たった1頭のミヤマシジミ

昨晩は強烈な雨がふり、川も増水してかなり濁っている。
渓流釣りにはまっていたころは、この季節毎日4時起きだったことを思い出す。

朝方になり雨は小降りになった。
さて通勤途中、昨日気になっていた花木をもう一度撮影にでかけた。
a0071470_18391312.jpg

花はこんな感じで、つぼみは紅色が美しい。
a0071470_1839275.jpg

多分ズミかコナシではないかと思うのだが。

お昼頃になって風は強いが日差しが強くなってきた。
ウスバシロチョウを狙っていたら、まだまだ綺麗なギフチョウがいた。
やはりダラダラと発生しているようだ。卵もだんだんと産み付けられてきた。
a0071470_18471159.jpg

ミヤマシジミねらいでポイントに出掛けると、文字通り「メイフライ」小型のカゲロウがあちらこちらに飛んでいた。やはり初夏だ。サワウツギの花も色づいてきた。
ウスバシロチョウやツマキチョウに混じって、本日も1頭だけ雄のミヤマシジミが飛んでいた。
気温が高いせいか、いろいろなポーズを撮らせてくれた。
a0071470_18494479.jpg
a0071470_18495837.jpg

やはりライブビューは小型の蝶には向いている。ただ17㎜では狭いのでできれば、11-16㎜
があれば環境がさらに写し込めるのだが・・・・・
a0071470_18514727.jpg
a0071470_185225.jpg
a0071470_18522144.jpg

長いこと粘ってやっと開翅してくれた。しかも吸蜜時に・・・・・
a0071470_1853664.jpg
a0071470_18531636.jpg

明日は暑くなりそうだ。一気に季節も進むだろう。
by kmkurobe | 2008-05-20 18:54 | | Comments(8)
Commented by kenken at 2008-05-20 20:25 x
おっと、ギフの絵と一緒にミヤマシジミですか。もう出ているとは驚きです。α-700のライブビュー機能はかなりの威力ですね。また欲しくなってきました・・・オリンパスのE-3もですが・・・(笑)
Commented by furu at 2008-05-20 22:48 x
まだギフチョウがいるんですね。私が神奈川で撮影したのは一ヶ月半前なので遠い昔のようです。
ツメレンゲとミヤマシジミはミスマッチ感が良いですね。
Commented by cactuss at 2008-05-20 23:09
ギフチョウがまだ、元気に飛んでいるんですね。
小生も日曜日に赤城でヒメギフチョウを撮影してきました。
ミヤマシジミの青が目にしみます。ライブビューで撮影した写真はなかなかいい感じに仕上がっていますね。
Commented by maeda at 2008-05-21 07:25 x
こちらでのヒメギフはシーズンが終わり(近場では)と思っているのですが、案外まだ大丈夫かもしれませんね。
ギフがまだいるのを見ると希望が湧いてきます。
週末どうするかです。
Commented by kmkurobe at 2008-05-21 07:29 x
kenkenさんこのミヤマシジミはどう考えても蛹か幼虫での越冬だと思いますが、ミヤマシジミって卵での越冬だけでしたっけ?
AFが使えるライブビューに魚眼があればさらに世界が広がると思います。
HSM付きの70-300㎜を考えていたのですが、11-16㎜も考えなければ・・・・・
Commented by kmkurobe at 2008-05-21 07:33 x
furu さんどうもです。ヒメギフの初見が4月7日そして沢筋では6月にも綺麗な個体が飛んでいます。やはり標高差+積雪の影響が大きいのだと思います。
Commented by kmkurobe at 2008-05-21 07:36 x
cactussさんもう少しモニターが明るいといいのですが。電池の消費量の関係かやや暗く感じます。ギフチョウ雌はゼフ雌と同じように長生きのような気がします。6月に入っても家の近くで観察できることがあります。
Commented by kmkurobe at 2008-05-21 07:39 x
maedaさんその昔「自然のアルバム」で知床のヒメギフが撮影されていいたことが強く印象に残っています。。北海道はまだまだ近場でも観察できるところがあるのではと思いますが。特に積雪が多い沢筋とか。熊怖いですよね。
<< 快晴・新緑-初夏の白馬 ヒメシロチョウの開翅+吸蜜 >>