山ゴマの季節-付ゼフ16号はオナガシジミ

ついに7月も後わずか・・・・・ハイシーズンもついに終わりになろうとしている。
締めくくりと言ってはなんだが、恒例の1600メートルのゴマシジミを撮影に行った。
a0071470_22274696.jpg

イマイチの天気だったがスケジュールも押しているので山を登った。
a0071470_2229569.jpg

こんな環境に発生している。
ここでは2種類の産卵植物が見られる。
a0071470_2230693.jpg

まだ花穂が小さいかな・・・・
こちらはそろそろかも・・・・
a0071470_2230582.jpg

ところでここのゴマシジミは全国でも有数の小型の個体である。
雌は産卵他撮影しやすいのだが・・・・・雄はなかなか撮影できなかった。
本日は雄のちっちゃくて、真っ黒な個体を撮影できた。
a0071470_22325198.jpg
a0071470_2233349.jpg
a0071470_22332357.jpg

ニガナと比べるとその小ささがわかると思うが・・・・・こりゃ小さい・・・・・
a0071470_22343128.jpg

雌も出ていた。古びた個体もいるのでどうも今年の発生は読めないな・・・・・
a0071470_22352928.jpg

本日一番好きな写真はこれ。
a0071470_2236829.jpg

いい感じで訪花が撮影できた。
ベニヒカゲも観察できたので、今年の夏は短いかも・・・・・・
さて本日念願の白馬産オナガシジミを撮影できた。
a0071470_22373821.jpg

ミドリシジミポイントの近くのお墓のクルミの木で発生していた。
ここは家庭菜園でもあり、ご覧のようにシソの株に潜り込んでしまった・・・・
うーんでもこれで16種だ・・・・・
何とかムモンアカも撮影したいな・・・・・
by kmkurobe | 2008-07-27 22:39 | | Comments(10)
Commented by 蝶狂人 at 2008-07-28 00:06 x
7月のゴマとベニ、早いですね。
何か今シーズンも残り僅かという思いがします。
Commented by maeda at 2008-07-28 05:56 x
高山ゴマは良く開いてくれるようですね。
平地のゴマはなかなかしぶといですが。
環境を入れながら撮りたい蝶です。
Commented by cactuss at 2008-07-28 06:54
山ゴマはもう発生ですか、早いですね。
最近、ゴマシジミはいろいろなところで、いなくなってしまっています。
群馬のゴマシジミも生き残っていてほしいと願っていますが、難しいかもしれません。
Commented by chochoensis at 2008-07-28 15:47
ゴマシジミ・・今年の課題なのですが、果たして撮影できるかな・・・と心配しています、8月上旬に計画しているのですがどうなる事やら・・・それにしてもこの写真のゴマ・・・小さそうですね・・・可愛らしい・・・。
Commented by kmkurobe at 2008-07-28 19:07
蝶狂人さん早いですね。あっという間に終わってしまいました。
あとはベニヒカゲくらいですかね。ツマジロもなんとか撮影したい物です。
Commented by kmkurobe at 2008-07-28 19:08
maeda さん不思議にいちも開いてくれます。霧がかかり湿っぽい条件が多いからかもしれません。環境を入れた写真も撮りましたがなにせまるわかりなので・・・・・
Commented by kmkurobe at 2008-07-28 19:10
cactussさんここはちょっと特殊な環境ですから残ってますが、周囲の平地ゴマは絶滅です。安曇野にはもういないようですね。寂しい限りです。
Commented by kmkurobe at 2008-07-28 19:11
chochoensisさん80年代までは割合簡単に観察することができたのですがね・・・・・・長野県も平地で確実に観察できる場所は本当に狭い範囲になってしまいました。
Commented by banyan10 at 2008-07-30 13:36
そういえば、山ゴマというのもありましたね。都合を合わせて御一緒させてもらえば良かったかもと少し残念です。(^^;
平地のゴマとはかなり印象が違いますね。
Commented by kmkurobe at 2008-08-01 20:14 x
banyan10さんどうもですここのゴマシジミはかなり新しい時代に地元研究者によつて白馬鑓温泉で発見された亜種だと思います。
小さくて真っ黒な個体が特徴でわたしがはじめて会ったのは1972年の白馬鑓温泉でした。
<< 昼休みの奇跡-オナガシジミ開翅 安曇野南下-ヒメヒカゲ >>