昼休みの奇跡-オナガシジミ開翅

昨日からとにかくものすごい雷雨で、家が振動し映画館なみに重低音が腹に響く。
しかもアルプスにこだまするので、こりゃもうどうしようもない。
わが家の周囲でも落雷のためかなりの電気器具などの被害が出た。

そんな天気も昼頃には落ち着いた。しかしこんどは肌寒いほどの陽気である。
ほんの少しだけ時間があったので、昨日シソの茂みに潜り込まれた、オナガシジミのポイントに寄ってみた。

昨日のシソを見るが当然いない・・・・・
さてシバキ棒一撃・・・・・なんとまたまたオナガシジミが飛び出し下枝に止まった!
a0071470_1916582.jpg

うーん念願がかなった・・・・・と・・・・開き始めた・・・・・・
なんと半開翅だ。
a0071470_19175881.jpg

あらら・・・・・全開翅してしまったよ・・・・・
a0071470_19183753.jpg

なるほど尾状突起が長いんだ・・・・角度をかえるとまるでスティルス戦闘機のようだ。
a0071470_19194113.jpg

こうなったら撮りまくりである。
裏面が写る角度で。
a0071470_19202718.jpg

飛び上がり直ぐ上のコナラに止まった。
a0071470_19212622.jpg

この縦位置も裏面がいかにもオナガシジミという感じで満足の一枚となった。
ここでは綺麗なミヤマカラスシジミも観察できた。
a0071470_19232792.jpg


さて昨日の朝ミドリシジミの開翅を撮影に行った。
a0071470_19242859.jpg
a0071470_19244359.jpg
まずは数頭の叩きだしに成功。ねらいは綺麗な雄とAB型の開翅だ。
しばらく待っていたら雄が開翅を始めた。朝日の角度を考えて移動しながら撮影して構造色の変化を試してみた。
a0071470_192691.jpg
a0071470_19262098.jpg
a0071470_19263652.jpg

ファボのような色からだんだん緑が濃くなってきた。
a0071470_19271291.jpg

この角度の光線が一番ミドリシジミらしい色だと思う。右前翅にキズがあるのが残念ではあるがいい感じ。
この角度で広角で撮影してみた。
朝日を一杯浴びた下草に止まるミドリシジミは本当に美しい・・・・これはもう大満足。
a0071470_19294020.jpg

えー付録といっては何ですが、昨日と本日撮影できた吸水を2枚。
これはオオヒカゲの吸水。
a0071470_19305121.jpg
始めてみました。
ゼフは叩きだした直後良く吸汁するシーンを今年は体験したが、本日オナガシジミでも観察できた。
a0071470_1932338.jpg

うーん昨日今日と大満足である。昨日雷のためせっかく沢山飛び出したムモンアカシジミが撮影できなかったのが残念だったか、これは素晴らしい週末・開けだった。
うーん最終盤もがんばりましょう・・・・・
さて最後に昨日ハッチョウトンボの湿原で撮影した交尾中のイトトンボ。
a0071470_1937565.jpg
これおわかりになる方教えてください・・・・
明日は天気が回復するようだ。かなり成果が出たのでフジミドリでも覗いてみようかな・・・・・
明日天気になーれ・・・・・
by kmkurobe | 2008-07-28 19:35 | | Comments(18)
Commented by fanseab at 2008-07-28 20:57 x
雷の後、気温が下がったことでゼフ開翅撮影には好都合になったのでしょうね。オナガ開翅撮影のチャンスは意外と多いと思いますがクロツ同様に完品表翅に巡り会えることが少なく苦労します。ミドリの開翅もこれだけ低い位置で撮れるといいですね。
Commented by ikedanochohcho at 2008-07-28 21:07 x
う~ん、ミドリシジミの開翅写真、見ている私も大満足!!
オナガの長い尾もきれい、よだれの出そうな写真ばかりです。kmkurobeさんの満足気な顔が思い浮かびます・・・・
Commented by ヘムレン at 2008-07-28 21:41 x
オナガシジミ・・・オンパレードですね!いいなあ。。素晴らしいです。
ミドリシジミ・・・こちらでは、もう擦れ擦れになってしまいましたが、今年も素晴らしい輝きを見せてくれたことに、感謝!・・です(^^)
黄色のイトトンボ!見たとおりのキイトトンボ・・・・ですよね。。(mさ~~~~ん)(^^;)。。綺麗なトンボですね~。。見てみたいです。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2008-07-28 21:49
今年のオナガは発生早いですね。開翅撮影成功おめでとうございます。やっぱり表面は地味ですが、素敵です。オオヒカゲの吸水珍しいシーンですね。やっぱり最近暑すぎる!!!
Commented by maeda at 2008-07-29 06:25 x
私も擦れたオナガの開翅を撮ったと事があります。
新鮮個体は開いてくれませんね。
それとミヤマカラスなど、カラスの仲間も開いてくれないですね。
Commented by 虫林 at 2008-07-29 11:31 x
この時期に凄い成果ですね。
オナガの開翅は見事です。オメデトウございます。
実はキイトトンボは大好きなイトトンボです。
ウーム、↓のヤマゴマも羨ましいな。
Commented by thecla at 2008-07-29 22:05 x
オナガシジミ開翅撮影おめでとうございます。
地味なゼフの開翅ですが、マニアックな楽しみでたまりません。
↓山ゴマ今年は事件(爆)で行けなかったので、次回こそは行かないと。
Commented by clossiana at 2008-07-30 09:24
kmkurobeさんのブログはいつも、なかなか出会えない蝶達のオンパレードですので羨ましいです。今回の中では私はオオヒカゲに一番興味があります。関東や東北南部では、この蝶は水辺の比較的暗い環境に棲んでいて光量不足で撮るのが難しい事がよくあるのです。それが北海道や東北北部では明るいオープンランドに進出していて、そこでは、しばしば開翅や吸蜜行動が見られるのです。今回の吸水や先日の開翅シーンはライフスタイルがオープンランドタイプのように思えます。撮影場所は草地でしたか?それとも樹林帯の中?林縁?それを教えて頂けますか?とても興味があるのです。
Commented by chochoensis at 2008-07-30 21:02
ウーン・・・羨ましい・・・=オナガ=未だに満足な写真が撮影できていない・・・超羨ましいです、翅を拡げたポーズまで・・・素晴らしいです。
Commented by kmkurobe at 2008-07-31 21:01
fanseabさんどうもです。白馬ではオニグルミの木は多いのですがなかなか観察できませんでした。ミドリシジミは個体数が多いので場所を考えれば撮影チャンスは恵まれていると思います。
Commented by kmkurobe at 2008-07-31 21:02
ikedanochohcho さんやはり地元のお馴染みのポイントに今年もまた発生してくれたかと思うと幸せを感じますね。
とくにオナガシジミは長年探していたの本当に満足でしたね。
Commented by kmkurobe at 2008-07-31 21:04
ヘムレン さんこちらではミドリとオナガでもうおしまいです。
しばらくはムモンアカをふくめてなごりを惜しみたいと思ってます。キイイトトンボかわいいですよね。
Commented by kmkurobe at 2008-07-31 21:05
ノゾピーさんこちらも温暖化が進んだようで、今年もツマグロヒョウモンが早くも発生してきました。オオヒカゲは昨年のポイントですが今年も順調に発生しているようです。
Commented by kmkurobe at 2008-07-31 21:10
maeda さんウラクロもそうですが、古びた個体は開翅する機会が多いような木がしますね。ミヤマカラもカラスも私は開翅体験したことは無いです・・・・・
Commented by kmkurobe at 2008-07-31 21:13
虫林さんどうも有り難うございますむ。今年はリサーチ通りに撮影ができたので、特にゼフについては満足した結果を得ることができました。
来年は私も高山蝶にトライしてみたいですね。今年は残すところベニヒカゲしかチャンスが無くなってしまいました。
Commented by kmkurobe at 2008-07-31 21:15
thecla さんどうもです。後遺症も無かったようで良かったですね。ミドリシジミ、オナガシジミのマイポイントができたのは今年の大きな成果ですね。機会がありましたらまたお出かけ下さい。秋の白馬もいい物ですよ。
Commented by kmkurobe at 2008-07-31 21:17
clossianaさんこのオオヒカゲのポイントは典型的な高層湿原の周りの林が発生地です。駐車スペースになる空き地で待っていると時々出てくるのでいい写真を撮影する機会があります。
普段はやはり真っ暗な林に止まっているので撮影は困難ですね。
Commented by kmkurobe at 2008-07-31 21:18
chochoensisさんどうもです。ミドリシジミとオナガシジミは仕事場から数分のところが発生地なのでこれからもいろいろと観察していきたいなと思ってます。今年はついていたとは思いますね・・・・・
<< オナガシジミに満足-ムモンアカ... 山ゴマの季節-付ゼフ16号はオ... >>