久々の安曇野周遊へ

昨日ほどではないが、晴天!
a0071470_21143020.jpg
久々の1日まるまるのオフ!!!
本日の出動8時から17時。
走行距離200㎞あまり。標高差約900メートル。
本当にいい年をして何をやっているのだろう・・・・・・
昨日まで通った高標高のギフチョウ発生地のさらに奥へ・・・・・藪こぎ疲れた・・・・・ブヨがすごいよ・・・・・
手袋をしていなかったので、そこいら中に棘が・・・・・・・・
熱中症にかかりそうになりながら下山・・・・・
南下、周遊・・・・・撮影枚数約20ギガバイト・・・・うーん疲れた・・・・・
そんなわけでさわりをいろいろ。説明ほとんど無し・・・・・疲れた・・・・・
a0071470_21193725.jpg
a0071470_21195463.jpg

以上ブナ林の林床で日光浴。
まだまだ春真っ盛りの発生地では。こんなに綺麗な個体も。
a0071470_21213693.jpg

特筆ものの雌。とまっているのは水芭蕉!
a0071470_21222028.jpg

残っていたカタクリで吸蜜。
a0071470_2123538.jpg

産卵もしてました。地面すれすれで見えないよ・・・・・
a0071470_21254337.jpg

体力の限界で11時に下山。南下。
a0071470_21263769.jpg

ヤッパリこれは見たいです。
産卵もしていた。
a0071470_21274989.jpg

ミヤマシジミも一気に発生。
a0071470_21292233.jpg
a0071470_21293815.jpg

よせばいいのにクロツバメシジミのポイントにも寄った。16時を過ぎていた。
以外に飛び回っている・・・・・なかなか止まらないよ・・・・・
a0071470_21304544.jpg
a0071470_21311735.jpg

さいごのおまけにこれ。まだ若いかな・・・・・
a0071470_21315018.jpg

うーん。しばらくネタには困らないが・・・・・これは撮影依存症になったかも・・・・・・
明日からは雨の予報。とりあえず軽く祝杯をあげよう。それにしても疲れた・・・・・
by kmkurobe | 2009-05-21 21:33 | 安曇野 | Comments(28)
Commented by kenken at 2009-05-21 22:31 x
う~ん、この季節になると、安曇野に住みたくなりますね・・・
オオルリも早いねぇ。
オオルリ→ミヤマ→クロツ、強烈なシジミ御三家です。凄いぞ、凄いぞ!
Commented by thecla at 2009-05-21 22:44 x
ミズバショウにギフ、祝杯ものですね、おめでとうございます。
オオルリ、1週間くらい早いのでしょうか。
1年だけでいいから安曇野に住んで撮影三昧してみたい・・・・、でも飯が食えなくなっても困るなあ(笑)
今週末は、運動会っす(ToT)
Commented by ダンダラ at 2009-05-21 22:50 x
まだこんなにきれいなギフもいるんですね。
オオルリもいよいよ発生していますね。
背景もほどよくぼけて素晴らしいです。
Commented by 蝶狂人 at 2009-05-21 23:43 x
温暖化が凄い勢いで進んでいますね。こちらの青い蝶は昨年から5月の蝶になりました。例年だと6月第一だったのに今週末が観察会、天気が心配ですが申し込んであるので行ってみます。テルテル坊主下げて週末の天気回復を祈っています。この分だと今月中にヒメやアサマも飛び出す子がいるかも・・・・
Commented by cactuss at 2009-05-21 23:52
カタクリも咲いていて、ギフも新鮮ですね。ここの標高はどれくらいなのでしょうか。
オオルリ、ミヤマ、クロツとこれだけの被写体があると、メモリーもたくさん使いますね。
Commented by 蝶山人 at 2009-05-22 05:09 x
背景白馬とカタクリ
やりましたね。
気力体力ともに超人級です。
今月中にアサマも会えるでしょうか?
Commented by maeda at 2009-05-22 06:23 x
平日のお休みが楽しいです。
私も年に何日か無理をお願いして休みますが、一寸した罪悪感と自分の楽しみが相乗効果を生んで、相当に入れ込んでしまいます。
それにしてもずいぶんとギフは楽しめるのですね。新潟の時は5月連休過ぎにギフを追いかけるのを止めていたので、山までは行ってませんでした。
Commented by ヘムレン at 2009-05-22 19:52 x
オオルリ!出ましたね。。小生も、今年は観察会に行ってみようと・・・。
雨・・降らなければいいのですが(^^;)。。
こちらでは、ゼフィルスも出始めたので、いよいよ忙しくなるかな(^^;)
カモシカ!・・よく遭遇しますね(^^)
Commented by chochoensis at 2009-05-23 16:11
ミズバショウのギフ雌・・・凄く綺麗!オオルリシジミ・・・もうでているんですね・・・もう一度会いたくなりました・・・。
Commented by 愛野緑 at 2009-05-23 17:44 x
まだまだギフチョウにあえるのですね。ブヨは嫌ですが・・・。
おお、ルリも良いですね。まだ一度も見たこと無いので今年は会いに行ってみたいです。
Commented by furu at 2009-05-23 19:28 x
まだまだギフ祭り続いてますね。ギフとオオルリが同じ日に撮れるなんて何か変な感じです。
20ギガというのも凄いですね。私の2年分です。
Commented by clossiana at 2009-05-23 20:11
山ギフというのを耳にしたことはありましたが見るのは初めてです。この時期にこんなに奇麗なギフがいるんですね。cactussさんと同じで標高に興味深々です。
Commented by 蝶狂人 at 2009-05-23 22:16 x
例の所にアサマがいましたよ、明日も大丈夫かも・・・・
Commented by kmkurobe at 2009-05-23 22:22
kenkenさん今年栗田さんのお手伝いでいろいろ探してみたら、まだまだ面白いところありそうです。らいねんが楽しみです。
身体いくつ合っても足りまへんは・・・・・
Commented by kmkurobe at 2009-05-23 22:23
thecla雪のある頃はいなかったと思ったら、時間で飛ぶようです。来年楽しみですね。水芭蕉とこぶしとブナの新緑とカタクリがセットなんですから。
Commented by kmkurobe at 2009-05-23 22:24
ダンダラ さんここ数日で発生が始まったようです。先週は寒かったせいかオオルリの姿もありませんでした。
Commented by kmkurobe at 2009-05-23 22:25
蝶狂人さん東御市では19日に発生していたようですね。アサマは例年なら6月半ばなんですが。
Commented by kmkurobe at 2009-05-23 22:27
maeda さん自営業者なので平日休みはできますが、サイクルが悪いと日・木ずっと悪天候が続いてしまいます。
新潟も場所によっては6月まではいるようですね。
こちらは昨年標高1650くらいで7月に飛んでいたそうなので、探してみようと思ってます。
Commented by kmkurobe at 2009-05-23 22:28
ヘムレンさんカモシカは随分あちらこちらに出てくるようになり、宿泊施設の庭先まであらわれて、チューリップの芽を食べてしまうそうです。
Commented by kmkurobe at 2009-05-23 22:29
chochoensisさんオオルリシジミはむかしニセアカシアの花とともに発生すると思っていましたが、最近はイブキジャコウソウと同じ頃に飛ぶようになってきました。
Commented by kmkurobe at 2009-05-23 22:31
愛野緑さん長野県の発生地どちらも広報に載せるようになりました。
周りの地区にも戻ってくるといいのですかね。昔は松本市内でもあちらこちらで見られたようですが。1970年代中頃の話です。
Commented by kmkurobe at 2009-05-23 22:33
furu さん標高差が900メートルありますから、平均気温も随分違いますよ。こちらは1枚のファイルがRAWの最大で撮影していますので4ギガでも180枚くらいしか撮影できません。
Commented by kmkurobe at 2009-05-23 22:34
clossianaさんここでは700メートルから1800メートルを越えるところまで記録があります。食草は2000メートルくらいまではあるようですね。
Commented by kmkurobe at 2009-05-23 22:36
cactussさんここは800メートルで5月始め1000メートルを越えると第2週からの発生になるようです。標高よりも残雪の方が影響があるようで、標高が低くても沢筋は発生が遅れて、クモマツマキと一緒に飛んでいる場所もあります。
Commented by kmkurobe at 2009-05-23 22:37
蝶狂人さん頑張りますね。アサマはまだ幼虫だと思いますが・・・・・
明日天気になると良いですね。
Commented by kmkurobe at 2009-05-23 22:40
蝶山人さん死にそうに疲れましたが、大変素晴らしい経験ができて満足しています。アサマは6月の中旬に山麓で高山の沢沿いは7月中旬になりそうです。以前は6月の終わりにタイツリオウギに終齢がついていました。
Commented by fanseab at 2009-05-24 08:16 x
いや~、これだけの題材ならメモリーがいくつあっても足りないような……。お疲れ様でした。新緑のブナを背景のギフは泣けてくる絵です。オオルリも新鮮で素晴らしい!
Commented by kmkurobe at 2009-05-24 22:20
fanseab さんどうもです。やはり寄る年波か暑い中での移動は応えますね。ただ南北に100㎞ちかい安曇野は本当に変化があるので、周遊するとその違いがはっきりと体感できます。
<< 悪天候の中またも周遊してしまっ... ウスバシロチョウの飛翔にトライ... >>