秋の蝶-ウラナミシジミ他

昨日に続いて秋の蝶。やはり気温と風は秋の蝶の活動には影響が大きいようだ。
花壇の花も少なくなった。これは千日紅かな・・・・・これだけそろうと綺麗だが・・・・・
なにかもの悲しくもある・・・・・・
a0071470_1824789.jpg

セージの花もかなり色が変わってきた。その割には雌雄ともに新鮮だ。コレが最後の世代になるのだろう。
a0071470_18252423.jpg
a0071470_18254174.jpg
a0071470_18255384.jpg

この雌は交尾直後。ぜんぜん動かなかった。
a0071470_18262933.jpg

昨日使わなかった、交尾の写真いろいろ。
a0071470_1827218.jpg
a0071470_18273041.jpg
a0071470_18274367.jpg

やはりサヤインゲンやダイズの畑がポイントになっているようだ。
クモガタヒヨウモンは本日は300ミリのカット。
a0071470_1829452.jpg

本当に古びていない。↓ の 6/15撮影の羽化直と比べても、とても4ヶ月も生きていると思えない。
a0071470_18303868.jpg

最後にツマグロヒョウモン。あちらこちらに沢山の新鮮な個体が飛んでいた。
晩秋の安曇野にはちょっと不似合いな気もするが・・・・・・
a0071470_1832318.jpg
a0071470_18321833.jpg

明日はいい天気になりそうだ。早起きして紅葉の下見に登ってみようかな・・・・・・・
現在の気温12℃・・・・・それほど寒くは感じない。
by kmkurobe | 2007-10-12 18:33 | | Comments(10)
Commented by ainomidori443zeph at 2007-10-12 19:44
今日やっとこちらでもウラナミシジミを確認できました。
しかしツマグロヒョウモンは増えましたね~!
Commented by banyan10 at 2007-10-12 21:26
僕もやっとウラナミを見ましたが、交尾は未撮影です。
この秋の課題にします。
ツマグロヒョウモンの雌もうらやましいです。ちょっと頑張って発生地へ行ってみたくなります。
Commented by thecla at 2007-10-12 22:33 x
最初の画像、確かに物悲しくみえてしまいますね。
ウラナミシジミはこちらでは、探すのに苦労してしまいました。ツマグロは同じようにたくさんいます。
しかし、ツマグロが信州の秋の蝶の代表になってしまうとは。
Commented by 蝶狂人 at 2007-10-12 23:40 x
ウラナミ、いい色が出ていますね。それにしても、意外な所で騒動がありましたね。
土曜は仕事なので日曜か振替の月曜にもう一度行ってみよう。天気がいいといいのですが・・・・。栂池の紅葉が綺麗になったようですが。
Commented by kmkurobe at 2007-10-13 20:18
愛野緑さん本当に増えたようですね。白馬にいるとさすがにわかりませんでしたが、安曇野では春先にはもう飛んでいるようです。
Commented by kmkurobe at 2007-10-13 20:20
banyan10さん年間平均気温はあまり関係ないようですね。このあたりでは、ダイズやインゲンの畑にだいたい飛んでいるようになりました。
ツマグロの雌は本当に綺麗ですね。大好きなんです。
Commented by kmkurobe at 2007-10-13 20:22
theclaさんウラナミは旅をするので、年によってコースがちがうのかもしれませんね。
まあ信州でも全域ではないと思いますが。増えましたよ本当に。
綺麗な蝶なので大歓迎なのですが・・・・・餌も一杯ありますから。
Commented by kmkurobe at 2007-10-13 20:24
蝶狂人さんウラナミは犀川や千曲川の河川敷のダイズやインゲンの畑の近くにきっとたくさん飛んでいますよる豆がキーポイントです。一度近場で捜してみてはいかがですか・・・・・・
小谷温泉は来週末のようです・・・・・
Commented by banyan10 at 2007-10-13 21:41
ツマグロとクモガタ書き間違えました。(笑)
ツマグロの雌はもちろn綺麗ですが、家の前で見れます。(^^;
Commented by kmkurobe at 2007-10-14 16:36
banyan10さんはいはい。ヒョウモン党の私はどちらもだいすきです。
北海道の3種と中国の2種はなんとか近々ゲットしたいと思っています。
<< 日本海近くにもいました-糸魚川 小春日和に秋のチョウが舞う-安曇野 >>