2008年回顧はブルー御三家。そして久々のカメラネタ

久し振りの快晴。定点からの五龍岳がまぶしい。
a0071470_20154327.jpg

昼休みに撮影した白馬三山。ご覧のように例年より積雪の量が少なく田んぼの畝が見えてしまっている。
a0071470_201691.jpg
うーん今年もシーズンインは早いのだろうか・・・・・・
さて2008年回顧編はブルー御三家。
よく見るとそれぞれ翅表は同じブルーでも感じが違う。何とか違いを表現できればと思うのだが・・・・・私のつたないテクニックでは到底及ばない・・・・研鑽あるのみかな・・・・・
ミヤマシジミは初夏から秋口の最終盤まで安曇野では広く見ることができる。
a0071470_20165245.jpg
雄はこんな感じで写すと一番らしい色になった。
半開翅ではどうしても裏面との階調が飛びすぎてしまってうまく表現できない。これは3種の中で一番光沢が強いせいかな・・・・
a0071470_20173561.jpg
a0071470_20175450.jpg
a0071470_20185853.jpg
雌はたくさん観察したのだがいわゆる低温型なるものは撮影できなかった。
a0071470_20182864.jpg
ただこの飛翔写真の雌は恐ろしくピカピカと輝いていたが、止まってはくれなかった。
ヒメシジミは白馬では6月第1週から発生。標高の高い所では7月下旬でも新鮮な雄が飛んでいる。
a0071470_20193192.jpg

通常はこんな感じに見えるが、1頭だけまるで高地型アサマシジミのような色をした個体がいた。
a0071470_20195599.jpg
たくさん観察したのだが、同じような発色の個体は無し・・・・・「粉っぽい」鱗粉の雰囲気がアサマぽい感じがする。
交尾は3種のなかで一番観察する機会が多い。
a0071470_20202094.jpg
今回はやっとアルプス背景に撮影することができた。
a0071470_20204678.jpg
この逆光で光る縁毛もなかなかいいでしょ・・・・・
今年なんと言ってもうれしかったのは皆さんが評価して下さった集団の開翅。
a0071470_20211994.jpg
同じ場所で撮影した雌もうまく撮影できたと思っている。
a0071470_20214741.jpg
さて最後にアサマシジミ。白馬では6月中旬から発生する。10年来観察していたポイントが山羊の放牧で壊滅状態になってしまったが、近くで新しい発生地を見つけることができた。
a0071470_20222576.jpg
a0071470_20223743.jpg
しかしこの種は本当に風前のともしび。かなり環境の変化に弱い感じだ。
a0071470_20231433.jpg

一番青い部分が少ない翅表は本当に表現が難しい。やはり曇りの日で緑の中が一番きれいに写すことができるようだ。

え-、雌は正直同定に自信がありません。発生地と時期で判断してます。もしも違っていたらご指摘下さいね。

久々のカメラネタです。
当方は2006年12月よりデジイチ導入。
望遠系は1987年製ミノルタ75-300F4.5-5.6から、初めて使ったデジタル専用レンズが、タムロンの70-300㎜F4.5-5.6マクロ。
これがなかなか良かった。2007年はほとんどこれ1本で撮影していた。絞り込んでいる限り解像度もそこそこだった。
鳥やリスのために古いシグマ120-400㎜F5.6-6.3等も引っ張り出してはみたが、これは解像度がイマイチ。
またシグマの300㎜F4は描写はきれいだが、重くてとてもフィールドでは使えない。
昨夏タムロンのレンズが使いすぎのせいか、AFが壊れてしまったので、SONY純正のSSM仕様の70-300㎜F4.5-5.6SSMG導入を検討していた。
人気のレンズでほとんどオークションに出てこなかったが、ここへ来て何点か出回るようになってきた。
フィールドではかなり荒っぽい使い方をするので、別に中古でかまわない・・・・・
つい先日、考えていたより随分安く、新品同様が、価格com最安値よりも2割引き近くでゲットすることができた。
a0071470_2025540.jpg

手持ちのα-700に取り付けてみたがかなり軽い!これなら十分使えそうだ。
問題は最短の撮影距離が1.2メートルとやや遠い事だけだが、とにかく体感ではAFがとてつもなく早く感じられる。
早速鳥の撮影をしてみた。
a0071470_20254463.jpg
このゴジュウカラはノートリミング。きれいに羽毛が描写できている。
そしてこのシジュウカラはかなりトリミングしている。
a0071470_2027325.jpg
これならかなりいけそうだ。雪の中のヤマガラ。こういう絵はなかなか飛んでしまうのだがこれならば。
a0071470_2030413.jpg

リス達もいろいろと試し撮りしてみたが、解像度はISO400でもかなりいい感じだ。
a0071470_20281488.jpg
a0071470_20361959.jpg
a0071470_20285388.jpg

70㎜ではこんな感じ。背景が綺麗にボケてくれた。
a0071470_20293974.jpg

同じ位置での300㎜端。
a0071470_20294996.jpg

α-700はAF・MF切り替えボタンが付いているので、これならゼフの飛翔もなんとか撮影できるかもしれない。
うーんギフチョウの季節が本当に楽しみだ。
by kmkurobe | 2009-01-29 20:32 | 生態写真 | Comments(6)
Commented by maeda at 2009-01-30 06:03 x
アサマ色のヒメシジミ、綺麗ですね。
実は今、記憶が無くならない内にと、Mapを作っています。
白馬から小谷にかけて7ヶ所ほどアサマを見ているようです。
今そのポイントがどうなっているのか分かりませんが、今度は絵を撮りに行きたいものです。
Commented by 蝶山人@実験の合間 at 2009-01-31 10:55 x
土曜出勤で実験ですが電車が止まってしまい家に帰れません。
低地アサマはナンテンハギ食いですね?
アサマもヤリガタケも撮りたいですが今の絶滅寸前の状況では
写真を撮るのも容易では無いと認識しています。

機材この時期になると気になりますね。
私もkmkurobeさんに影響されてα350衝動買いしましたが
実は使いこなせてません。
来るべき白馬参りに向け思案中です。
Commented by ヘムレン at 2009-01-31 17:45 x
けっこうコンパクトですね(^^)。。最近、TAMRON1本になりつつありますが、やはり手持ちで振り回しているからでしょうか、カメラとの接点が甘くなってきました(^^;)。。この時期なのでα300を検討中なのですが、いかかでしょうかね。けっこう安く出ているところがあるので・・・。(^^)
Commented by kmkurobe at 2009-01-31 20:20
maeda さん小谷村は雨飾山を含めて健在です。もっともここ何年もでかけてはいません。行きたいところは多いのですが、体力が持たないような気がして、二の足を踏んでいます。機会があればぜひご一緒したいものですね。
Commented by kmkurobe at 2009-01-31 20:23
蝶山人さん太平洋側は随分豪雨のようですね。シロウマシジミは何とかなるとは思いますが、体力が・・・・・なんとか近場で撮影できればと思ってますが。α-350はなかなか私も使いこなせませんね。
私はもっぱら広角ズーム専用に使ってます。
Gレンズ軽くてコンパクトなので来年のクモツキのシーズンまでにはなんとか物にしたいと思ってます。
Commented by kmkurobe at 2009-01-31 20:25
ヘムレン さんやはり軽くて小さいのが一番です。明るくても重いのは・・・・蝶の撮影には大変ですね。α-300は350の発展型でこちらのほうがオススメのような気がします。
<< こんなのがでてきました・・・・... 2008年回顧クモツキ・オオル... >>