ミドリシジミの越冬卵・・・・・・やっぱりたくさん・・・・・

寒い寒い・・・・明日からてんきが崩れるとか・・・・・。
すっかり雪がしまって、林の中も長靴で歩けるようになった。
とびきりの好天ではないが、アルプスはよく見えているので村内を一周する。
まずは定点。
a0071470_14594179.jpg

ここのところなにか構図が変だなと思っていたら、積雪が1メートル近いため撮影位置が高かったようだ。本日は座り込んで撮影。
第二定点へ移動して白馬三山。
a0071470_1515319.jpg

あちらこちらで撮影してみる。
a0071470_152544.jpg

a0071470_1531476.jpg

ここは以前にも紹介した文化遺産「青鬼」集落。姫川東岸の沢沿いを上っていく。凍結した道路はかなり怖い・・・・・
a0071470_155768.jpg
a0071470_1551920.jpg
a0071470_1553153.jpg

撮影後白馬駅方面に移動中ふと気が付いて、ミドリシジミのポイントに寄ってみた。
ここはお盆の酷暑の中ものすごい数のミドリシジミが下草に降りていたところである。
このブログをご覧になっている何人かの方も良くおわかりの場所だ。


http://kmkurobe.exblog.jp/5915644




a0071470_1581330.jpg

こんな感じの林が広がっている。かっては姫川の両岸には湿地が広がり随分広範囲に同様のハンノキの林があった。
さてミドリシジミの越冬卵なんぞは大昔に捜したきりなのでとんと感じがつかめない。
但し積雪のせいか下枝がほとんど無くて、手の届きそうなハンノキは限られていた。
a0071470_15124518.jpg

最初に探し始めたのがこの木。←のところに産卵されていた。
a0071470_1514250.jpg
a0071470_15141510.jpg
a0071470_15142938.jpg
a0071470_15144032.jpg
a0071470_15145132.jpg

一番沢山付いていたのがこの卵塊。10卵ある。
a0071470_1515315.jpg

観察できる高さの、下枝が1-2メートルのハンノキ全てにかなり高密度で産卵されていた。
これはまた楽しみが増えた。昨年撮影できなかった羽化直後の開翅も期待できるかもしれない。
by kmkurobe | 2008-01-20 15:22 | | Comments(18)
Commented by ヘムレン at 2008-01-20 15:41 x
たくさんついてますね(^^)今年もたくさんのミドリシジミが見れそうですね。白馬の周りもいい環境がたくさん残っていますね。。
初夏が待ちどうしいです。。
Commented by maeda at 2008-01-20 17:06 x
こちらと違って卵塊ですね。
こちらは細枝に1-2卵です。
Commented by kenken at 2008-01-20 17:28 x
寒くても活動的ですねぇ~こちら、週末は仕事もあって冬眠状態です。
ミドリシジミ卵、意外と雪があったほうが探しやすいかもしれませんね。
初夏に翅を開く姿が目に浮かびます。
Commented by kmkurobe at 2008-01-20 19:52
ヘムレンさんここは木がでかいので成虫はなかなか降りてきてはくれません。でもこんなに沢山付いていたので夏が楽しみです。
Commented by kmkurobe at 2008-01-20 19:53
maeda さん私もこんなにたくさん卵塊を作っているとは思いませんでした。学生時代に捜した東海地方では必死に捜して1本の木に1-2卵がついているだけでした。
Commented by kmkurobe at 2008-01-20 19:55
kenken さんようやく雪がしまってきて林の中を長靴で歩けるようになりました。卵が付いているような条件のハンノキがなかなかないので産卵が集中するのかもしれませんね。
味を占めたので白馬の他の地域も捜してみようかと思っています。
Commented by cactuss at 2008-01-20 21:35
ミドリシジミの卵がたくさん付いていますね。
白馬の蝶の密度はこちらよりもかなり高いと思っていましたが、卵もたくさん産んであるんですね。
Commented by otsuka at 2008-01-20 21:36 x
さすがにすごい雪ですね。こちらは今日雪の予報が出ましたが、みぞれ程度でした。
写真を拝見していると私でもサクサクと卵塊を見つけれそうな気がしてきました。春になるまでにミドリポイントで卵を探してみることにします。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2008-01-20 22:11
凄いですね。あの場所こんな風景になっていたんだ。ミドリシジミ夏場の成虫も凄い数でしたが、卵も一杯ですね。また機会があれば行ってみたいです。
Commented by ma23 at 2008-01-21 00:53 x
おひさしぶりです。あの場所は、はて地面はどのくらい下にあるのでしょうか、すっかり雪にうもれてますね。ミドリシジミの卵、いっぱい見つかっていいですね。私もゼフィルス卵を見てみたくなりましたが、詳しくなく、誰か誘ってくれないかな。。
Commented by banyan10 at 2008-01-21 16:27
今日は雪が積もったら撮影に行こうと思っていたのですが、予報がはずれて引きこもり継続中です。(笑)
ミドリシジミの卵塊は綺麗に撮れていますね。
何で撮ったのでしょうか?
Commented by kmkurobe at 2008-01-21 17:27
cactussさん昨年初めて見つけたポイントなので多いのか少ないのかはわかりません。
数年前ものすごい数がいたアカシジミも最近は少なく、一緒に撮影したメスアカもあんなに数を見たのは昨年が初めてです。
ゼフの発生はよくわかりませんね。
今年は期待してます。オオヒカゲやキマモの頃に撮影できると思います。
Commented by kmkurobe at 2008-01-21 17:28
otsuka さんこれでも例年よりは少ない方です。ひどいときは2メートルをこの時期越えています。
ゼフの卵久しぶりに捜してみてはまりそうです。
Commented by kmkurobe at 2008-01-21 17:29
ノゾピーさんどうもです。やっぱり沢山付いていました。
白馬はハンノキが多いのでこれは期待できそうですよ。
Commented by kmkurobe at 2008-01-21 17:30
ma23 さん多分80㎝くらいの積雪だと思います。しっかりと雪がしまっているので、しばらく同じような林をあちこち捜してみようかと思っています。
Commented by kmkurobe at 2008-01-21 17:32
banyan10さん雪雲南にそれたようですね。
こちらも殆ど積雪はありませんでした。
これすべてGX-100で撮影しました。思ったより鮮明に撮影できたのでビックリしました。
こんどはスキー場へ持っていって、ジヨウザンの卵の撮影をしようかと思っています。
Commented by chochoensis at 2008-01-22 22:28 x
kmkurobeさん、雪の量が半端ではないのですね・・・凄い!「ミドリシジミ」の卵・・・たくさん産卵していてらいシーズンが楽しみのようで、こちらまで嬉しくなります・・・綺麗に撮影されていますね!
Commented by kmkurobe at 2008-01-23 18:49
chochoensis さんこれでも例年よりは少なく。また寒さもイマイチです。
ミドリシジミは思わぬ数が産卵されていてびっくりしました。村内のポイントを色々廻って観察してみようと思っています。
<< 本日のリスと蔵出しシリーズ本日... 第2回チョウ類保全シンポジウム... >>