ギフチョウの産卵とリスの求愛

昨日写真家のK氏からメールが入った。なんと教えてもらった場所でバンドの産卵をバッチリ撮影できたとのこと。朝フィールドで立ち話をして別れた所へ、午後もう一度寄ってみたら産卵していたという・・・・・
良かったと思う反面、なんで私には出会いがないのだろう・・・・・
このところ3日続けてあちらこちらで顔を合わせる機会があったが、さすがプロはすごいもんだ。
撮影風景を見学していたが、きっとファインダーと焼き上がりが一致しているのだろう。おまけになんとも引きが強い・・・・・

お昼休みに話を伺った場所へ飛んでいった。なるほどそれなりの場所に10数卵が新しく産卵されている。
しばらく待ったのだが風が強いので、風裏になる少し上に移動した。
さすがに花もなにもなくなり、めっきりとチョウの影が減っている。
産卵状況を見ていたら割合新鮮な雌が現れた。
a0071470_1923320.jpg
残念ながらノーマル。
スミレで吸蜜して、
a0071470_19232693.jpg
a0071470_19241056.jpg
日向ぼっこも披露してくれた。
a0071470_1924235.jpg


帰りがけに最初の発生地にもう一度寄ってみた。うれしいことに産卵行動をしている雌を見つけた。
あちらこちらの葉に止まって、前脚で葉の表面を叩いている。
これもノーマル・・・・・・
ただ今日は余裕があったので、周りのブッシュをどけたり、フラッシュをたいたり、いろいろと試してみることができた。
とにかく最初はどうやってもアングルがとれない場所だった。
枯れ葉や枯れ枝をどけるとき、止まっているミヤマアオイをかなり揺さぶってしまったが、飛び立つ気配はまるで無かった。交尾時のように敏感ではないようだ。
a0071470_19244018.jpg

これは産卵のはじめの頃マクロ端70㎜で撮影。卵がくっきりと写ってくれた。
a0071470_19245273.jpg
この17㎜ではなんとか発生地の環境を写し込もうと努力してみた。
カメラは直接地面に置いたライブビューで撮影。手前にミヤマアオイが写り、明るい杉林の日だまり、遠くに空も写りこんで、前回の産卵ドアップよりも遙かに気が利いた感じがする。
結局時間にして4-5分。
a0071470_19251035.jpg
9卵が残されていた。
a0071470_19253244.jpg
これは産卵後近くで休止しているところをストロボをを使ってみた。逆光ではやはり効果があるようだ。
それにしてもギフチョウの産卵はライブビューに限る。とくに食草の丈が短いミヤマアオイにはぴったりだ。
明日はできれば山に登ってみたいのだが天気はどうだろうか?
オレンジの様子も見に行きたいしこの季節は身体がいくつあっても足りないな・・・・・

付け足しになってしまうが。これからは掲載するネタも多くなるので本日のリスネタも。
a0071470_19255510.jpg
a0071470_1926296.jpg
a0071470_19261016.jpg
a0071470_1926177.jpg
a0071470_19262487.jpg
a0071470_1926324.jpg

いつもは雌雄を問わず顔を合わせると喧嘩ばかりしているリスたちだが、恋の季節になると本当に仲の良いペアになる。今朝、求愛行動が観察できた。とにかく一つのフレームに仲良く収まってくれたのは初めてだ。100㎜マクロでとっさに撮影したが、なんとか写ってくれた。
by kmkurobe | 2008-05-17 19:22 | 生態写真 | Comments(14)
Commented by 蝶山人 at 2008-05-17 20:09 x
チャンスを物にする引きの強さもプロの必要とする素質でしょう。
kmkurobeさんも地元の強みと時間の自由さを生かした
十分魅力的な写真を撮られていると思います。
アマチュアは売れなくても好きな写真を撮れるから自由だな。
犬やリスに注ぐ温かい眼差しもkmkurobeさんの
個性を表現していると思います。
Commented by kmkurobe at 2008-05-17 20:19
蝶山人さんどうもです。そちらの成果はいかがでしたか?
アマチュアはやはり仕事が最優先。でも天気がいい日の仕事は辛いですね・・・・・
Commented by ヘムレン at 2008-05-17 21:29 x
ギフチョウ・・・産卵・・来年もたくさん姿がみれるといいですね(^^)
リス・・可愛いです!。。追いかけっこは素早くて、撮るのが大変そうですが、見事にとらえていますね。。さすがです!。。
Commented by otsuka at 2008-05-17 22:32 x
まだギフチョウが楽しめるんですね。うらやましいです。
写真や記事を拝見していると、ライブビュー一眼レフが欲しくなってきました。コンデジはバリアングルモニターなので、その威力はよく判ります。
Commented by banyan10 at 2008-05-17 22:32
プロの撮ったバンドの産卵、どんな写真でしょうね。
バンドの産卵も多いようなので、来年も期待できそうですね。
ノーマルでもこの産卵も十分に素晴らしいと思います。
Commented by cactuss at 2008-05-17 23:49
K氏はさすがに引きが強いですね。赤城山でも最後にスミレ吸蜜シーンを撮影したとのことでした。バンド雌が結構、産卵しているので、来年が楽しみですね。
Commented by ikedanochohocho at 2008-05-18 05:54 x
毎日凄い写真ばかりみせられてショックを受けています。
クロツバメシジミもうですか?最近休日もいろいろ忙しく自分の時間があまり取れずちょっとイライラ気味ですが、今日はちょっと時間がとれそうで、天気も良さそうだし、時間をかけて山の中歩けそうです、いい写真が撮れればいいのですが・・・・・・
Commented by maeda at 2008-05-18 06:22 x
私は白馬のギフの状況をほとんど知りません。
こうして紹介されている絵を見る限りでは、個体数はそこそこ居るように思えます。すばらしい環境ですね。
Commented by kmkurobe at 2008-05-18 21:20
ヘムレンさんリス繁殖期のせいかいつもなら追いかけ回すのに、なぜか仲良くしていました。
Commented by kmkurobe at 2008-05-18 21:22
otsukaさんソニーのライブビューはAFが見たままで作動するのでコンデジ上がりの私には違和感なく使っています。
ギフチョウは私の家のあたりでも6月にはいってからも産卵している個体を見かけることがあります。
Commented by kmkurobe at 2008-05-18 21:23
banyan10さん有り難うございます。ハッセルでも撮影できたとかで、なかなか手応えが会ったようです。是非一度拝見してみたい物です。
Commented by kmkurobe at 2008-05-18 21:24
cactussさんなんとか今のままの個体数が維持できればと思っています。山の上ではなんかバンドの割合が少ないような気がしました。
Commented by kmkurobe at 2008-05-18 21:25
ikedanochohocho さん期待していますよ。私が行くクロツのポイントはゴールデンウイーク開けには発生しているようです。
いい写真を期待してますよ。
Commented by kmkurobe at 2008-05-18 21:28
maedaさん70年代は多分北陸と同じくらい沢山いたと思います。
現在は発生地は少なくなったのですが、別荘地や林道沿いでなんとか維持できているようです。でも油断していたらあっという間に居なくなるかもしれません。
70年代は駅から歩いて10数分のところでも卵が一杯着いていました。
<< 久々の晴れの日曜-北安曇周遊 安曇野のクロツバメシジミと白馬... >>