第2回チョウ類保全シンポジウム開催のお知らせ

最新のブログはこの後に掲載しています。
a0071470_8273577.jpg

チョウ類保全シンポジウムは、2007年1月に岐阜県で初めて開催
されました。チョウをシンボルとして地域の自然環境を考える場と
して、今後、全国各地での開催が予定されています。
 第2回チョウ類保全シンポジウムが、下記のとおり開催されます。

 日高敏隆氏(京都精華大学客員教授・京都大学名誉教授)と
海野和男氏(昆虫写真家・日本自然科学写真協会副会長)による
特別講演「チョウと親しみ、自然を守ることも」も行われます。

◆チョウ類保全シンポジウム-ギフチョウ・ヒメギフチョウ-
◆日時:2008年2月10日(日)10:00~16:30
◆場所:群馬県渋川市民会館
◆主催:特定非営利活動法人(NPO法人)日本チョウ類保全協会
◆共催:群馬昆虫学会・赤城姫を愛する集まり
◆後援:群馬県教育委員会・渋川市教育委員会・
    (財)日本自然保護協会・日本鱗翅学会
◆参加費:無料(どなたでも参加することができます)

シンポジウムへの参加申し込み、当日のプログラムなど、詳細は、主催者の次の案内ファイル(PDFファイルです)をご参照下さい。

http://japan-inter.net/butterfly-conservation/2008GunmaGIFU.pdf
※主催者の日本チョウ類保全協会については、次のHPをご参照下さい。どなたでも入会することができます。

日本チョウ類保全協会

※会場の群馬県渋川市民会館については、次のHPをご参照下さい。

http://www4.ocn.ne.jp/~s-c.hall/







a0071470_19553770.jpg

白馬村北城2007年4月
by kmkurobe | 2008-01-17 14:53 | | Comments(1)
Commented by kenken at 2008-02-13 23:28 x
シンポジウム、おかげさまで、盛会になりました。
貴ブログに紹介いただいたおかげです。
改めて御礼申し上げます。
<< ミドリシジミの越冬卵・・・・・... 真冬日の白馬。ご来訪多し。 >>