15番目のゼフも最盛期-白馬のミドリシジミ

天気予報通り薄雲がかかっているとはいえ、まあまあの天気になった。
気温18度、湿度が本当に高い。
さてミドリシジミのポイントへついてビーティング開始。
次々と飛び出してくるが、なかなかいいところに降りてくれない。
a0071470_2034533.jpg
a0071470_20415.jpg

地表に近い草に止まるが、開翅する気配はまるでない・・・・・
a0071470_20535100.jpg
a0071470_206876.jpg

日差しが出てきたら高いところで雄が開翅を始めた。この位置では絵にならない・・・・・
a0071470_209383.jpg

同じ位置でもポジションを変えて300ミリで半開翅・・・・・・・・・
a0071470_20101626.jpg
なぜかファボの色になってしまった。構造色はほんとうに微妙で面白い。
そのうち最初に降りてきた2頭か゜次々と開翅を始めた。
きれいなO型。
a0071470_2011963.jpg

そしてこれはA型。
a0071470_20113679.jpg

飛び回っている個体にB斑の青が見える個体がかなり混じっていたが、残念ながら本日は撮影できなかった。明日も天気は良さそうだ。なんとかBとAB型の開翅を者にしたい・・・・
もちろん雄も前上方からの絵をゲットしたいな・・・・・・
a0071470_20142646.jpg

最後の広角での撮影では朝日がまぶしく当たっていた。ミドリシジミの翅裏面は本当に赤いんだ・・・・・
by kmkurobe | 2008-07-19 20:25 | | Comments(4)
Commented by ヘムレン at 2008-07-20 19:19 x
うわっ。。ほんとに違った色合いになりましたね。。不思議な蝶たちです。
梅雨から、いよいよ「夏」になりました。。(^^)
Commented by 蝶山人 at 2008-07-21 20:19 x
本当に構造色不思議ですね。
こちらは光物に出遭えていません。
20年前の発生木しか判らないので
クロシジミも空振り続きです。
Commented by kmkurobe at 2008-07-22 19:20
ヘムレンさん綺麗ですよね。ミドリシジミも今年個体数ボチボチ当分楽しめそうです。かって貴殿がゲットされたような綺麗なAB型の雌が撮影したい者です。
Commented by kmkurobe at 2008-07-22 19:22
蝶山人さんビーティングを始めてから世界が変わりました。
もともと個体数は多かったのですが、テリを張る以外は運だけの撮影方法でしたから・・・・・・クロシジミももう1個所探してみたいと思っています。
<< ミドリシジミはヤッパリ綺麗-雌... ハンノキの林の贈り物-ルリホシ... >>