続編と本日のゼフ-ウラジロ他

さて10日の成果のゼフ以外の各種を。
キマダラモドキは沢山羽化していた。ただ午前中だったせいかまつたく開翅はしてくれなかった。
a0071470_19224684.jpg
a0071470_1923218.jpg

このどアップは気に入っている。
a0071470_19233594.jpg

この個体は近づいてもほとんど反応しなかった。広角でも。
a0071470_19241891.jpg

ここで久しぶりに安曇野産ウラナミアカシジミに出会った。
遠いのでじっと観察していたら産卵を始めた。300㎜でも暗くてこれが精一杯・・・・・
a0071470_19255095.jpg

叩きだしたときにアカシジミよりやはり一回り大きい。この辺りは分布のギリギリのラインにあるので、気候との関係が非常に興味深い。
ここでもオオムラサキが飛び回っていたが、降りてきてくれない・・・・・
池田の太陽さんに電話でお聞きして、池田町に移動。いたいた。
ただオオスズメバチが一杯でとても近づけない。
a0071470_19304911.jpg

しかも暗いので開翅の瞬間をとらえてもどうしてもブレてしまう・・・・
a0071470_19293690.jpg

ここでは裏面が黄色と白色の両タイプが吸汁に集まっていた。
a0071470_19302044.jpg

結局一番気に入ったカットはこれ。オオスズメバチの飛翔付き・・・・・
a0071470_1932199.jpg

他には綺麗なエルタテハ
a0071470_193242100.jpg

ジャノメチョウが沢山いたがラベンダーで吸蜜していた個体が半開翅してくれた。
a0071470_19333971.jpg

えー続いて性懲りもなく本日もカシワ林の探索に。
昨日皆さんに色々と同定のご相談をしたが、大昔の図鑑を引っ張り出したら以下の記述があった。
ハヤシミドリシジミ

エゾミドリシジミに似るが、一般に大きく、雄の尾状突起は長いこと、裏面が乳色をおびること、後翅裏面の外縁に近い2本の白条は外側のものの方が太いことで区別できる。(白水隆著 標準原色図鑑全集1 蝶・蛾-昭和41年初版発行 1200円)

a0071470_19372698.jpg
a0071470_19374215.jpg
a0071470_19375410.jpg
a0071470_1938453.jpg

とあるので本日も複数個体を撮影したみたがすべてハヤシミドリシジミの変異の範囲ではないかと思う。
つまりこのポイントはカシワに依存している、ハヤシミドリシジミ、ウラジロミドリシジミ、そしてウラミスジシジミの3種他にアカシジミが若干混じっているということなのだろう。

本日も直ぐに潜ってしまったが、なんとか撮影。
a0071470_19392233.jpg
a0071470_19393676.jpg
a0071470_19394864.jpg

それにしてもウラジロミドリシジミは今年は当たり年のようだ。近場のポイントでも今日も複数飛んでいた。
a0071470_19383798.jpg
a0071470_19384681.jpg
a0071470_1939636.jpg
なれてくると見た目と、独特の飛び方でわかる。

もう一つなぜか羽化が不全の個体が多いことだ。
a0071470_1941383.jpg
両方のポイントで4-5頭の羽化不全の個体を見た。確率からいっても高すぎるので、なにかこの種の羽化の生態に関係があるのかもしれない。しばらく追跡して調査してみたい。
by kmkurobe | 2008-07-11 19:42 | | Comments(10)
Commented by ヘムレン at 2008-07-11 21:16 x
ウラジロミドリ・・・う~ん、ため息です(^^;)。。いいなあ。。
ほかの種より、ほんの少し、遅いんですね。素晴らしいです。
それにしても、スズメバチを入れての決死のカット!恐れ入ります。。小生だったら、500mmにつけかえて、と~~おくから撮ります(^^;)
Commented by ikedanochohocho at 2008-07-11 23:14 x
ウラジロ池田ではまだ確認していません、もしかしたら居るかもと密かに期待はしていますが・・・・・
 ネットオークションの件、口惜しいです。シャクガ君のような少年の夢をこわし、金儲けのために平気で乱獲する族、絶対許せません、
<落札者には場所を教えます>等、言語道断です。
早急に保護区域にします。
Commented at 2008-07-12 20:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by thecla at 2008-07-12 21:05 x
今年はウラジロがそんなに多いのですか、来週、山の天気がいまひとつだったら回ってみようかと思い始めています。
ただ、釣竿壊してしまったので買わなきゃ。
Commented by kmkurobe at 2008-07-12 21:15
ヘムレンさんどうもです。あそこは自宅近くより標高が250メートル違うので1週間発生が違うのではと思います。ただ今年は連年より1週遅い発生でしたね。このスズメバチ入り300ミリですよ・・・・
それでも頭の後ろからブンブン飛んできて怖かったですね。
目の前で黄色スズメバチを食いつぶしてました・・・・・怖)
Commented by kmkurobe at 2008-07-12 21:19
池田の太陽さんどうもです。行政・地権者を含む保護ができればいいですね。べつに全面禁止ではなくて教育委員会管轄の許可制にでもすれば子供達の最終回は可能ですから。いずれにしても小遣い稼ぎの採集者を排除してもだれも虫屋は文句言わないと思いますよ。
オークションがすべて行けないとは言いませんが、展翅もしてない三角紙標本を出すのは余分に採っている証拠です。
Commented by kmkurobe at 2008-07-12 21:21
ヘムレンさん覚えてますよ。わたしもあれを参考にしてこのあたりをまわりましたが柏は明科方面に多いようですね。その昔「田沢のハヤシ」は有名でした。でもあそこクロミドリいるような気がしますね。
Commented by kmkurobe at 2008-07-12 21:23
thecla さんやはり「棒」の威力以外ありませんよ。やはり積極的な撮影方法だと思います。下草を見ているだけでは機会は1/10以下だと思います、20日天気悪かったらまたご連絡下さい。私はしばらくフジを探してみようかと思っています。
Commented by maeda at 2008-07-13 18:47 x
色々な蝶が沢山、
これは申し分ない休日でしたね。
キマモはオオムラはしっかり撮りたいと思っている蝶です。
本州の方が多いのでしょうね。
Commented by kmkurobe at 2008-07-13 23:38
maedaさん安曇野のオオムラサキは山梨と同じように沢山飛んでます。キマモは本当に狭いところに居るのでどんな状況なのかわかりませんが、いつも同じ場所には見られます。
<< 夏が直ぐそこに 安曇野周遊単独撮影紀行 >>