-4℃から17℃-雪中のゼフ卵、日だまりのテングチョウ

ブログ仲間から次々と初蝶の便りが聞こえてくる。「雪山」や「ご来訪」にも飽きが来たので安曇野を縦断して初蝶撮影に出掛けることにした。
さて天気予報では本日も晴れ・・・・・前回出遅れた「アルプスの朝焼け」を撮影しようと定点へ。
なんと昨日まであった大雪山があとかたもなくなっていた。
a0071470_1925641.jpg

ごらんのように黄砂の影響かアルプスは薄ぼんやりとしていた。残念。
早々に引き上げて久しぶりに撮影ドライブに出掛けることにした。
出がけにアカゲラが来ていた。
a0071470_1927839.jpg

ヒマワリの種をせっせと木のうろに貯蔵している。ガラス越しだがなんとか撮影。

さてどこへ出掛けようかと思ったが、新しいオナガシジミの発生地を探すことにして、小谷村境の落倉知区まで北上。落倉の自然園はすっかり雪の下だった。
a0071470_19293714.jpg

右隅のハンノキの林が湿原である。寒い!日差しは強いが-4℃である・・・・・
a0071470_19305522.jpg

林の中は木道も湿地もすっかり埋まっていた。
一部とけた雪の中からミズバショウが芽吹いていた。春だなやっぱり・・・・・
a0071470_19323618.jpg

オナガシジミは見つからなかったが、ミドリシジミの卵はあちらこちらで見つかった。
a0071470_19334019.jpg

すっかり冷えてしまったので70㎞ほど南下することにした。
大町をすぎると積雪も消え、安曇野市にはいると気温は13℃になっていた。
いろいろと考えたが久しぶりに「大王わさび園」から散策することにした。
ここは観光農園ではあるが本当に美しく整備され、河川公園としても申し分ない。
a0071470_19384592.jpg
a0071470_19385671.jpg
a0071470_19391048.jpg
a0071470_1941036.jpg


残念ながらオオイヌノフグリは咲いてはいたが、テングチョウがちらっと見えただけに終わった。

2時近くなったが気温は15℃を超えている。いろいろ考えて昨年ウラナミシジミを撮影した池田町の美術館へ寄ってみた。
ここはアルプスに向かった傾斜地にあり、ことのほか日当たりがよい。

林道を登っていくとあちらこちらにシロチョウが飛んでいる。
今年の初蝶はスジボソヤマキチョウの♀。身体を傾けて日光浴をしていた。
a0071470_19452653.jpg

雄も同じようにしている。
a0071470_1946091.jpg

満足して降り始めると足下からテングチョウが飛び出した。
とにかく止まってくれない・・・・・
なんとか1枚。
a0071470_19472052.jpg

少しずつ開翅してくれる。
a0071470_19475419.jpg

ダメ元でマクロにして近づいてみた。
a0071470_19485182.jpg

おお・・・・いけるいける!!
最後に広角でも撮影成功。
a0071470_19494042.jpg

今年も煩悩に満ちあふれたシーズンが始まった。
怪我だけはしないように・・・・・さーがんばりましょう。
by kmkurobe | 2008-03-13 19:56 | | Comments(10)
Commented by banyan10 at 2008-03-13 22:48
安曇野のわさび田や道祖神は懐かしいです。
学生の頃に行って以来です。
越冬蝶でもスジボソが見れるというのは違いますね。
ギフなどの撮影に行かないと見る機会がないです。
Commented by cactuss at 2008-03-13 23:33
白馬から安曇野の方へ行くと雪がまったくなくなってしまうんですね。
日本海に近い分、白馬は雪が多いのでしょうか。
今年の初蝶を見ることができてよかったですね。
また、蝶のシーズンが始まります。ワクワクですね。
Commented by ikedanochohcho at 2008-03-14 17:04 x
いよいよ始まりました、ご職業がら週3日は・・・・・・ですか?
羨ましいです。日曜(たまには土曜日)以外はなかなかですが、昼休み等利用して近くで楽しんでいます、あまりにも天気の良いときは仕事中でも・・・・・
 いずれにしましても、嬉しい季節がやって参りました。
ブログ拝見しては撮影技術・チャンスのとらえ方勉強させていただいております。  シャクガ君もこまめに通っているようです。
Commented by ainomidori443zeph at 2008-03-14 20:38
天気予報を見ていると長野の方は氷点下の日があったり十数度だったり気温の変化が大きいですね。
あそこの小山ではあと一ヶ月もするとギフが飛び出すのでしょうか?
Commented by kmkurobe at 2008-03-14 21:18
banyan10さんこちらは新成虫が羽化するまでにかなり時間がかかります。つぎは多分ヒオドシチョウ辺りかと思います。コツバメが白馬で羽化するのはあと1月はかかるかな・・・・・待ち遠しいですね。
Commented by kmkurobe at 2008-03-14 21:19
cactussさん街路の温度計でつねに5度ちかくは違いますね。
それにあちらはほとんど雪が積もりません。大町より北は日本海側の気候南は内陸性気候になるようです。
Commented by kmkurobe at 2008-03-14 21:21
ikedanochohcho さん当社は週休2日で連休ではありません。
そんなわけで負のサイクルにはまると雨の日ばかりになってしまいます。ヒメギフが飛び始めたらぜひご一緒いたしましょう。
Commented by kmkurobe at 2008-03-14 21:23
ainomidori443zephさん真冬日の次が最高10度などということがよくあります。この季節は寒暖の差が激しいですね。
今年は春が高気温の長期予報がでているので去年なみとはいきませんが、海に近い産地では意外に平年並みの発生になるかもしれません。
後一月・・・・・待ち遠しいですね・・・・・
Commented by ヘムレン at 2008-03-15 19:53 x
穂高はもうすっかり張るの陽気ですね。。白馬とはそんなに離れていないのに・・すごい違いです。
あと半月あまりすると、いよいよヒメギフが飛び始めますね。
穂高周辺のヒメギフは、数は多くないですが、カタクリ、ショウジョウバカマ、オウレンなどの花と一緒に飛んでくれるので、大好きです。
Commented by kmkurobe at 2008-03-15 22:49 x
ヘムレンさんどうもです。今年は西山だけではなく東山のヒメギフもぜひ撮影したいと思ってます。白馬以南では木崎しか撮影していないので、松本や崖の湯や池田町あたりで撮影したいものです。
<< オールド・ミノルタ50㎜F1.4 春は曙 >>