-14 21:40
たにつち さんこのゴマやっぱり変わっていますね。実は本日(8/14)21800メートル付近までまだ健在でした。
結構長生きなのですね。
これは出会う確立高いようですよ。
<< 8月ストレスが多い・・・・・・ 始業前撮影-ミドリシジミ >>