秋の蝶-ミヤマシジミ他

ミヤマシジミは個体数そのものはあまり多くない。雌の新鮮な個体が比較的目立つようだ。
この個体は大きめで、アサマシジミの雌かと思った。
a0071470_853612.jpg

順光逆光、広角マクロとモデルになってもらったペア。
a0071470_863229.jpg
a0071470_864932.jpg
a0071470_87131.jpg
a0071470_872585.jpg
a0071470_8192094.jpg

やはり曇り空のほうが写りはいいようだ。それに開翅はしてくれない。
大好きなツマグロヒョウモンだが、なかなか絵になってくれない。
a0071470_8193381.jpg

逆光でなるべくオレンジが目立つようにしてみた。
a0071470_8195386.jpg

ウラギンヒョウモンは比較的綺麗だ。ミドリやメスグロはもう飛べないくらいにボロボロなのだが。
a0071470_820984.jpg

ヒメアカタテハの裏面が撮影できた。ここにはアカタテハが少ない。やはり食草の関係で住み分けているようだ。
a0071470_8202066.jpg

このウラナミシジミはなんと標高1000メートルの常念岳の登山口。
時期が来るとまんべんなく見られるのは、やはり渡りをしているせいだろうか。
a0071470_8204977.jpg
楽しみにしていた週末は雨。ゆっくり休養しよう。
by kmkurobe | 2007-09-29 23:30 | | Comments(4)
Commented by chochoensis at 2007-09-30 08:49
kmkurobeさん、「ミヤマ」の交尾写真、とても綺麗で感動しました。どの交尾写真も素敵なので羨ましく拝見しました!素晴らしいです!!!
Commented by kmkurobe at 2007-09-30 09:44
chochoensisさんこの個体はうまく前後左右に空間があったので十分楽しむことができました。
Commented by banyan10 at 2007-09-30 10:57
ミヤマシジミの交尾、いつも簡単に見つけているように思えます。(^^;
斑紋の中のブルーが輝いていますね。
ウラナミシジミはこちらでも増えてきたようですが、僕はまだ見れていません。
Commented by kmkurobe at 2007-09-30 13:44
banyan10さんやはり今年はミヤマシジミついていました。過去5年分以上の接近遭遇の機会がありました。不思議です。場所を変えても出会うのですよ・・・・・
<< 秋の蝶-フジバカマに集まる10... 秋の蝶-クロツ激写 >>