安曇野のクロツバメシジミと白馬の初夏の雰囲気

山を下りたのが1時半過ぎ。安曇野のクロツバメシジミのポイントに着いたのは3時を回っていた。
そこそこの数が飛んでいる。ここではゴールデンウイーク後半からすでに発生していたようで、擦れた個体が混じっていた。
a0071470_18382816.jpg
a0071470_18405670.jpg
a0071470_1841284.jpg
a0071470_18423216.jpg

残念ながらミヤマシジミは未発生のようで、全く姿を見ることができなかった。
やや青いツバメシジミの雌がいた。
a0071470_18431960.jpg

ライブビューはこの蝶には本当に威力を発揮した。
a0071470_18385980.jpg

自分の脚が写ってしまったが、腹這いにならなくても楽々と撮影ができる。
もう2段階位モニターが明るくできるといいのだが・・・・・
電源の消費量とかを考えて今の状態なのだろうか、やはり老眼にはやや暗く感じる。
交尾は全く観察できなかったが、求愛しているところを食草と一緒に撮影することができた。
a0071470_18392388.jpg
これは17㎜でできるだけ近づいて内蔵ストロボを併用している。ディフューザーかなくともそこそこ使えることがわかった。
a0071470_18394322.jpg

暗いところは無理かもしれないが、逆光ではいけそうだ。

ずいぶん日が長くなくなってきた。4時を過ぎてもアルプスに日は沈まない。
a0071470_1845381.jpg
ヒメシロチョウのポイントに向かう途中で逆光に霞む北アルプス。左が爺ヶ岳、右が鹿島槍である。

最後の目的地ヒメシロチョウの発生地に着いたのはもう5時近くになり、ほとんどが草の中に潜り込んでしまっていた。
a0071470_18455641.jpg

この花も吸蜜に来ているのではなくて、休止しているだけのようで、口吻は伸びていない。
a0071470_18462177.jpg


さて本日は朝から良い天気なのだが気温は低い。とてもギフチョウが飛ぶ感じではないので、お昼休みにウスバシロチョウの様子を見に行った。

この発生地は姫川の川沿いにあり遠くに遠見尾根越しに鹿島槍が見えている。
a0071470_18465385.jpg
アルプスバックの飛翔に挑戦したがあえなく敗退・・・・・・
しばらく挑戦しようかな・・・・・・

数年前から群生しはじめたナントカ言うアブラナ科の外来種に吸蜜に来ていた。
a0071470_1858118.jpg

羽化直後の個体ばかりで本当にきれいだ。
a0071470_1856444.jpg
この時期群れをなしているバッタの幼体が2頭写っている。
a0071470_18531681.jpg
しかしこんなにたくさんいるのに、ギフチョウではたまに見ることができる交尾が、今までウスバシロチョウではまったく観察する機会がなかった。

白馬もようやく初夏の気配が見えてきた。そろそろオレンジ色の季節になりそうだ。
週末の天気はどうなるのだろう。
今年はなんとか交尾、産卵を撮影してみたいものである。
by kmkurobe | 2008-05-16 18:50 | 安曇野 | Comments(10)
Commented by 蝶狂人 at 2008-05-16 22:03 x
クロツ、もう出ていましたか。例の蝶はもうじきですね。
Commented by 蝶山人 at 2008-05-17 00:18 x
うぁ~あぁぁぁ
クロツのボケ味
北アの遠景
スモモにヒメシロ(エゾリンゴちゃんを思い出すぜ)
バシロ
今日も帰宅が23時半過ぎた多忙の身には
目に毒な風景だ。
今日も動物舎に缶詰
挙句に看護師相手に講演
疲れたぜ。
Commented by maeda at 2008-05-17 05:32 x
あの件は問い合わせ中。そのうちに連絡来るかと思います。
少々お待ちを!

そちらは季節が進んできましたね。
やっぱり追い越されたようです。
Commented by kmkurobe at 2008-05-17 19:48
蝶狂人さんミヤマシジミはまだでした。やはり再来週でしようね。
忙しくなりますね。
Commented by kmkurobe at 2008-05-17 19:50
蝶山人さんライブビューだとボケ味が゜チェックしながら撮影できるのはなかなかいいです。
いやいやお忙しいですね。私も5-6年大学に残っておりましたので・・・・お察し申し上げます。
Commented by kmkurobe at 2008-05-17 19:50
maeda さん有り難うございます。どうかよろしくお願いします。
ここへ来て北海道は寒そうですね。
こちらはやっと明日いい天気になりそうです。
Commented by kenken at 2008-05-17 20:13 x
クロツにツバメ♀、地味な翅表がとても奇麗に表現できていますね。
こんなふうに撮れると、嬉しいですよね。
私もね、自分の靴が写っていることがよくあります。
Commented by kmkurobe at 2008-05-17 20:17
kenken さんこのような種類はどうしてもコントラストが強いと飛んでしまいますね。ちょっとぼけて見える撮影のほうが実際の色彩が再現できるような期がしまする
Commented by papilabo at 2008-05-18 01:27
毎日盛り沢山の内容で大忙しですね。
ヒメシロチョウの吸蜜シーン、まるで絵のように美しいです。
Commented by kmkurobe at 2008-05-18 21:29
papilaboさん有り難うございます。わたしもヒメシロねらって撮影したのですが。この花が咲いている内にもう一度挑戦したい物です。
<< ギフチョウの産卵とリスの求愛 本日は標高1300メートルで撮影 >>