雨の日でも出撃-湿原のミドリシジミ

木曜日は雨。ただ一時的に上がったのでじっとしていられず、気になっていた湿原の調査に入った。
a0071470_18424090.jpg

ここは姫川源流のさらに上の湿原だ。入り口は数年前までは水田が広がっていたが今は休耕田のようだ。
奥の方に見えるのがハンノキの林である。ここは夏場は一面の芦原になるので入ることができない。
a0071470_1845477.jpg

わかりにくい絵だが、白線は積雪のライン。ここは2メートルを越す積雪がある。
また赤線まではヨシが茂っている。
とにかく手の届く枝がなくて、やっとの思いで←の位置に1卵塊見つけた。
a0071470_18482694.jpg

どう考えても雪の下には産卵しないと思うし、またアシの茂みのなかでは産卵そのものが困難だと思っていた。
a0071470_1850743.jpg

さてこのひょろひょろした若いハンノキ←の木のすぐ左手、林から離れて、アシ原の真ん中に独立して立っていた。
ちょっと興味があったので調べてみるとこれが凄い。
a0071470_18514888.jpg

この写真だけで40卵近くあるがこれが上から下まで、木の周囲びっしりである。
ミドリシジミの産卵の条件はなかなかに面白い。
湿原のはずれではネコヤナギが開いていた。
a0071470_18531919.jpg

さて次はわが家の庭に咲くミスミソウ。10株ほどを植え込んでから10数年経ち、自然交配したいろいろな花を楽しませてくれる。
a0071470_18543796.jpg
a0071470_18545135.jpg


こんな感じになるとだいたいわが家の周りでは1週間から10日ほどでギフチョウが飛び出すことが多い。
a0071470_18594336.jpg

来週の気候にもよるが、ギフチョウの発生はさらに前倒しになるかもしれない。
うーん明日の天気はどうだろう。できれば秘密兵器を試してみたいのだが・・・・・
by kmkurobe | 2008-04-11 18:57 | | Comments(18)
Commented by banyan10 at 2008-04-11 19:08
新潟へ行くときの楽しみの1つがミスミソウです。
庭で楽しめるのはいいですね。
秘密兵器が気になります。(^^;
Commented by kenken at 2008-04-11 19:23 x
ん?秘密兵器・・・気になるなぁ~
いよいよ本格的な春ですね。
ところで、亀レスですが、私の撮る広角写真のほとんどが、あまりに場所がばっちりなので公開できないという悩みがあったりします。本当は、そんな写真の中にお見せしたい傑作が多いのですが・・・(涙)
Commented by 蝶山人 at 2008-04-11 19:46 x
こんばんわ蝶山人です。
「こんな感じになるとだいたいわが家の周りでは1週間から10日ほどでギフチョウが飛び出すことが多い。」って
凄く気になります。
ってことはGW前にバンドが見れるってことでしょうか?
Commented by kmkurobe at 2008-04-11 19:54 x
蝶山人さん可能性ありますよ。ただギフチョウはヒメギフに比べると発生時期が幅があるのでGWのあとに飛んでいるところもあります。
沢筋ならば5月の下旬でも新鮮な個体がいます。
バンドはKENKENさん達が昨年撮影された場所がたしか昨年4月29-30日でしたので、ひょっとするとそれよりも早く飛び始めるかもしれませんね。今はまだ半分雪に埋もれていました。
2002年は20日には桜が開花してましたので今年はそれを上回るかもしれませんね。
Commented by kmkurobe at 2008-04-11 19:56 x
banyan10さんバスト連写は次期機種に致します。
当方はシーズンに合わせてライブビュー優先と致しました。
Commented by kmkurobe at 2008-04-11 20:00 x
kenkenさんどうもです。秘密兵器結局本日発注。明日到着予定。
広角の件私も常日頃感じております。「虫屋性善説」の方がブログ仲間にもいらっしゃいますが、今のところ胸に手を当てるととてもそうは思えません・・・・・・
てなわけで最新の注意を払うことに致しております。
Commented by ryochan at 2008-04-11 21:07 x
この時期にミドリシジミ?と思ったら卵でしたか。恥ずかしながら、私はまだミドリシジミの卵を見たことがありません。もう5、6回は探してるんですが、・・・。成虫は多くはないですが、それなりにいるところなんですがねぇ。今年こそは見つけたいと思います。
Commented by maeda at 2008-04-11 21:37 x
そのミドリの今後の経過が楽しみです。
どうして本州のミドリはこんなにまとめて産むのに、北海道産は1-2卵なのか不思議です。
Commented by chochoensis at 2008-04-11 21:57 x
kmkurobeさん、ミドリシジミの卵・・・感激です、こんなにたくさんの卵があるとは・・・驚きです。ネコヤナギの花に付いた=水滴=が芸術的ですね・・・素晴らしい写真です・・・。
Commented by cactuss at 2008-04-11 22:55
こんな小さな木にミドリシジミの卵がたくさんあったら、食料が足らなくなる様な気がします。ギフチョウは今年は早そうですね。4月中にバンドを見ることができるでしょうか。
Commented by 蝶狂人 at 2008-04-11 23:20 x
ネコヤナギ、綺麗に撮れていますね。
日曜より土曜の方が天気良さそうです。
ありがとうございました。出会えることを願っておやすみなさい。
Commented by fanseab at 2008-04-11 23:40
ミドリシジミの卵塊は凄いです。雨に濡れた木肌が臨場感タップリです。
雪解け後の湿地は長靴でも難儀されたのではないでしょうか?
Commented by kmkurobe at 2008-04-12 08:38
ryochanさん私も最初はまるでわかりませんでした。場所によって産卵場所は微妙に違うようです。広い林の中でもやはり特定の木しか付いていないようです。産卵や交尾が撮影できないかとこの冬あちらこちらを探してました。
Commented by kmkurobe at 2008-04-12 08:39
maedaさん北海道てはミドリシジミの個体数はどうなんでしよう。
そちらのメスアカなんかは凄い数がまとめて飛んでいるではないですか。ここではミドリシジミがダントツで個体数が多い種類ですから。
Commented by kmkurobe at 2008-04-12 08:40
chochoensisさん実はミドリシジミの卵こんなについているとは白馬に来てからまるで知りませんでした。今年は幼虫の観察もしてみたいと思っています。
Commented by kmkurobe at 2008-04-12 08:41
cactussさんこのままではゴールデンウィーク前にも飛んでいるかもしれません。この一週間の気温で決まると思います。
Commented by kmkurobe at 2008-04-12 08:42
蝶狂人さん朗報を期待していますよ。私も天気が良かったら日曜はなんとか時間が作りたいのですが・・・・・・・・・
Commented by kmkurobe at 2008-04-12 08:44
fanseabさんどうもです。もう2-3日遅れたら入れませんでした。
夏場は凄いヤブ蚊でとても近づけません。
昔はこのような湿地が遙か下流まで続いていたようで、そのなごりが市街地のあちらこちらのポイントになっているようです。
<< ヒメギフによるメタボトレーニン... 本日は雨・・・・・ >>