オナガシジミに満足-ムモンアカシジミの産卵。

昨年もそうだったがこの時期家族・や親戚が滞在するので<8月はなかなか更新ができないと思う。今年も同様の可能性が高いのでブログ仲間の諸氏にはよろしくお願いいたします・・・・
さて本日はお休み。朝方ミドリシジミとオナガシジミの撮影に出掛けてみた。
まずはミドリシジミ
a0071470_21223277.jpg

この池の奥がミドリシジミポイントである。
随分夏めいてガマの穂が大きくなってきた。
まずは叩きだしてみた。数頭の個体が降りてきた。
a0071470_21241220.jpg
a0071470_21242666.jpg

しばらくして戻ってくると、雄とA型の雌が開翅していた。
a0071470_21252868.jpg
a0071470_21254632.jpg
a0071470_21263655.jpg

さて直ぐ近くのオナガシジミのポイントに出掛けてみた。
a0071470_21292769.jpg

ミドリシジミのポイントからオナガシジミのポイントを望んでいる。正面が白馬三山。左手の五竜岳の下にオナガシジミのポイントが見えている。
a0071470_21311916.jpg

このポイントからは五龍岳が本当によく見える。このクルミでは確実に観察できるが個体数は極めて少ない。こんな感じでオニグルミに止まっている。
a0071470_21323142.jpg

本日はマクロも広角もいい感じで撮影できた。気に入ったところを続けて・・・・・
a0071470_21342996.jpg
a0071470_21344395.jpg

このカットは隠れたシルエットがオニグルミの覇に写っていた。
a0071470_21353072.jpg

本日一番きにいったのはこのマクロかな・・・・・
a0071470_21361213.jpg

うーん早朝からいい気持ちで撮影できた。うれしいな・・・・・
帰り道久しぶりの定点で撮影。心なしか秋の色が写っていた。
a0071470_21373666.jpg

午後少しだけ時間があったので外出時寄り道してムモンアカシジミのポイントに寄ってみた。やはりなかなか降りてきてくれなかった。ほんの数回だけチャンスが会った。今季ゼフ17号はムモンアカシジミ。
a0071470_21391367.jpg

2-3枚撮影しただけで舞い上がってしまった。
しばらく歩いていたら、発生木と思われるクヌギにムモンアカが止まっていた。
a0071470_21403645.jpg

しばらく見ていると腹端を曲げて産卵しているようだ。
a0071470_2141202.jpg
a0071470_21471825.jpg

写真としてはいまいちだが産卵を初めて観察できたので大満足の一日となった。
うーんこれは朝からでかけていろいろな生態を観察したい物である。
短い時間の滞在だったが、あちらこちらでオオムラサキが見送ってくれた。
a0071470_21433194.jpg
てなわけでしばらく更新できないかもしれないので、ブログ仲間の諸氏にはよろしくお願いいたしますね。
by kmkurobe | 2008-07-31 21:45 | | Comments(12)
Commented by kenken at 2008-07-31 21:58 x
なんと、、もうムモンが産卵ですうかっ!少し早いような気がしますが、撮影地では、そんな時期なんでしょうか。
どうもムモンは8月の声を聞いてからというイメージが強いようであきません。
貴重な産卵シーン、めちゃくちゃえぇなぁ~駆けつけたいくらいです。
Commented by banyan10 at 2008-07-31 23:23
kenkenさんが書いているように産卵は早いですね。
貴重なシーンで素晴らしいですね。
交尾は撮影しやすい蝶で数回観察していますが、産卵は見たことありません。
Commented by maeda at 2008-08-01 07:40 x
こんな太い場所にも産卵するのですね。
基本的には蟻が居れば関係ないのでしょうかね?
Commented by chochoensis at 2008-08-01 13:37
オナガシジミも素敵ですが、ムモンアカの産卵・・・凄いですね・・・見たことがないので圧倒さrました。
Commented by kmkurobe at 2008-08-01 20:17 x
kenkenさんどうもです。ムモンアカは昨年もここのポイントでは産卵が観察されているようですね。安曇野地域は木曽当たりよりも発生も早いようです。私も木曽ではお盆過ぎに多産していた記憶があります。
Commented by kmkurobe at 2008-08-01 20:19 x
banyan10さんここは本当に小さな発生地の用ですか゛、樹上では随分多数の個体が飛び回ってました。次回は交尾の撮影に出掛けてみようと思ってます。
Commented by kmkurobe at 2008-08-01 20:21 x
maeda さんわかりにくいですが、ここでは直径3センチくらいのヒコバエに産卵していました。蟻はやはり観察できました。近くの産地ではご神木がヒノキという場所もあるそうです。
Commented by kmkurobe at 2008-08-01 20:23 x
chochoensisさん今年は運良く安曇野産20種の内17種を確認できました。あとはフジ、ウラキン、クロミドリだけとなりました。
ムモンアカはクロミドリと発生地が重なるので、来年が楽しみでもあります。
Commented by 蝶山人 at 2008-08-01 20:41 x
帰省でコメント遅れました。
オナガだけでも凄いのに
ムモンの産卵驚きました。
私のフィールド会津では発生木はコナラで
発生時期は旧盆頃です。
産卵は見たことが有りません。
Commented by kmkurobe at 2008-08-01 20:53 x
蝶山人さんお久しぶりですね。私が70年代にでかけた木曽地方ではお盆過ぎに最盛期で8月末でも多数の個体が飛んでました。
オナガシジミ随分沢山のクルミを探しましたが、ここ以外では1個所しか確認できませんでした。
Commented by thecla at 2008-08-01 22:46 x
ムモンアカの産卵撮影おめでとうございます。
これは凄いですね、うっとりします。
Commented by kmkurobe at 2008-08-01 23:31 x
theclaさんキマモの産地の近くはクロミとムモンアカの記録が多いのであのあたりは絶対においしいことがあるような気がします。
半ばにムモンアカの調査に行ってきますね。
<< 暑中お見舞い申し上げます。 昼休みの奇跡-オナガシジミ開翅 >>